2016.10.1

Frieze Masters

Yumiko Chiba Associates is please to announce our participation in
Frieze Masters October 6-9, 2016

Stand H7 Spotlight
Presenting works by Masafumi Maita
Japanese Photography and Art of the 1970s – A matrix for Masafumi Maita’s works


Situation No.1, 1973, Photo mural with lightbulb and applied paint, 190x200x10 cm
(c)Masafumi Maita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


■Frieze Masters 2016
The Regent’s Park, London

Opening time
Thursday 6 October: Premium Day, 11am – 7pm
Friday 7 October, 11am – 7pm
Saturday 8 October, 11am – 7pm
Sunday 9 October, 11am – 6pm
https://frieze.com/fairs/frieze-masters

For further information>>

TOP ↑

2016.9.30

植松琢麿 Takuma Uematsu
「nowhere – どこでもないところからの眺め」


©Takuma Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


2016年10月21日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、植松琢麿の個展「nowhere – どこでもないところからの眺め」を開催いたします。

植松琢麿は、2010年にドイツのGALLERY Löhrlにて個展をし、本年10月には千葉市美術館にて展開されるプロジェクトの一人目の作家として個展を開催するなど、国内外で注目を集めています。

身体の物質性と生命との関係をテーマに、人工的なさまざまな素材と自然物を自在に組み合わせたインスタレーションと動物のフォルムを使った造形作品は、一見相反しているけれども、その相互の関係性に見出されるゆるやかな繋がりは、これまでにないイメージを生みだし、生命の新たな可能性を表現してきました。

今回発表するビデオ作品では、映像という時間の要素が生命体と事物に加わり、それらの間で揺れ動く物事の境界に鑑賞者を誘いこみます。人と動物、人工と自然、意識世界と現実世界という境界を往還するなかで、今まで無縁に思われていた物事が網目のように繋がり、過ぎ去った未来にそうありえたかもしれない世界が提示されます。2年ぶりとなる個展に足をお運びいただければ幸いです。

尚、本展はNADiff Galleryでの個展“space colony”と同時開催となります。ヴァンジ彫刻庭園美術館の森啓輔氏に論稿を寄せていただいた作品集も発売を予定しておりますので、是非こちらも併せてご高覧ください。

■個展
植松琢麿 「nowhere – どこでもないところからの眺め」
会期:2016年 10月 21日(金)– 11月 19日(土)
営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝日 
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※レセプション パーティ:10月 29日(土)18:00 –

詳しくは>>


■同時開催
植松琢麿 ”space colony”
会期:2016年 10月 21日(金)– 11月 20日(日)
営業時間:12:00-20:00 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
会場:NADiff Gallery(NADiff A/P/A/R/T B1F)

詳しくは>>

■作品集出版記念トークイベント
日時:2016年10月29日(土)14:00-15:30
会場:NADiff a/p/a/r/t
植松 琢麿x森 啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)x小林 公(兵庫県立美術館学芸員)
協力:Yumiko Chiba Associates
参加費:無料
定員:40名
*要申込

【お申込み方法】
ご希望日、ご参加を希望される方のお名前、お電話番号、ご参加人数を明記の上、メールにてご予約ください。
お電話でも承っております。TEL: 03-3446-4977

メールにてご予約の方はこちら>>
*受信制限をされている方は、当店からのメールを受信できるよう設定お願いいたします。


■植松琢麿 作品集 「chain reaction」
2016年11月初旬発売予定
執筆:森啓輔
デザイン:小沼宏之
仕様:A5判 / 128頁 / 全編カラー / 和英バイリンガル
予価:¥2,300(税別)
発行:Yumiko Chiba Associates
※初版限定700部



■Takuma Uematsu solo exhibition “nowhere”
October 21 (Fri) – November 19 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Reception Party
October 29 (Sat) 18:00-
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Exhibition held simultaneously
Takuma Uematsu’s Solo Exhibition “space colony”
October 21 (Fri) – November 20 (Sun), 2016
Venue:NADiff Gallery
〒150-0013 NADiff A/P/A/R/T B1F, 1-18-4 Ebis, Shibuya-ku, Tokyo
Opening Hour: 12:00 – 20:00 
Closed: Mondays (except for National Holidays on Monday, in which case the Gallery is open on the holiday and closed the following Tuesday)

