2017.5.16

PHOTO LONDON

Yumiko Chiba Associates is pleased to announce our participation in PHOTO LONDON.

Stand No.G12 Pavilion

Kazuo Kitai / Ryudai Takano


Left: ©Kazuo Kitai, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Right: ©Ryudai Takano, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


PHOTO LONDON
Venue: Somerset House, London
Date and Time: 18-21 May 2017

Date and Time:
Thursday 18 May, 12:00 -20:30
Friday 19 May, 12:00 -19:30
Saturday 20 May, 12:00 – 19:30
Sunday 21 May, 12:00 – 18:30
http://photolondon.org

Press Release (En) >>

TOP ↑

2017.5.14

山本尚志 Hisashi Yamamoto
“Speech balloon”

山本尚志が、富山のギャラリーNOWにて個展を開催いたします。


  ©Hisashi Yamamoto, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

■展覧会情報
「Speech balloon」
会期:2017 年5 月14 日(日)- 5 月27 日(土)
会場:ギャラリーNOW (〒930-0944 富山県富山市開85)
開廊時間:火-日曜日10:00 – 18:00
後援 : 北日本新聞社 協力 : ユミコチバアソシエイツ
トークイベント :「セリフを書く」5月14日(日)14時より(作家本人による公開制作と現在の書道を取り巻く状況について語っていただきます)
※入場無料

詳しくは>>



Hisashi Yamamoto in “Speech balloon ” at GALLERY NOW.

■Exhibition Information
“Speech balloon”
May 14 (Sun) – May 27 (Sat), 2017 
Venue:GALLERY NOW *85, Hiraki, Toyama-shi, Toyama, 930-0944, Japan
Tuesday-Sunday, 10:00-18:00
Support: The Kitanippon Shimbun / Cooperation: Yumiko Chiba Associates
*Talk event: May 14 (Sun) 14:00-
*Admission free

More Information>>

TOP ↑

2017.4.27

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017 / KG+

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017に山城知佳子が参加しています。
また、KYOTOGRAPHIEサテライトイベントのKG+に小平篤乃生が参加しています。


(手前)「コロスの唄」2010、(奥)「黙認のからだ」2012|Installation view, The Songs of Mud, KYOTOGRAPHIE2017|©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

■山城知佳子 個展 「土の唄」
展覧会キュレーション:小原真史(IZU PHOTO MUSEUM研究員)

会期:2017年4月15日(土)- 5月14日(日)OPEN 11:00-19:00 CLOSED 月曜
会場:堀川御池ギャラリー 1・2階(〒604-0052 京都市中京区押油小路町238-1 *地下鉄東西線「二条城前」駅 2番出口から徒歩3分)
入場料:600円 / 学生 500円
http://www.kyotographie.jp/portfolio/chikako-yamashiro

出身地・沖縄の歴史や政治、文化等をテーマに、写真や映像、パフォーマンスによる作品を発表してきた山城知佳子。とりわけ住民が巻き込まれた太平洋戦争中唯一の地上戦や、現在まで続く基地問題など沖縄とアメリカの関係性は、山城を創作に向かわせる重要テーマであり続けてきた。問題を作家自身にひきつけて思考する一方で、戦後世代ゆえに持てる多様な視点をも探求課題としてきたことが、山城作品の普遍性を深める要因ともなってきたのではないだろうか。山城の作品は、明白なストーリーを提示するのではなく映像の曖昧さや断片性を前景化させることで多義的な読みを誘う。自らの身体を通じた他者の記憶の継承とその困難さと向き合いながら、沖縄や日本、そして東アジアの歴史へと思考の回路を開こうと試みる。
本展では 、あいちトリエンナーレ2016で発表され話題となった映像作品「土の人」と、“ 血の底から吹き上がる呼吸音(≒他者の記憶が生暖かい息を残し語り続けている地響きのような残響)”をモチーフにした「コロスの唄」(2010)のほか、「 バーチャル継承」「あなたの声は私の喉を通った」「回想法」「黙認のからだ」があわせて展示される。
(KYOTO GRAPHIE 2017 Catalogより抜粋)





