2012.6.2

鷹野隆大 Ryudai Takano
対談「鷹野隆大×秦 雅則 展示とトーク vol.3[写真の] 」

3月に続き、blanClassで開催されているトークイベントで秦氏と対談します。

[ 日時 ]
2012年6月16日(土)
展示開始:18:00- トーク開始:19:30-  

[ 会場 ]
blanClass

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

植松琢麿 Takuma Uematsu 冨井大裕 Motohiro Tomii
グループ展「AGAIN-ST」

東京造形大学で開催されるグループ展「AGAIN-ST」に、植松琢麿と冨井大裕が参加します。
※植松琢麿は招待作家として参加いたします。

[ 会期 ]
2012年6月11日(月)-23日(土) ※6月17日(日)は休館
開館時間:10:00-20:00
●シンポジウム:2012年6月11日(月)18:30- 東京造形大学 CS-LAB にて

[ 会場 ]
東京造形大学内 CSギャラリー

>>詳しくはこちら

TOP ↑

2012.6.2

冨井大裕 Motohiro Tomii
グループ展“アウトレンジ2012”

美術大学や専門学校の学生および教員の作品を紹介する「アウトレンジ2012」で、冨井大裕の作品が展示されます。

[ 会期 ]
2012年6月6日(水)-19日(火)
営業時間:10:00-18:30 (土曜日は17:00まで)
●オープニングパーティ、授賞式:6月6日(水)17:00-19:00

[ 会場 ]
文房堂ギャラリー

>>詳細はこちら

TOP ↑

2012.5.1

植松琢麿 Takuma Uematsu
“Hyper-Cycle”

Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjukuは、
5月11日(金)より、植松琢麿の個展「Hyper-Cycle」を開催いたします。


(参考画像)“Hyper-Cycle”

2011, mixed media, dimension variable ©Takuma Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


植松琢麿は、ドイツ、ソウル、イタリアなど世界各国で個展・グループ展に参加し、幻想的なインスタレーションや写真作品を発表してきました。一見すると異なる時間、空間に存在するように見えることも、実は類似した形態を共有し、互いに関係性を持った複合体であるという作家の世界観を表現しています。
本展覧会では、近年新たな展開を見せる作家のインスタレーションを紹介いたします。植松琢麿の2年ぶりとなる個展を、ぜひご高覧ください。

Uematsu has presented fantastic installations and photo works in his solo exhibitions as well as the group exhibitions he has participated in around the world, Germany, Korea and Italy. He expresses his view of the world, i.e. what seems to exist in a different time and space at first glance, actually shares similar forms and is compounded with mutual relations.
Uematsu’s work has recently followed a new direction and in this, his first exhibition for two years, we will introduce his installations reflecting this new direction.

■会期 / Dates
2012.5.11(Fri)- 2012.6.2(Sat)
OPEN:12:00-19:00 CLOSE:Sun、Mon、National Holidays
*Opening Reception:2012.5.11(Fri)18:00-20:00

■会場 / Venue
Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731 URL: www.ycassociates.co.jp

■Artist Statement
常に価値を更新し、新たな可能性へと開かれた世界で、これまで無縁に見えていたいくつかの現像が、ふいに最も近しい関係を結ぶ瞬間がある。世界は自然と同様に時空を越えて繋がり、代謝を繰り返す総体なのだ。そして、私は世界に含まれ、この私の中に全世界は含まれる。現代の情報化社会において、世界に広がる流動するネットワークは、まるで生命体のように形成され、物質感を消失した人間の意識は、極大から微少を貫く思考の方向を獲得した。
それらが生み出す流れは、どのような関係を新たに築き、流れているのか。
思考とさまざまな形での図像化を繰り返すことによって、それらを知る手掛かりを見つけたい。
植松琢麿 2012

In this world, where values are changing all the time and new possibilities are continuously opening up, there are moments when some phenomena, which previously seemed to have no connection, suddenly reveal a close relationship for me. The world is the sum of all that has gone before. It is the same as nature that has been continually replicating itself since time began. Then, as I am included in this world the entire world is included in me.
The networks created by the modern information society, which are now spreading and flowing all over the world are also like living matter. By losing their feeling for close material connections via those networks, human beings have developed a way of thinking which moves freely between the macro and the micro perspective. So how is this new way of thinking, which is released from close material associations, affecting human relationships? I would like to find a clue to solve this question by visualizing it repeatedly in many forms.
Takuma Uematsu 2012