■Talk Event – to celebrate the publication of Takuma Uematsu’s collection of works
October 29 (Sat), 2016, 14:00-15:30
Venue:NADiff a/p/a/r/t
With Takuma Uematsu & Keisuke Mori, Curator, Vangi Sculpture Garden Museum & Tadashi Kobayashi, Curator, Hyogo Prefectural Museum of Art
Cooperation:Yumiko Chiba Associates
Free of charge
Seating capacity: 40
*Booking required. Please fill in the application form in http://www.nadiff.com/?p=3370#event
or please call 03-3446-4977.

■ chain reaction – A Collection of Works by Takuma Uematsu
Release Date: Early in November
Publisher: Yumiko Chiba Associates
Written by Keisuke Mori
Designed by Hiroyuki Onuma
A5, 128 pages, Japanese and English, color,
Tentative price: 2,300 Yen(tax exclusive)
*Limited first edition of 500 copies


Press Release (En) >>


Yumiko Chiba Associates is pleased to present a solo exhibition by Takuma Uematsu nowhere From October 21, 2016.

Takuma Uematsu has been attracting much attention inside the country and overseas; he held a solo exhibition at Galerie Löhrl in Germany in 2010 as one of his acclaimed shows internationally and his upcoming solo exhibition will start at Chiba City Museum of Art this October, as the first artist presenting in the latest project of the Museum.

With a theme of a relation between materiality of the body and life, Uematsu has created the installations in which various artificial materials and natural objects are freely combined, as well as the formed works with animals’ shapes. They seem to be contrary each other at first, however their mutual fluid connection has given birth to novel images and expressed new possibility of life.

In this video work, the flux of time existed in the image is added to life and substance, and viewers are invited to the boundary of the things swaying between them. Drifting about the boundary between human beings and animals, artificial and nature, and a world of consciousness and the real world, the things which seemed to be nothing to do with each other are now connected reticulately, and a world which could have been in the “past” future is presented.

The exhibition will be held after an interval of two years. Besides, Uematsu’s another solo exhibition space colony be held simultaneously at NADiff Gallery. In addition, “chain reaction”, A Collection of Works by Takuma Uematsu will be published, for which Mr. Keisuke Mori, Vangi Sculpture Garden Museum has written an essay.



TOP ↑

2016.9.21

daikanyama photo fair 2016
YUMIKO CHIBA ASSOCIATES(Booth No. E16)
出展作家:若江漢字、眞板雅文、鷹野隆大、山本渉、吉田志穂


Shiho Yoshida“Log ♯3”, 2015 ©Shiho Yoshida, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

“The Difference”

ユミコチバアソシエイツは、9月30日(金)より開催されるアートフェア、「代官山フォトフェア2016」に参加致します。本展は、視覚メディアとして写真がどのように表現されたかを5人の作家によって紹介致します。
彼らは皆、写真の機能的側面、記録的側面を利用し、作品の中に”ズレ”を用いることで私たちの現実認識のあり方を問い、世界をどう捉えるのかを、それぞれの方法で検証し続けています。