©Atsunobu Kohira, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

■小平篤乃生
連続企画「石炭の巡礼」
PArt1 個展「Coalscape 石炭のインキ」

会期:2017年4月12日(土)- 4月30日(日)OPEN 17:00-25:00 CLOSED 火曜
会場:食堂ルインズ(〒600-8022 京都市下京区河原町四条下る稲荷町319)
入場料:ワンドリンク
http://www.kyotographie.jp/kgplus/portfolio/atsunobu-kohira/


長年フランスを拠点に活動を続ける小平篤乃生は、有機物が死んで土に帰り炭素に分解され、その炭素が植物の光合成の媒介物となり自然界に循環していくという炭素循環の考え方に興味を持ち、2011年頃より炭素素材を用いた作品を多く制作してきました。

2017年、小平は3つのパートから成るシリーズ「石炭の巡礼」をプロジェクトとして立ち上げることにしました。
このプロジェクトは、各パート毎に3つの場所で展開されていきます。
植物の化石である「石炭」をキーワードに、循環システム、内部構造、材料としての用途の多様性など石炭の持つあらゆる面を分析し、各々の会場がリンクしあう重層的なインスタレーションを行います。

その第一弾となる本展では、フランス北東部にあるアルトア大学でのアーティストインレジデンスの際に走査顕微鏡を用いて石炭を撮影した写真作品「Coalscape」をプリントするために、石炭を原材料とする唯一の複写技法であるコロタイプのインキを自ら作ろうと試みます。ここでは、インキが生成されるプロセスを追った写真によるドキュメンタリー作品とともに、石炭を用いて空間を作り上げます。

第二弾として9月にユミコチバアソシエイツ(東京)での個展、第三弾は同時期にLABANQUE(ベチューヌ/フランス)にてキュレーターのレア・ビスムスが企画するグループ展”Intériorites”にて発表される予定です。また、プロジェクトの最後として、キュレーターによる論考と、それぞれの展覧会のインスタレーションビューが掲載された冊子を発行します。

是非とも本年の小平の活動にご注目ください。

TOP ↑

2017.4.25

山城知佳子 Chikako Yamashiro
“Move on Asia 2017″


©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates|Installation view of Move on Asia 2017, Alternative Space LOOP(Korea)

山城知佳子が韓国のAlternative Space LOOPで開催される “Move on Asia 2017″ に参加しております。

■展覧会情報
“Move on Asia 2017″
会期:2017年4月14日(金) – 5月28日(日)
会場:Alternative Space LOOP(ソウル、韓国)
335-11 Seokyodong, Mapogu, Seoul, Korea
詳しくは (Korea only)>>

-

Chikako Yamashiro in “Move on Asia 2017” at Alternative Space LOOP.

■Exhibition Information
“Move on Asia 2017”
April 14 – May 28, 2017
Alternative Space LOOP(Seoul / Korea)
335-11 Seokyodong, Mapogu, Seoul, Korea
More Information (Korea only)>>

TOP ↑

2017.4.11

LEE Wonho “The weight of the vacuum”
イ・ウォノ「空白の重さ」


The White field III, 2011 (process) © Wonho Lee, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2017年5月9日(火)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、イ・ウォノの個展「The weight of the vacuum <空白の重さ>」を開催いたします。

イ・ウォノの作品として近年記憶に新しいのは、国立新美術館での「アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋―日本と韓国の作家たち」展で展示された巨大な段ボールの家でしょう。この「浮不動産」という作品で使われている段ボールは、イ・ウォノがソウルや東京でホームレスがたくさん住む場所を訪れ、彼らが居住している段ボールの家を価格交渉の末、実際に購入したものです(それぞれのホームレスと交わした取引証明書と共に展示)。「家」は資本主義社会において、資産であり、財産を測るものさしであり、富の象徴そして憧れの対象にもなり得ます。しかしながら、こうした社会的に認められた「家」を持たないホームレスが、段ボールの「家」を紙幣に置き換え、再度、経済的価値をつけたとき、彼らは法外な価格を提示しませんでした。このことは、彼らにとって「家」は財産ではなく、もっと本質的な意味での価値(外部から身を守る、寒さや暑さをしのぐ等)に基づくものであることを示します。イ・ウォノはこの作品で、わたしたちの考える価値とは何なのかを問いかけます。そして、「家」に代弁される人間の欲望、資本主義社会において付随した「住む場所」として以外の、表層的で虚無な価値を露わにし、視覚化しようとしています。