TOP ↑

2012.4.2

東恩納裕一 Yuichi Higashionna
“Apparition”

Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku は、4 月4 日(水)より、新作を中心とした東恩納裕一の個展「Apparition」を開催いたします。
東恩納裕一の新たな展開を、ぜひご高覧ください。


(参考画像)「After the Picnic」VOLCANOISE 展示風景


■Artist Statement
21 世紀初頭から制作を開始した、私のシリーズ作品:蛍光灯シャンデリアは、当初、蛍光灯の白く過剰に明るい光を偏愛する日本(人)への批評的(自己)言及を企図したものでした。が、10 年を経た今、あらためてこのシリーズ作品を振り返ってみると、そこには、また別の側面があることに気付きます。
それは、不要なまでの明るさを希求する私たちの「死の欲動」(フロイト)とも呼べるものです。これは、私が関心を抱き続ける、もう一つのモチーフ“装身具(ネックレス、ブレスレットなど)”ともリンクします。
そう、“装身具”こそは、機能的には全く不要な、ただただ身体を拘束するモノ、矛盾に満ちた愛を喚起する、まさに「死の欲動」と呼ぶしかない存在です。
今回の展示は、私のこれまでのモチーフを転用しながら、それらを、これまでとは異なる貌のもとに“Apparition”(出現)させることを企図します。
このタイトルにインスピレーションを与えてくれた、19 世紀末の画家ギュスターヴ・モローが描く「l’ apparition」、虚空に浮かぶ光り輝くヨハネの
首がサロメに送る視線のように、“Apparition”とは、彼方(あの世)から、私たちに送り返される、私たち自身の視線の謂に外なりません。
東恩納裕一 Mar.2 2012

■会期
2012 年4 月4 日(水)- 4 月28 日(土)
営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝日
*オープニングレセプション:4 月6 日(金)18:00-20:00

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731  
URL: www.ycassociates.co.jp  
営業時間:12:00-19:00  定休日:日、月、祝日


■Artist Statement
One of my work series, Chandelier with fluorescent lamps, which I started producing in the early 21st century, in the beginning attempted to be a criticism of Japan (or the Japanese people) singularly favored white and the excessively bright lights of fluorescent lamps. However, looking back on my works now, after 10 years have passed, I notice a different aspect in them. That is something I can call our “death drive” (Freud) which aspires to unnecessary brightness. It is linked with another motif; “accessory” such as necklaces, bracelet etc. which has also been holding my interest. “Accessory” is unnecessary in its function yet puts the human body under control and arouses an irrational love from them. Such attraction is an expression of our “death drive”.
The coming exhibition is planned to present an “Apparition” of my past motifs, whilst in a diverting and different form.

■ Information
・Higashionna’s sculpture works are exhibited at the Margulies Collection at the Warehouse, Miami, USA
・A portfolio of the fluorescent lamps is scheduled to be published this spring by GAS AS INTERFACE.

TOP ↑

2012.3.1

ドミニク・レイマン Dominik Rajman
『遠くて、近すぎる』 “Far too Close”

ドミニク・レイマンは、映像を、カンバスや建物の壁、
公園、道などに投影する作品を発表してきた作家です。
それらの作品は、「ミクロ」と「マクロ」、「歴史や文化的背景」と「イメージの世界」、
「具体」と「象徴」、「特定」と「普遍」といった、相反する二つの世界を常に備えています。
この二面性を行き来する瞬間の緊張感が、ドミニクの作品の最大の魅力ともいえるでしょう。
今回の展覧会は、京都と東京、2会場での同時開催です。
それぞれの会場の特性を生かしながら展示される、ドミニク・レイマンの作品を、
ぜひご高覧ください。

“title undecided” “title undecided”
“ドミニク・レイマン《60sec. Cathedral》、2011年”
©Dominik Lejman 