60年代後半よりメディアに捕われない幅広い活動を続け、美術の文脈の中で作品発表をしてきた若江漢字は、写し出されたイメージ像と事物そのものを巧みに組み合わせ、並置する方法により生じる視覚的な”ズレ”を使い、観者の錯覚を誘発し「見ること」の曖昧さを問いかけます。
眞板雅文は、彫刻の分野で活動を続ける傍ら70年代より写真作品を発表してきました。写真を地としそこに重ねあわされたものが図となることで生じる”ズレ”の往還を通して新たな関係性を導きだす作品は、写真自体もまた一つの「物」そのものであることを私たちに訴えかけます。
セクシャリティや都市をモチーフとして事象の境界を探る写真作品を制作してきた鷹野隆大は、90年代より「毎日写真」として日常の光景を絶え間なくカメラに収め続けてきました。今回は「毎日写真」の中から連続して撮影した二枚の写真を組み合わせ、視線の微細な”ズレ”を可視化することで、我々が普段写真を通して見慣れている「静止」された世界がいかに反自然的な視覚認識であるのかを暴きます。
人間と自然との関わりあいの中で発生する現象の記録をテーマに様々な作品展開をしている山本渉は、サイアノタイプの技法を用いて支持体となる布にシワを定着させた作品と、さらにそれを複写し印画紙にプリントした作品を並列して展示します。被写体そのものは同じですが、支持体の違いによって生じるイメージ像の”ズレ”は、果たして情報の「欠落」なのかそれとも「変様」なのか、その実体とは何かを問いかけます。
展示作家中最年少であり、所謂デジタルネイティブ世代である吉田志穂は、インターネットからの画像の引用と現実に撮影した写真を混在させ、さらに複写を重ねることで、実際の被写体と最終的なアウトプットの間に意図的な”ズレ”を発生させます。それら一連の制作プロセスはあくまで写真技法の枠組みの中で実施され、想像上の産物ではない新しいリアリティを生み出します。

いずれも与えられた我々の認識、制度、慣習に対する懐疑を常に持ち、現実と認識との”ズレ”を端緒として、見る者に思考を促すという点において共通する意識を垣間見ることができるでしょう。この機会に是非ともご高覧ください。


■daikanyama photo fair 2016
会期:2016年9月30日(金)- 10月2日(日) 
日時:11:00 – 21:00 (但し最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム(〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8)
入場料 : 大人 : \1,500 / 学生 : \1,000
http://fapa.jp/fair-2016/


プレスリリース(JP)>>




■daikanyama photo fair 2016
September 30 (Fri) – October 2 (Sun), 2016 
11:00 – 21:00 (till 17:00 on October 2)
Venue: Daikanyama Hillside Forum (18-8 Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0033)
Admission: Adult 1,500 Yen / Student 1,000 Yen
http://fapa.jp/fair-2016/


Press Release(En)>>


“The Difference”

Yumiko Chiba Associates will be participating in Daikanyama Photo Fair 2016, held from September 30 (Fri), 2016. In the exhibition five artists will represent how photographs have been expressed as visual media. They utilize the functionality and the recording aspect of photography and explore how our recognition of reality should be by adopting “difference” in their works, and continuously search how to capture the world in each own way.

Kanji Wakae has been active in various areas from the end of the 1960s, being free from media, and been presenting his works in the context of art. In his work, he adopts a way to combine cleverly the image shown and the object and to juxtapose them, which brings about a visual gap to viewers. Wakae makes use of this “difference” and induces an illusion in viewers. Here he questions the ambiguity of “seeing”.

Masafumi Maita presented photographs from the 1970s, while being active in the sculpture field. He sets a photograph as a ground and put some object on top of it, which completes a work but brings about a gap between two things. Wandering through the gap, a new relationship between these things is created. This shows us that a photograph is also a “thing” itself.

Ryudai Takano takes photographs which seek boundary of phenomena with motifs such as sexuality and a city. From the 1990s, he has been taking daily sceneries as “Daily Snapshots” without a break. From this series, two consecutive shots were picked up and presented, combined. In the work, the minute difference of a viewer’s line of sight is visualized. Then, it can be disclosed how our visual recognition about the usual “still” world we look at through photographs is against the nature, being unreal.

Wataru Yamamoto has been developing various works with a theme which records phenomena occurring in a relation between human beings and nature. Two works are exhibited, lining up: the one in which wrinkles are fixed on a cloth as substrate with cyanotype and the other one, a copy of the above work printed on a photographic paper. The objects for both works are same, but Yamamoto raises a question about the difference of the images occurred by the different substrates: whether it was brought due to the insufficient information about the print-outed image or just a change, what is the true nature of it.

Shiho Yoshida, the youngest of the five artists and a digital native, mixes the photographs which were quoted from Internet and actually shot by her. She copies them further and makes intentional differences between actual objects and final outputs. Yoshida persistently practices such a production procedure within the frame of photography technique and gives birth to new reality, not a product of imagination.