日本で初の個展となる本展では、「The White field」シリーズの中からサッカースタジアムに引かれたコートの白線を集めて塊にし、白い平面として空間に再出現させた作品を展示いたします。競技において特定のルールに基づいて引かれた白線は、内側と外側を定め、人はそれに従いゲームを行い、また判断を下します。しかし、コートから分離され、展示スペースというコンテクストに現れた白線の塊は、その本来の機能を失い、定義された境界はもはや意味をなくします。

このように、イ・ウォノは我々が普段何の疑問もなく持っている価値をその定義ごと解体し、全く異なる新たな次元に構築し直すことで、その差異から露わになる、過剰なき本質的な概念を喚起しようとします。資本主義社会に生きるわたしたちが、疑いもなく享受している価値観に改めて問いを投げかけるイ・ウォノの作品を是非ともご高覧ください。

尚、展覧会オープニングに合わせ、国立新美術館で上述の「アーティスト・ファイル 2015 隣の部屋」展をキュレーションし、今回の研究冊子に執筆をいただいた米田尚輝氏と、美術家の冨井大裕氏をお招きし、作家とのトークイベントを予定しております。合わせてご案内いたします。

プレスリリース>>


■イ・ウォノ 個展「The weight of the vacuum <空白の重さ>」
会期:2017年5月9日(火)- 6月17日(土)12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
イ・ウォノ x 米田尚輝 (国立新美術館研究員)x 冨井大裕 (美術家)
日時:2017年5月9日(火)19:00-20:00
会場:角筈地域センター7F 会議室A(〒160-0023 東京都新宿区西新宿4丁目33−7)
*韓国語・日本語逐次通訳有
*参加費無料、事前申込制、定員20名

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20 名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください


■オープニングレセプション
日時:2017年5月9日(火)20:00-21:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
トークイベント終了後、会場をYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuへ移して開催いたします (トーク会場より徒歩約1分)。


■関連情報
本展の開催に合わせ、研究冊子を刊行いたします。

『イ・ウォノのオブジェクト』 
執筆:米田尚輝
ブックデザイン:小沼宏之
発売日:2017年4月28日(金)
仕様:A5判、24頁、和英バイリンガル、モノクロ仕様
発行元:ユミコチバアソシエイツ   
定価:1,000円(税別)
ISBN978-4-908338-08-3 C0070 1000E

*ご購入は、全国の書店、本展開催ギャラリー、もしくは YCA オンラインストアにてhttp://ycassociates.thebase.in/

-

■Wonho Lee solo exhibition
“The weight of the vacuum”
May 9 (Tues.) – June 17 (Sat.), 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■ Talk Event
May 9 (Tues.), 2017, 19:00 -20:00
Venue: Tsunohazu Chiiki Center 7F, Conference Room A (4-33-7 Nishi-Shinjuku, Shinjuku, Tokyo 160-0023)
Wonho Lee, Naoki Yoneda (Curator, The National Art Center) and Motohiro Tomii (Artist)
*Japanese and Korean translations available during the session. 
*Admission free, Booking required, Seating capacity: 20
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp
*If you do not receive a reply from the gallery, please contact us during gallery hours.

■Opening Reception
May 9 (Tues.) 20:00 – 21:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*The reception will be held at Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku after the talk event.(It is 1 minute walk from Tsunohazu Chiiki Center.)

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present The weight of the vacuum a solo show of LEE Wonho from Tuesday, May 9.

In ARTIST FILE 2015 Next Doors: Contemporary Art in Japan and Korea an exhibition at The National Art Center, Tokyo, Wonho Lee presented a huge house made of corrugated cardboards which is fresh in our memory. For this work titled Floating real estate, Lee used corrugated cardboards which had actually been used as house for the homeless. To acquire them, Lee visited districts in Seoul and Tokyo where many homeless people lived and through price negotiations with them, purchased the corrugated cardboards that they lived in. (The work was shown with the transaction certificates as proof of purchase.) In a capitalist society, a house is considered as a property, an indicator for the owner’s degree of richness, and a symbol of wealth, as well as an object of admiration. However, when the homeless who did not possess such socially recognized houses exchanged their houses with cash to place economic value on them, they did not ask for a lot of money. It showed that for them, their houses did not represent assets but more essential values based on protection functions against the outside world, coldness, heat, etc. In this work, Lee questioned the concept of value that we hold; He tried to expose and visualize the human desire represented in the idea of house, as well as superficial and vacant values that capitalist societies attached to it in addition to its essential function as place to live.

