2012.6.2

高松次郎 Jiro Takamatsu
グループ展「日本現代美術の巨匠たち-1960年代~70年代を中心に」

「ART OSAKA 2012」の特別展にて、高松次郎の作品が展示されます。

[ 会期 ]
2012年6月27日(水)- 7月11日(水)

[ 会場 ]
中之島デザインミュージアム de sign de >

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

冨井大裕 Motohiro Tomii
ワークショップ「3つのかんけい もの・おと・からだ」

練馬区立美術館で行われるワークショップで、冨井大裕が講師をつとめます。

[ 日時 ]
2012年6月23日(土)、7月21日(土)、8月4日(土)いずれも10:30から
※4~6歳(未就学児)を対象とした内容です。

[ 会場 ]
練馬区立美術館

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

鷹野隆大 Ryudai Takano
対談「鷹野隆大×秦 雅則 展示とトーク vol.3[写真の] 」

3月に続き、blanClassで開催されているトークイベントで秦氏と対談します。

[ 日時 ]
2012年6月16日(土)
展示開始:18:00- トーク開始:19:30-  

[ 会場 ]
blanClass

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

植松琢麿 Takuma Uematsu 冨井大裕 Motohiro Tomii
グループ展「AGAIN-ST」

東京造形大学で開催されるグループ展「AGAIN-ST」に、植松琢麿と冨井大裕が参加します。
※植松琢麿は招待作家として参加いたします。

[ 会期 ]
2012年6月11日(月)-23日(土) ※6月17日(日)は休館
開館時間:10:00-20:00
●シンポジウム:2012年6月11日(月)18:30- 東京造形大学 CS-LAB にて

[ 会場 ]
東京造形大学内 CSギャラリー

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

冨井大裕 Motohiro Tomii
グループ展“アウトレンジ2012”

美術大学や専門学校の学生および教員の作品を紹介する「アウトレンジ2012」で、冨井大裕の作品が展示されます。

[ 会期 ]
2012年6月6日(水)-19日(火)
営業時間:10:00-18:30 (土曜日は17:00まで)
●オープニングパーティ、授賞式:6月6日(水)17:00-19:00

[ 会場 ]
文房堂ギャラリー

>>詳細はこちら

TOP ↑

2012.5.1

植松琢麿 Takuma Uematsu
“Hyper-Cycle”

Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjukuは、
5月11日(金)より、植松琢麿の個展「Hyper-Cycle」を開催いたします。


(参考画像)“Hyper-Cycle”

2011, mixed media, dimension variable ©Takuma Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


植松琢麿は、ドイツ、ソウル、イタリアなど世界各国で個展・グループ展に参加し、幻想的なインスタレーションや写真作品を発表してきました。一見すると異なる時間、空間に存在するように見えることも、実は類似した形態を共有し、互いに関係性を持った複合体であるという作家の世界観を表現しています。
本展覧会では、近年新たな展開を見せる作家のインスタレーションを紹介いたします。植松琢麿の2年ぶりとなる個展を、ぜひご高覧ください。

Uematsu has presented fantastic installations and photo works in his solo exhibitions as well as the group exhibitions he has participated in around the world, Germany, Korea and Italy. He expresses his view of the world, i.e. what seems to exist in a different time and space at first glance, actually shares similar forms and is compounded with mutual relations.
Uematsu’s work has recently followed a new direction and in this, his first exhibition for two years, we will introduce his installations reflecting this new direction.

■会期 / Dates
2012.5.11(Fri)- 2012.6.2(Sat)
OPEN:12:00-19:00 CLOSE:Sun、Mon、National Holidays
*Opening Reception:2012.5.11(Fri)18:00-20:00

■会場 / Venue
Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731 URL: www.ycassociates.co.jp

