2017.8.12

東恩納裕一 Yuichi Higashionna
blank – prints and drawings -

東恩納裕一が日本橋髙島屋の美術画廊Xにて個展「blank – prints and drawings -」を開催いたします。


©Yuichi Higashionna, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

■展覧会情報
「blank – prints and drawings -」
会期:2017 年8月16日(水)- 9月4日(月)
会場:日本橋髙島屋 6階美術画廊X(東京)

詳しくは>>

TOP ↑

2017.8.12

山本尚志 Hisashi Yamamoto
個展「バッジとタオルと段ボール」

山本尚志がBギャラリーにて個展「バッジとタオルと段ボール」を開催いたします。



■展覧会情報
「バッジとタオルと段ボール」
会期:2017 年8月18日(金)- 9月3日(日)
会場:Bギャラリー、ビームスジャパン5F(東京)
協力:Yumiko Chiba Associates、DAIWA PRESS、Qusamura

■レセプションパーティ&パフォーマンス
2017年8月18日(金)18:00-20:00

■アーティストトーク
2017年8月19日(土)17:00-18:30
会場:Bギャラリー、ビームスジャパン5F(東京)
ゲスト:谷尻誠(建築家)
予約定員制:先着30名様※ご予約はBギャラリーまで(Tel:03-5368-7309)


詳しくは>>

TOP ↑

2017.8.1

鷹野隆大 個展 「Y式」

八幡の街を歩いていると、屋根の連なりに目が行く。年月を経た渋い屋根瓦が左へ右へと幾層にも重なっている様には何とも言えない味わいがある。注意して眺めると、それらは増築を繰り返した家である。僕はそれらを「Y式」と勝手に命名することにした。
僕の関心は主に造形的な美しさだが、これらの家々は製鉄で繁栄した昭和の時代を確かに生きていた。筑豊石炭の終着点であった八幡。
この展覧会では八幡に住む人々の家族アルバムをお借りして、およそ50年前の写真もあわせて展示する。それらを眺めていると、個人的な記録のために撮った写真が個人を越えて生きていることを感じる。“時間”の表現としてこれ以上の方法はないのかもしれない。
僕が今回撮影した写真の50年後を思いながら、いま展覧会の準備をしている。

2017.7.14
鷹野隆大


詳しくは>>


■展覧会情報
「Y式」
会期:2017 年 8月 19日(土)- 10月 22日(日)
会場:Operation Table (福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18)
営業時間:土・日曜日 11:00-18:00 *平日は予約制:090-7384-8169

オープニング・レセプション
2017年8月19日(土)17:00-
参加費:1,000円




TOP ↑

2017.7.21

山城知佳子 「土の人」写像展 / 映像作品上映会

山城知佳子が沖縄にて個展と作品上映会を開催いたします。

■展覧会情報
「土の人」写像展
会期:2017年7月22日(土)- 8月5日(土)
会場 : ちいさな絵本屋 Polaris(名護市屋部37番地 にじ公園前)
営業時間:10:00-17:00
休日:7月25日(火)、7月26日(水)、7月31日(月)、8月2日(水)

■オープニングパーティー:2017年7月22日(土)19:00-21:00


■映像作品上映会
2017年8月6日(日)
会場:名護市立中央図書館AVホール
上映会予約:ちいさな絵本屋Polaris tel: 080-6485-3739

<第1部>
開場:13:00 開演:13:30
入場料:中学生以上 1,000円 / 小学生 500円 / 未就学児 無料
上映プログラム:「ノーラ・チッポムラ in 沖縄」(85分 / 2015年)
※トークショー 約30分

<第2部>
開場:16:00 開演:16:30
入場料:中学生以上 1,000円 / 小学生 500円 / 未就学児 無料

上映プログラム:
「あなたの声は私の喉を通った」(7分 / 2009年)
「沈む声、紅い息」(6分 / 2010年)
「肉屋の女」(27分 / 2012年)
「土の人」(23分 / 2016)
※トークショー 約30分


