2012.6.14

ギャラリースタッフ募集

アーティストマネージメントおよびギャラリー運営を業務とするユミコチバアソシエイツでは、現在、ギャラリースタッフを募集しています。
現代美術を扱うギャラリーで、ぜひ働いてみませんか?

1.雇用形態
常勤スタッフ
※3ヶ月研修期間の後、正社員として採用。

2.業務内容
・アーティストマネジメント業務補助
・ギャラリー運営業務補助
・営業補助

3.勤務開始日
平成24年7月~

4.勤務体制
週5日(火~土 11:00~19:00、休憩時間1時間)
※但し、所定時間外勤務が生じることがあります。

5.給与・待遇
給与:応相談
待遇:交通費全額支給、労災・雇用保険有

6.応募資格
・ビジネス英語を使用してのコミュニケーション及び文章作成が可能な方
・基本的なビジネスマナーが備わっている方
・PC基本スキル(Excel, Word等)のある方
 ※IllustratorやPhotoshopの使用経験、HTML/CSSの知識があれば尚可
・現代美術に関心のある方、長期勤務できる方
・35歳くらいまで
・勤務経験(3年以上)のある方、優遇


7.応募方法
履歴書(写真貼付)、職務経歴書をメールにて下記までお送りください。
※応募締め切り:6/30

<メールアドレス>
info@ycassociates.co.jp

※郵送をご希望の場合は、下記お問合せ先住所までご送付ください。

8.選考方法
書類選考の後、面接を実施します。
その後1週間程度の体験実習を行なっていただき採否を決定します。

応募書類は返却いたしかねますので予めご了承ください。

9.お問い合わせ先:
〒160 – 0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #316
ユミコチバアソシエイツ有限会社
info@ycassociates.co.jp
担当:鈴木、福田

10.個人情報の取り扱いについて
いただきました個人情報は、当社の採用目的にのみ利用します。
第三者に開示することはございません。

TOP ↑

2012.6.2

高松次郎 Jiro Takamatsu
個展「万物の砕き」

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuは、6月6日(水)より、高松次郎の個展「万物の砕き」を開催いたします。




“万物の砕き”1972、混合材・木箱、各15.0×55.0×35.0cm

(C)The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates



プラスティックやガラス、金属など、複数の物体の破片を、一方では箱いっぱいに満たし、一方では一隅に集めた状態を示した作品、「万物の砕き」。単一素材を用いて、状態が変化しても全体の質量は同じであることを示した「単体」シリーズから、複数のものをつなげて関係性を提示した「複合体」シリーズの間に位置し、高松の思考及び作品の変遷を語るうえで重要な存在であるこの作品を、本展にて展示いたします。
日本現代美術を牽引してきた高松次郎への関心が高まる近年において、大変貴重な展覧会です。ぜひご高覧ください。

また、若手美術評論家4名による高松次郎研究冊子『Jiro Takamatsu Critical Archive』を6月に刊行予定です。
この4名によるトークイベントを本展覧会の会期中に開催いたします。合わせてご案内申し上げます。

“Smashing of Everything”, which is to be exhibited, shows two objects, one object which is filled with broken pieces of plastic, glass and metal, and the other with the same contents but are gathered at one corner.
This work is located between Takamatsu’s “Oneness” series which shows that if an object’s condition changes, its total quantity remains the same, and “Compound” series which indicates a materials relationship by uniting them. The exhibits are significant when considering Takamatsu’s concepts and the changes in his works.
Since Jiro Takamatsu’s death, there is now more and more interest in his work in recent years, as he was a leader in the Japanese modern art movement during his lifetime. Therefore this exhibition is a valuable chance to appreciate his works.

In time for this exhibition, Jiro Takamatsu research book “Jiro Takamatsu Critical Archive” written by Ryo Sawayama, Yoshiro Noda, Tomoshiro Masuda and Keisuke Mori will be published in June. The translated version will be available in the near future.

■会期 / Dates
2012.6.6(Wed)- 2012.7.4(Wed)
OPEN:12:00-19:00 CLOSE:Sun、Mon、National Holidays

■トークイベント / Gallery Talks – In commemoration of the publication of Jiro Takamatsu’s research book

・2012.6.9(Sat) 17:00-18:30 
 沢山遼 Ryo Sawayama × 野田吉郎 Yoshiro Noda × 石川卓磨 Takuma Ishikawa (guest)
・2012.6.23(Sat)17:00-18:30 
 桝田倫広 Tomohiro Masuda × 森啓輔 Keisuke Mori × 森田浩彰 Hiroaki Morita (guest)

※入場無料、当日開催時刻に会場へお越しください。
※お席に限りがございます。予め御了承ください。

■会場 / Venue
Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731 URL: www.ycassociates.co.jp

TOP ↑

2012.6.2

鷹野隆大 Ryudai Takano
書籍「写真分離派宣言」

鷹野隆大の呼び掛けによって結成された1963年生まれの写真家3名(鈴木理策、松江泰治)、評論家2名(倉石信乃、清水穣)による書籍「写真分離派宣言」が刊行されました。

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

高松次郎 Jiro Takamatsu
グループ展「日本現代美術の巨匠たち-1960年代~70年代を中心に」

「ART OSAKA 2012」の特別展にて、高松次郎の作品が展示されます。

[ 会期 ]
2012年6月27日(水)- 7月11日(水)

[ 会場 ]
中之島デザインミュージアム de sign de >

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

冨井大裕 Motohiro Tomii
ワークショップ「3つのかんけい もの・おと・からだ」

練馬区立美術館で行われるワークショップで、冨井大裕が講師をつとめます。

[ 日時 ]
2012年6月23日(土)、7月21日(土)、8月4日(土)いずれも10:30から
※4~6歳(未就学児)を対象とした内容です。

[ 会場 ]
練馬区立美術館

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

鷹野隆大 Ryudai Takano
対談「鷹野隆大×秦 雅則 展示とトーク vol.3[写真の] 」

3月に続き、blanClassで開催されているトークイベントで秦氏と対談します。

[ 日時 ]
2012年6月16日(土)
展示開始:18:00- トーク開始:19:30-  

[ 会場 ]
blanClass

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

植松琢麿 Takuma Uematsu 冨井大裕 Motohiro Tomii
グループ展「AGAIN-ST」

東京造形大学で開催されるグループ展「AGAIN-ST」に、植松琢麿と冨井大裕が参加します。
※植松琢麿は招待作家として参加いたします。

[ 会期 ]
2012年6月11日(月)-23日(土) ※6月17日(日)は休館
開館時間:10:00-20:00
●シンポジウム:2012年6月11日(月)18:30- 東京造形大学 CS-LAB にて

[ 会場 ]
東京造形大学内 CSギャラリー

>>詳しくはこちら

TOP ↑