■Artist Statement
常に価値を更新し、新たな可能性へと開かれた世界で、これまで無縁に見えていたいくつかの現像が、ふいに最も近しい関係を結ぶ瞬間がある。世界は自然と同様に時空を越えて繋がり、代謝を繰り返す総体なのだ。そして、私は世界に含まれ、この私の中に全世界は含まれる。現代の情報化社会において、世界に広がる流動するネットワークは、まるで生命体のように形成され、物質感を消失した人間の意識は、極大から微少を貫く思考の方向を獲得した。
それらが生み出す流れは、どのような関係を新たに築き、流れているのか。
思考とさまざまな形での図像化を繰り返すことによって、それらを知る手掛かりを見つけたい。
植松琢麿 2012

In this world, where values are changing all the time and new possibilities are continuously opening up, there are moments when some phenomena, which previously seemed to have no connection, suddenly reveal a close relationship for me. The world is the sum of all that has gone before. It is the same as nature that has been continually replicating itself since time began. Then, as I am included in this world the entire world is included in me.
The networks created by the modern information society, which are now spreading and flowing all over the world are also like living matter. By losing their feeling for close material connections via those networks, human beings have developed a way of thinking which moves freely between the macro and the micro perspective. So how is this new way of thinking, which is released from close material associations, affecting human relationships? I would like to find a clue to solve this question by visualizing it repeatedly in many forms.
Takuma Uematsu 2012

TOP ↑

2012.4.2

東恩納裕一 Yuichi Higashionna
“Apparition”

Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku は、4 月4 日(水)より、新作を中心とした東恩納裕一の個展「Apparition」を開催いたします。
東恩納裕一の新たな展開を、ぜひご高覧ください。


(参考画像)「After the Picnic」VOLCANOISE 展示風景


■Artist Statement
21 世紀初頭から制作を開始した、私のシリーズ作品:蛍光灯シャンデリアは、当初、蛍光灯の白く過剰に明るい光を偏愛する日本(人)への批評的(自己)言及を企図したものでした。が、10 年を経た今、あらためてこのシリーズ作品を振り返ってみると、そこには、また別の側面があることに気付きます。
それは、不要なまでの明るさを希求する私たちの「死の欲動」(フロイト)とも呼べるものです。これは、私が関心を抱き続ける、もう一つのモチーフ“装身具(ネックレス、ブレスレットなど)”ともリンクします。
そう、“装身具”こそは、機能的には全く不要な、ただただ身体を拘束するモノ、矛盾に満ちた愛を喚起する、まさに「死の欲動」と呼ぶしかない存在です。
今回の展示は、私のこれまでのモチーフを転用しながら、それらを、これまでとは異なる貌のもとに“Apparition”(出現)させることを企図します。
このタイトルにインスピレーションを与えてくれた、19 世紀末の画家ギュスターヴ・モローが描く「l’ apparition」、虚空に浮かぶ光り輝くヨハネの
首がサロメに送る視線のように、“Apparition”とは、彼方(あの世)から、私たちに送り返される、私たち自身の視線の謂に外なりません。
東恩納裕一 Mar.2 2012

■会期
2012 年4 月4 日(水)- 4 月28 日(土)
営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝日
*オープニングレセプション:4 月6 日(金)18:00-20:00

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731  
URL: www.ycassociates.co.jp  
営業時間:12:00-19:00  定休日:日、月、祝日


■Artist Statement
One of my work series, Chandelier with fluorescent lamps, which I started producing in the early 21st century, in the beginning attempted to be a criticism of Japan (or the Japanese people) singularly favored white and the excessively bright lights of fluorescent lamps. However, looking back on my works now, after 10 years have passed, I notice a different aspect in them. That is something I can call our “death drive” (Freud) which aspires to unnecessary brightness. It is linked with another motif; “accessory” such as necklaces, bracelet etc. which has also been holding my interest. “Accessory” is unnecessary in its function yet puts the human body under control and arouses an irrational love from them. Such attraction is an expression of our “death drive”.
The coming exhibition is planned to present an “Apparition” of my past motifs, whilst in a diverting and different form.

■ Information
・Higashionna’s sculpture works are exhibited at the Margulies Collection at the Warehouse, Miami, USA
・A portfolio of the fluorescent lamps is scheduled to be published this spring by GAS AS INTERFACE.

TOP ↑