Each of the above-mentioned artists is skeptical about the existing recognition, system and custom in the world at all times. One can observe that they are commonly aware of inspiring viewers to think about things, initiated by the difference between the reality and the recognition.


TOP ↑

2016.9.15

植松琢麿 Takuma Uematsu
「星のみかた -What people do for astronomical observation?」

植松琢麿が千葉市美術館の「さや堂ホール」にて展開されるプロジェクトに参加いたします。

さや堂プロジェクト コンタクト・ゾーンvol.1
▪️植松琢麿 個展 
「星のみかたWhat people do for astronomical observation?」

会期:2016年10月15日(土)〜30日(日)
会場:千葉市美術館1階さや堂ホール
*観覧料無料

▪️アーティストトーク
植松琢麿によるギャラリートークを行います。
日時:2016年10月30日(日)14:00-(13:30開場予定)
会場:千葉市美術館1階さや堂ホール
*聴講無料

▪️対談
「アート∩宇宙」
日時:2016年10月30日(日)14:30-(13:30開場予定)
会場:千葉市美術館1階さや堂ホール
ゲスト:植松琢麿、羽村太雅(国立天文台 広報普及員/柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)会長)
進行:畑井恵(千葉市美術館学芸員)
*聴講無料

詳しくは>>

TOP ↑

2016.9.15

鷹野隆大 Ryudai Takano
Photoszene Köln 2016

鷹野隆大がケルンで開催されるPhotoszene Köln 2016に参加いたします。

■フォトフェスティバル
「PHOTOSZENE-FESTIVAL 2016」
2016年9月16日(金) – 2016年9月25日(日)
会場:Bruch und Dallas(ケルン、ドイツ)

詳しくは>>


Ryudai Takano in “PHOTOSZENE-FESTIVAL 2016″ at Bruch und Dallas in
Cologne.

■PHOTOSZENE-FESTIVAL 2016
September 16 (Fri) – 25 (Sun) , 2016
Venue: Bruch und Dallas (Cologne, Germany)

More Infomation>>

TOP ↑

2016.9.6

小平篤乃生 Atsunobu Kohira
“Ode à l’immanence”

小平篤乃生が京都のFORUMにて個展”Ode à l’immanence”を開催いたします。

■展覧会情報
“Ode à l’immanence”
会期: 2016年10月1日(土) – 10月30日(日)
会場: FORUM(京都)
詳しくは>>

■イベント情報
「ニュイ・ブランシュKYOTO 2016〜パリ白夜祭への架け橋 – 現代アートと過ごす夜」
日時: 2016年10月1日(土) 14:00-深夜1:00
会場: FORUM(京都)
詳しくは>>


■その他
“Carbon Lab”
会期: 2016年10月20日(木) – 10月23日(日)
会場: YIAアートフェア(パリ)
詳しくは>>



Atsunobu Kohira in “Ode à l’immanence” at FORUM.

■Exhibition Information
“Ode à l’immanence”
October 1 – 30, 2016
Venue: FORUM, Kyoto
More Information>>

■Event
“Nuit Blanche Kyoto 2016″
October 1, 2016 14:00-1:00
Venue: FORUM, Kyoto
More Information>>


■Other Information
“Carbon Lab”
October 20 – 23, 2016
YIA Art Fair(Paris)
詳しくは>>

TOP ↑

2016.8.26

山城知佳子 「創造の発端 – アブダクション / 子供 – 」
Chikako Yamashiro “The Beginning of Creation: Abduction/ A Child”

2016年9月9日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、山城知佳子個展「創造の発端 – アブダクション/子供 -」を開催いたします。


©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
山城知佳子『創造の発端 -アブダクション/子供-』(2015年、愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品)


山城は、これまで沖縄戦の記録と記憶の継承に始まり、在沖米軍基地によって引き起こされる沖縄が抱えてきた複雑な状況と向き合い制作を続けてきた作家です。現実とフィクションの狭間で高度な比喩によって映像化された作品は、鑑賞者に様々な解釈を呼び起こしてきました。