This exhibition, which is his first solo show in Japan, presents a work from the series The White field. For its creation, Lee went to a football stadium to collect the white powder that was used to draw lines indicating the boundaries of a football field; he then used it to create a new rectangular shaped white field on the floor of the gallery. In a game of sports, the white lines that are drawn according to a specific rule determine the inside and the outside of a field and participants comply with their implications, while judgements are also made according to them. However, when it is separated from the court and transformed into a mass of white powder to be presented in the context of an exhibition space, it loses the original function and the boundary that it once defined becomes no longer valid.

Wonho Lee thus deconstructs values that we normally cherish without questioning them, together with their definitions and reconstructs them into a totally different new dimension, thereby attempting to make us aware of the essential concept without superfluous excess that the difference reveals. His work questions anew the values that are enjoyed without any doubt by those of us who live in capitalist societies.

In conjunction with the show’s opening, we will organize a special talk event with the artist, inviting as guest speakers: Naoki Yoneda, the curator of ARTIST FILE 2015 and the writer of our new research book on Wonho Lee; and Motohiro Tomii, the artist.


■ Research Book
In conjunction with the exhibition, a research book will be published.

“Wonho Lee’s Objects”
Written by Naoki Yoneda
Book Design by Hiroyuki Onuma
Published by Yumiko Chiba Associates
Publication Date:April 28 (Fri.), 2017, ¥1,000 (plus 8% tax)
A5, 24 pages, Bilingual in Japanese and English, Monochrome printing
ISBN978-4-908338-08-3 C0070 1000E
*Available at bookstores throughout the country, the YCA viewing room shinjuku or YCA online store http://ycassociates.thebase.in/

TOP ↑

2017.3.22

植松琢麿 Takuma Uematsu
ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム

植松琢麿がオリエアート・ギャラリーで開催されている「ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム」に参加しております。

■展覧会情報
「ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム」
会期:2017年3月22日(水)– 3月31日(金)*定休日:日曜日
会場:オリエ アート・ギャラリー(東京)
詳しくは>>

■その他
AGAIN-ST「平和の彫刻」
会期:2017年4月1日(土)– 4月23日(日)*定休日:月曜日
会場:NADiff Gallery
出品作家:飯田竜太、飯沼英樹、入江早耶、植松琢麿、大橋博、大畑周平、木村充伯、鈴木孝幸、仙谷朋子、田中裕之、土屋貴哉、中谷ミチコ、中野浩二、樋口明宏、元木孝美、吉賀伸、冨井大裕、深井聡一郎、藤原彩人、保井智貴

詳しくは>>

-
Takuma Uematsu in “La Biennale Yochan 2017, COLLAGE CUBISME” at Orie Art Gallery.

■Exhibition information
“La Biennale Yochan 2017, COLLAGE CUBISME”
March 22 (Wed) – 31 (Fri), 2017 *Closed on Sundays
More Information>>

■Other Information
“AGAIN-ST”
April 1 (Sat) – 23 (Sun), 2017 *Closed on Mondays
More Information>>

TOP ↑

2017.3.18

Art Basel Hong Kong 2017

Yumiko Chiba Associates is please to announce our participation in Art Basel Hong Kong 2017.

Booth No. 3C33

Situations, Perception and Verification
Keiji Uematsu/ Masafumi Maita/ Motohiro Tomii


Left: ©Keiji Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Upper right: ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Lower right: ©Masafumi Maita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates



Art Basel Hong Kong 2017
Venue: Hong Kong Convention and Exhibition Centre
Date and Time: March 23-25, 2017

Public opening hours:
Thursday, March 23, 2017, 1pm to 8pm
Friday, March 24, 2017, 1pm to 9pm
Saturday, March 25, 2017, 11am to 6pm
https://www.artbasel.com/hong-kong


Press Release (En) >>

TOP ↑