■ドミニク・レイマン(Dominik Lejman) プロフィール
1969年 グダニスク(ポーランド)生まれ。1989年から93年までグダニスク美術アカデミーで絵画を学んだ後、93年から95年までロンドンのロイヤルカレッジオブアートで絵画の学士号を取得。ポズナニ(ポーランド)とベルリン(ドイツ)在住。ポズナニ美術大学で教鞭を執る。絵画へ映像を投影するなど、多層的かつ微細な「動く絵画」の作家として世界の注目を集めた。また近年では公共空間でのプロジェクションを行って、場の機能を変える試みを行ったりしている。ワルシャワ現代美術センターのほか、ストックホルム近代美術館、ハンブルガー・バーンホフ(ベルリン)、欧州議会(ブリュッセル、ベルギー)など、世界各地にて作品を展示。日本では2008年に三重県立美術館、国立国際美術館(大阪)、東京都写真美術館で開催された「液晶絵画 Still/Motion」展に参加。

■企画趣旨
ドミニク・レイマンは映像を用いながら、それをカンバスに投影したり、もしくは壁画のように壁全体に投影する作品を発表してきた。また近年では、屋外で建物や公園、道などに投影するプロジェクトも続けてきている。レイマンの作品にはしばしば、群衆が登場し、たくさんの群れ集う人々が俯瞰的に投影されることで、その個々の動きがまるで花が咲くように、異なる側面を見せるさまが映し出される。例えば2010 年の《基礎的諸相》では、メッカを巡る巡礼者たちの様子が俯瞰され、エルサレムの嘆きの壁で祈る人々が鮮やかに、まるで流れの激しい川のようにも見える。個々の具体的な形態が、集団となって象徴的・抽象的な形へと変化するのだ。2011年の《60 sec. Cathedral》では、レイマンはスカイダイバー達に依頼して、デュラムの聖堂の星形のアーチを空に作った。アーチは60 秒ほど継続して、また個々の要素(人)へと散らばってゆく。個展タイトル「遠くて、近すぎる。Far too Close」に示されているように、遠く離れてみて気づく風景と近景とが交錯し、また同時にミクロとマクロの世界が暗示され、歴史や文化的な背景とイメージの世界とがクロスする深みが感じられる展示である。具体的な人物などが登場しながらも高い象徴性をはらみ、今ここの出来事でありながらいつどこでもあり得る普遍性を獲得する、その両者を行き来する往還運動の瞬間の緊張感が最大の魅力である。2011 年にベルリンのZAK | BRANICKAギャラリーでも同タイトルの個展が開催された。
今回は東京と京都の2会場にて、それぞれの会場の特性を生かし、空間や建築的特徴を巧みに生かしつつ同個展出品作品を二か所に分けて展示し、さらにワルシャワの国立オペラ劇場で実施予定の最新のパフォーマンス映像も加えた構成である。レイマンはこれまで日本にて、2005 年「Passages to Olymp」展(崇城大学ギャラリー、熊本)、2008 年「液晶絵画 Still/Motion」展(三重県立美術館/ 国立国際美術館/ 東京都写真美術館)などのグループ展で作品を発表してきたが、今回は国内初の個展開催となる。    加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)

■ドミニク・レイマン個展 レクチャー開催決定!

東京会場でのレクチャーが決定いたしました。
作品を前に、作家自身の言葉を聞くことのできる、大変貴重な機会です。
本展覧会のキュレーター、加須屋明子氏(京都市立芸術大学美術学部准教授)も出席します。
ぜひ、足をお運びください。

[ 日 時 ] 2012年3月6日(火)
 ・レクチャー「作品の儚さと永続性について」 18:00‐19:00 
  ドミニク・レイマン、加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
 ・オープニング 19:00‐20:00
[ 会 場 ] Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)


■会期/会場詳細

【東京】
Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku
2012年3月6日(火)‐3月24日(土) 
OPEN:12:00-19:00  CLOSE:日、月、祝日 

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA Gallery C
2012年3月6日(火)‐3月25日(日)
OPEN:11:00-19:00(最終入館18:45)  CLOSE:月(月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休館)
http://www.kcua.ac.jp/gallery/