本展にて上映展示される『創造の発端 ―アブダクション/子供―』は、ダム・タイプの元メンバーでダンサーの川口隆夫が、舞踏家の故・大野一雄の伝説的な舞台を「再現」するプロセスに山城が密着取材した映像作品です。
川口が他者(大野)を自らの身体に取り込もうとする行為の記録は、ただのドキュメンタリーでは終わらず、得体の知れない剥き出しの身体となって観者の前に立ち現れます。沖縄を通じて「他者との接触、その継承」を一貫したテーマの一つとして制作してきた山城だからこそ撮影できた濃密な空間を、この機会に是非ともご高覧ください。

本展では、『創造の発端 ―アブダクション/子供―』の上映展示を中心に、その補助的な意味合いを持つ映像作品、また本編のスチル写真作品も展示致します。

プレスリリース>>


■山城知佳子 個展「創造の発端 – アブダクション / 子供 -」
会期:2016年9月9日(金)- 10月15日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


■川口隆夫 踊る人体ヌードデッサン会
川口隆夫『SLOW BODY ― 脳は感覚を持たない』vol.26

「今ほど人体を見つめることが必要なときはない。穴が開くほど、直視せよ! 目の前の人体を見て、そこにある感覚を自分の体に直結させる試み。」
川口隆夫氏がヌードで踊り、参加者がその人体をデッサンする会です。
デッサン終了後は、描いた絵の見せあいをしながら川口氏との懇親会になります。

出演:人体/川口隆夫、音/和田翼
日 時:2016年9月10日(土)14:00-16:30(開場13:45) *デッサン会 + 懇親会
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
参加費:2,000円(1ドリンク付)
定員:15名
※事前申込制
※画材、スケッチブックはご持参ください。

【お申し込み方法】
件名「デッサン会参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(15名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。


■トークイベント
日 時:2016年9月10日(土)18:00-19:00
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
山城知佳子、川口隆夫、鷹野隆大
※事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。


■レセプションパーティー
日時:2016年9月10日(土)19:00-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 


■その他
山城知佳子は、現在愛知県書各所にて開催中の「あいちトリエンナーレ2016」へ参加しております。

「あいちトリエンナーレ2016」
会期:2016年8月11日(木)- 10月23日(日)
会場:旧明治屋栄ビル(栄会場)
詳しくは>>



■Chikako Yamashiro solo exhibition “The Beginning of Creation: Abduction/ A Child”
September 9 (Fri) – October 15 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Reception Party
September 10 (Sat) 19:00- 20:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Dancing Figure Drawing with Takao Kawaguchi
September 10 (Sat) 14:00- 16:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*Advance booking required

■Talk Event
September 10 (Sat) 18:00- 19:00
Chikako Yamashiro & Takao Kawaguchi & Ryudai Takano
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*Advanced booking required

Press Release(En)>>


Chikako Yamashiro has continued working up to now, inheriting records and memories of the Okinawa Battle as well as facing with the complex circumstances Okinawa has had such as environmental disruption caused by the US military base and a violation of woman’s rights. Her works do not show messages explicitly. But, using a high-level metaphor, they were produced as videos in a gap between reality and fiction. Then, they have inspired viewers to make various interpretations.
In The Beginning of Creation: Abduction/A Child presented in the exhibition, Yamashiro closely covered a process of Takao Kawaguchi, the dancer and former Dumb Type member , who “reenacts” the legendary stage by the late butoh performer Mr. Kazuo Ohno. The record of Kawaguchi’s performance to take another person (Ohno) into his own body does not remain just as a documentary, but is shown with a mysterious bared body in front of the viewers. The intense space will be presented, which only Yamashiro could shoot, who has kept working with a consistent theme, “to contact with other people and to inherit it” through Okinawa.
This exhibition will screen The Beginning of Creation: Abduction/A Child as a main feature. Also, the other video meant to be supplementary and those stills from The Beginning of Creation: Abduction/A Child will be shown.

TOP ↑