詳しくは>>

TOP ↑

2017.7.11

吉田志穂 Shiho Yoshida
砂の下の鯨

吉田志穂が、hpgrp GALLERY TOKYOにて個展を開催いたします。


©Shiho Yoshida, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


■展覧会情報
「砂の下の鯨」
会期:2017 年7月14日(金)- 7月29日(土)
会場:hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
開廊時間:12:00~20:00
休廊日:毎週月曜・毎月最終日曜日
協力:Yumiko Chiba Associates

オープニングレセプション :2017年7月14日(金)19:00-21:00

トークイベント
吉田志穂 x 梅津元(埼玉県立近代美術館主任学芸員)
日時:2017年7月22日(土)19:00-20:00
会場:hpgrp GALLERY TOKYO(東京)
*入場無料、予約不要

詳しくは>>

-

Shiho Yoshida in “SUNA NO SHITA NO KUJIRA” at hpgrp GALLERY TOKYO.

■Exhibition Information
“SUNA NO SHITA NO KUJIRA”
July 14 (Fri) – July 29 (Sat), 2017
Venue: hpgrp GALLERY TOKYO
Closed: Monday and Every Last Sunday

Opening Reception: July 14 (Fri) 19:00-21:00

More Information>>

TOP ↑

2017.7.8

Jiro Takamatsu: The Temperature of Sculpture


Jiro Takamatsu, ‘The String in the Bottle No.1133′(1963-85)
©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy Yumiko Chiba Associates / Stephen Friedman Gallery / Fergus McCaffrey



■Exhibition Information
“Jiro Takamatsu: The Temperature of Sculpture”
July 13 (Thurs.) – October 22 (Sun.) 2017
Venue: Henry Moore Institute, Leeds, UK
More Information>>


■Talk Event
“THE LIFE AND WORK OF JIRO TAKAMATSU”
Yumiko Chiba (Representative Director of Yumiko Chiba Associates and the Estate of Jiro Takamatsu)
(Preceded by an introduction by Lisa Le Feuvre, Head of Sculpture Studies, Henry Moore Institute)
July 13 (Thurs.) 2017 from 6:30pm
Venue: The Art Workers Guild, London, UK
More Information>>

*Booking:
This event is free to attend but booking is essential. To book your place via Eventbrite,
please visit:jiro-takamatsu.eventbrite.co.uk


■Other Information
“HI-RED CENTER – THROUGH PHOTOGRAPHS AND WORKS”
PartⅠ: June 23 (Fri.) – July 13 (Thurs.) 2017
PartⅡ: July 15 (Sat.) – August 5 (Sat.) 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku, Tokyo, Japan
More Information>>

ANNUAL PROJECT
“HI-RED CENTER: THROUGH PHOTOGRAPHS”
July 15 (Sat.) – August 19 (Sat.) 2017
Venue: Kayne Griffin Corcoran, Los Angeles, USA
More Information>>

TOP ↑

2017.6.9

ハイレッド・センター
Hi-Red Center – through photographs and works -


『山手線のフェスティバル』ドキュメンタリー写真、1962年、ゼラチン・シルバープリント、27×32.5cm
撮影: 村井督侍


2017年6月23日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、ハイレッド・センター展を開催いたします。

ユミコチバアソシエイツでは、毎年高松次郎の命日に合わせて高松が行ってきた制作活動を紹介し続けてきました。
本年は、高松次郎が作家として制作を開始した初期に、自身の作家活動と同時に行ったハイレッド・センターによる活動の一部を紹介します。