キュレーション:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
主催:Yumiko Chiba Associates、京都市立芸術大学加須屋研究室
協力:駐日ポーランド共和国大使館、ZAK | BRANICKAギャラリー(ベルリン)、京都市立芸術大学ギャラリー@KC-UA
協賛:ポーランド広報文化センター、アダム・ミツキェヴィチ協会


■Profile
Born in 1969 in Gdansk, Poland. From 1989 to 1993, he studied painting at the Academy of Fine Arts in Gdansk, then from 1993 to 1995 he did his MA in painting at the Royal College of Art in London. Currently living in Poznan and Berlin and teaching at the University of Arts in Poznan. His projecting images into paintings caught the world’s attention as an artist of “moving picture” which is multilayered and meticulously fine. In recent years, he has conducted projections in public spaces to rearrange their functions. He has exhibited his works around the world such as the Center for Contemporary Art, Warsaw, Moderna Museet, Stockholm, Hamburger Bahnhof, Berlin and the European Parliament in Brussels and many other cities.
In Japan he has presented his works in group exhibition such as “Passages to Olymp” in the Sojo University Gallery in Kumamoto, 2005, “Still/Motion” in the Mie Prefectural Art Museum, Mie, the National Museum of Art, Osaka, and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 2008.

■Statement
Dominik Lejman has featured works in which he projects images onto canvas or on the entire wall like a mural. In recent years, he has projected images on buildings, parks, and roads. In his works crowds can often be seen. Overhead views of many people who gather in one place are projected and the individual movement of the people, which looks like a flower blossoming, is shown to be different from one another.
In his work “Fundamental Layers” (2010), the pilgrims who go to Mecca appear like a torrential river seen from a bird’s eye view, while the people who pray at the Western Wall in Jerusalem shape vibrant lines. Each concrete figure turns as one group and creates a symbolic and abstract form.
In “60sec. Cathedral” (2011), Lejman asked parachuters to reconstruct the ceiling of the star-shaped arch of a Duram cathedral in the air. The arch was held for 60 seconds and then dispersed as single individuals.
In this exhibition, as shown in the title,”Far Too Close”, Lejman’s works present the scene from faraway and close up views which cross over each other. They, at the same time, give a hint of both the micro and macro-worlds and express the essence of the world of images as well as their real historical and cultural background in depth. Even the appearance of specific people in his works has a highly symbolic meaning. Present events could be universal events that happen anytime or anywhere. The greatest attraction of Lejman’s works is that they bring a feeling of tension to the moment where the present and universal go back and forth.
In 2011, his solo exhibition “Far Too Close” was held in the ZAK | BRANICKA Gallery in Berlin.
The exhibition this time will be presented in two places both in Kyoto and Tokyo. The updated performance image, which is to be featured at the National Opera in Warsaw, has been added to the exhibition.
Lejman has presented his works in group exhibitions in Japan; “Passages to Olymp” in the Sojo University Gallery in Kumamoto, 2005, and “Still/Motion” in the Mie Prefectural Art Museum, Mie, the National Museum of Art, Osaka, and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 2008.
This exhibition is his first solo exhibition in Japan.
Kasuya Akiko (Associate Professor, Kyoto City University of Arts)

TOP ↑

2012.1.11

鷹野隆大 Ryudai Takano
『モノクロ写真』 “Photo-Graph”

弊社ギャラリーでの鷹野隆大の個展をご案内いたします。

2011年は長く困惑した時間が続いた、と鷹野は言います。
「何を撮ればいいのかわからない」という状況下で気づいた「奇妙な感覚」。
その感覚を手掛かりに生み出された、今回の個展でご紹介するモノクロの作品を、
崩壊した光の残骸であると鷹野は語っています。一方で、その不明瞭なイメージは、鷹野が抱いている「今の気分」を表出しているのかもしれません。
作家自身の「今の気分」を視覚化した結果たどり着いた、モノクロで撮るという、
最もシンプルな写真行為。それは、鷹野にとって必要なリハビリであったともいえるでしょう。
本展では、2011年1月に発表された『タテ写真』*1 以来の新作をご紹介いたします。ぜひご高覧下さい。 *1『アサヒカメラ』(2011年2月20日発行、朝日新聞出版)誌上で発表


“title undecided”
“title undecided”
2011年 gelatin-silver print 
©Ryudai Takano  
Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon


■Artist Statement
 今回はモノクロ写真でなければならなかった。理由は単純で、そんな気分から逃れられなかったのだ。もちろん「気分」で片付けるのが乱暴なことは知っている。だが、これまで数々の個展をしてきて、こんなことは初めてだ。たまには気分に流されてみるべきなのではなかろうか。そんな気分だったと言ってもいいだろう。
 調子が狂うのは初めてではない。しかし今回は重傷で、ずいぶん前に個展が決まっていたのに、困惑したまま時間が過ぎた。無音の空白に投げ込まれて方向感覚がつかめない、そんな感じだった。きっと地球の磁場が狂ったせいだろう。
折も折、自分の足下を黒いものがペタペタ付いてくるのに気がついた。慌ててよけようとしたが、それはぴったり付いてきた。突然“影”が現われた、そんな感覚だった。自分とは無関係にそれが在る感じがしたのだ。奇妙な感覚だった。
 で、さっそく影を撮ってみた。より単純に光に反応するフィルムを使った。奇妙な感覚は写らなかった。そしてモノクロ写真だけが残った。
 意地になっていたのかもしれない。光に反応した銀粒子の残骸を集めて会場に並べるというイメージから逃れられなかった。画面の中味はどうでもよくなっていた。
 ここにあるのは崩壊した光の残骸である。あるいはイメージをつかみ損ねた自分のみじめな軌跡かもしれない。しかしいずれにしろ、最もシンプルな写真行為があることは確かだ。今はそれで十分な気がしている。

■会期
2012年1月17日(火)~2月29日(水)

■オープニング
2012年1月21日(土)18:30~20:00

■トークイベント
2012年1月21日(土)17:00~18:30
「周縁と終焉の終演をめぐって」新城郁夫(琉球大学教授)× 鷹野隆大 

~我々はいま、誤った持ち場に執着していないだろうか。これらの無意味な「責任」を放棄し、別の世界へと動き出すことを想像してみる時ではなかろうか。周縁でありながら中心である”沖縄”を問い続ける批評家と、場所を持つ(場を所有する)ことに抗って場を横切っていく写真家が、「今」について語り合う。

新城郁夫(しんじょう・いくお)プロフィール
1967年沖縄生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、琉球大学法文学部教授。専攻は近現代沖縄文学・日本文学、ポストコロニアル研究、ジェンダー研究。著書に『沖縄文学という企て』(インパクト出版会、2003、第25回沖縄タイムス出版文化賞受賞)『到来する沖縄』(インパクト出版会、2007)『沖縄を聞く』(みすず書房、2010)。編著に『撹乱する島』(シリーズ『沖縄・問いを立てる』第三巻、社会評論社、2008)などがある。

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731  
URL: www.ycassociates.co.jp  
営業時間:12:00-19:00  定休日:日、月、祝日


■Artist Statement
Why must it be monochrome photos this time? The reason is simple; I could not get away from that mood. I know, of course, it is rough to put down to “my sentiment”, but this has never happened in my past many solo exhibitions. I should be sometime carried away with just my feelings. I would say it was like that.
It is not the first time that things have gone wrong around me, but it was a serious situation this time. Although my solo exhibition had been already scheduled, time just passed leaving me in confusion.
I felt like I could not handle which direction to go in, being thrown into a silent blank. It was maybe because the earth’s magnetic field went out of tune.
I noticed something dark was moving at my feet. I quickly tried to avoid it, but it stayed flat against me. It felt like a “shadow” had appeared all of a sudden.
Then, I quickly took a photo of that shadow. I used a film which reacts to light more simply. My strange feeling did not appear, only a monochrome photo remained.
I wanted to make it at any cost. My mind was full of the image; I collected the debris of silver particles which reacted to lights and placed them in my exhibition. The content of the picture did not matter to me any more. Here I am showing the debris of collapsed lights or they could be my miserable effort where I almost grasped the image. Either way, the simplest photography is certainly there. I think that’s all I could do at this stage.”
The coming exhibition “Monochrome Photos” are Takano’s new works created following his exhibition *”Tate Shashin” which was shown in January 2011. *Featured in “Asahi Camera” Asahi Shimbun Shuppan, February 20, 2011

TOP ↑