ハイレッド・センターというグループ名は、それぞれの姓の頭文字であるの「高」=「ハイ」、「赤」=「レッド」、「中」=「センター」を組み合わせてつけられました。正式な結成は、1963年5月の「第5次ミキサー計画」とされていますが、実質的にはその活動は前年12月の「山手線のフェスティバル」の頃より開始されていたと言えましょう。ハイレッド・センターとして行われた期間は63〜64年と短い間ではありましたが、「第6次ミキサー計画」「不在の部屋」「ロプロジー」「シェルター計画」「大パノラマ展」「ドロッピングイベント」「首都圏清掃整理促進運動」などのイベントを次々と実現していきました。
秘密結社的な匂いをまとった行動の一方で、銀座の路上やJRの電車の中やホーム、駅周辺といった公的な場や機関を利用したり、ホテルやビルの屋上などの日常的な場所で非日常的な行為を行ったりと、美術ジャーナリズムだけでなく当時の新聞や一般誌などにも取り上げられ、社会の注目を集めました。ハイレッド・センターと名乗っていましたが、メンバーは流動的で高松・赤瀬川・中西の他に和泉達もメンバーとして活動を共にしており、イベントごとに新たにメンバーが加わることもありました。
彼らの活動は、こうして行ったイベントや行動により、それが芸術か否かという事を制度的に問いかけるものであり、作家と観客との関係性を問い直すものでもありました。

今回、ユミコチバアソシエイツでは展示を2期に分け、前期ではドキュメントフォト、後期では同時期に高松、赤瀬川、中西が制作した作品を展示致します。是非ともご高覧くださいませ。

プレスリリース>>


「ハイレッド・センター」
前期:2017年6月23日(金)- 7月13日(木)
後期:2017年7月15日(土)- 8月5日(土)
定休日:日、月、祝日 ※7月14日(金)は展示替えのため休廊
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)
出展作家:高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之
*レセプションパーティーは開催いたしません。
協力:gallery21yo-j、双ギャラリー

-

“Hi-Red Center – through photographs and works -”
Part1: June 23 (Fri) – July 13 (Thu), 2017
Part2: July 15 (Sat) – August 5 (Sat), 2017
*No opening reception will be held.
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays and July 14.
Cooperation: gallery21 yo-j, SOH GALLERY

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present Hi-Red Center – through photographs and works from Friday, the 23rd of June, 2017.

For years, Yumiko Chiba Associates has held an annual show of Jiro Takamatsu during the span of weeks including the anniversary of the artist’s death, to introduce the artistic activities that he engaged in in his life time. This year, the gallery will trace some of his activities that he has done with an artistic group named Hi- Red Center in the early years of his career, when he was also creating his works individually on his own.

The group name ‘Hi-Red Center’ had its origin in the surnames of its three members: Takamatsu, Akasegawa, and Nakanishi. The first
Chinese character of the three names respectively had the meaning of: high (taka), red (aka), and center (naka.) Hence, the name
Hi-Red Center. Although they were officially formed in May of 1963, with the implementation of The 5th Mixer Plan, it may well be said that
their activities had actually already started in the December of the previous year, around the time of Yamanote Line Festival. During the
short period from 1963 to 64 that the group existed, it successively realized the performative events such as: The 6th Mixer Plan; Room in
Alibi; Roplogy; Shelter Plan; Grand Panorama; Dropping Event; and Be Clean! Campaign to Promote Cleanliness and Order in the
Metropolitan Area.

While having an air of a secret society about them, they on the other hand have often had their performances in public places and facilities such as streets in Ginza, inside the train, the railway stations and their surroundings. They performed extraordinary actions in ordinary settings such as hotels or building roof tops, and were consequently reported by the newspapers and magazines besides art journalism to gather public attentions. Despite the name Hi-Red Center, the group had other members involved including Tatsu Izumi, and sometimes accepted additional members for new projects. The events and actions that they organized were the ones that questioned their own validity as art from the perspective of its system. Furthermore, they also reconsidered the relationship between artists and audiences.

The show consists of two parts. The part I which starts from June 23 and ends on July 13 presents documentary photographs of Hi-Red Center; the part II which starts from July 15 and ends on August 5 presents works that Takamatsu, Akasegawa, and Nakanishi respectively created during their Hi-Red Center years.




TOP ↑