2018.2.17

今井祝雄/ 金氏徹平/ 木下佳通代/ 高松次郎/ 田中敦子/ 渡辺泰子
Norio Imai/ Teppei Kaneuji/ Kazuyo Kinoshita/ Jiro Takamatsu/ Atsuko Tanaka/ Yasuko Watanabe
象る、象られる。 Giving shapes to ideas

2018年3月3日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、「象る、象られる。」を開催いたします。


©Norio Imai, courtesy of Yumiko Chiba Associates


ドローイングは、英語のdraw(引く)から来ており、線を引くことを意味します。
デザインや設計の世界では、製図、図面などの意味で、美術用語としては、一般にデッサンや素描と同じ意味で使われてきましたが、どちらも同様なのは、何等かの目的のために計画的に行われ、何かの下絵となっていることです。

線を引くという行為によって描かれたものは全てドローイングと言えますが、本展で展示されるドローイングは、目的のために描かれたものではなく、それぞれの作家が頭で思い描いたもの、目には見えないものを、空間に象ろうとする行為によって現れたものです。

それは、本質を抽象的に捉えながら、物事を形象化しようとする試みであり、彼らが思考した証拠を残すことでもあります。ドローイングそのものが、そうした行為の印なのです。

本展では、今井祝雄、金氏徹平、木下佳通代、高松次郎、田中敦子、渡辺泰子がドローイングという行為によってその思考をどう象ったかを、ぜひご覧ください。


■グループ展 「象る、象られる。」
展示作家:今井祝雄、金氏徹平、木下佳通代、高松次郎、田中敦子、渡辺泰子
会期:2018年3月3日(土)- 3月31日(土)
   ※レセプションパーティーは開催致しません。
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #206
   営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝

プレスリリース>>

-

■Group exhibition
Giving shapes to ideas
Saturday, March 3–Saturday, March 31, 2018
*No opening reception will be held.
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Gallery Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present an exhibition titled Giving Shapes to Ideas from Saturday, March 3, 2018.

The word ‘drawing’ comes from the verb ‘to draw’ which implies the action of drawing lines. In the world of design and architectonics the term was used to mean either the action of drafting or the plan that resulted from it. In fine art, it has generally been used as a synonym for ‘rough sketch’. In either case, drawings were understood as preliminary sketches executed as part of a plan to produce a final work.

Everything that is created by the act of drawing lines can be considered as drawing. The drawings shown in our current exhibition were not executed with the purpose of realizing a final product. They appeared in this world as a result of each artist’s attempt to cast in space invisible images that they envisioned in mind.

This attempt was about giving shapes to things, while grasping their essence abstractly. At the same time, it was also about leaving the evidence of their thinking. The drawings are the marks of such activities of theirs.

This exhibition will present how the artists, Norio Imai, Teppei Kaneuji, Kazuyo Kinoshita, Jiro Takamatsu, Giving shapes to ideas Atsuko Tanaka, and Yasuko Watanabe gave shape to their thoughts through the act of drawing.

TOP ↑

2018.2.13

鷹野隆大「欲望の部屋」
Ryudai Takano “Desire Room”

2018年2月23日(金)より鷹野隆大がAYUMI GALLERY CAVEにて個展「欲望の部屋」を開催いたします。
本展では、2011年以降、鷹野が本格的に取り組んできた「影」シリーズの最新作として、鑑賞者に作品に参加していただく、ライブ・インスタレーションを行います。6日間限りとなる新たな試みに、ぜひご来場ください。


「15.07.22.#33」(シリーズ「光の欠落が地面に届くとき 距離が奪われ距離が生まれる」より、2015年)©Ryudai Takano, Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon


■展覧会情報
鷹野 隆大 「欲望の部屋」
2018年2月23日(金)- 2月25日(日)、2018年3月2日(金)- 3月4日(日)
開廊時間:16:00-19:00
(15分毎入替制 ※当日の状況により、ご入場をお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。)
会場:AYUMI GALLERY CAVE (※東京都新宿区矢来町114高橋ビルBF2)
協力:Yumiko Chiba Associates

詳しくは>>


■作家コメント

自然界において、光の遮られた部分は影として現れる。
どこにでもある当たり前の現象である。

そんな影が気になり出したのは2010年ごろから。決定的だったのは2011年、足元が大きく揺れ、放射能が大量散布され、なにをどうすればいいのかわからない混乱した日々のなかで、ふと足元にまとわりついて来る“黒いもの”が目に入ったときだった。自然界において、光の遮られた部分は影として現れる。
僕は小動物かなにかを踏んだのかと思い、驚いて飛び退いたが、よく見ると自分の影だった。小動物と勘違いしたのは、自分の動きと無関係な動きをしているように見えたからだった。
以来、自分の影は自分の一部ではなく、自分が飼っている動物か何かのように感じている。影をカメラに収めるようになったのは、こうした不思議さからだった。

カメラを絵筆のように使う人は多い。しかし僕は記録装置だと考えている。それは外界を記録するのみならず、正しく扱えば撮り手の意識さえも記録する。その優秀さゆえに僕はカメラを使って様々な試みをしてきた。影を撮ることは、影が表すものを探るのと同時に、影が与えるものを探ることでもあった。
この探求で得た結果のひとつは『光の欠落が地面に届くとき 距離が奪われ距離が生まれる』という作品シリーズにまとめたが、その過程で徐々に高まって来たのは、影のしっぽをつかんでみたいという欲求だった。
カメラで捉えた影は、どんなによくできていても「影の写真」である。しかし影の表象ではなく、影そのものを捉えること。それができたときに見えてくるものは何だろう。

今回、展示室に残る影は、影を表現したものでも影の代替物でもなく、影そのものである。数分間ではあるが、それは持ち主を離れ、客観物としてある。
「私は私の手を所有している」とは言わないように、「私は私の影を所有している」とは普段なら思わないだろう。しかしこうして自分の影が客観物として残された状態を目にしたとき、影を所有する感覚を抱かないだろうか。

影、所有、欲望。
この展覧会ではそのあたりについて考えてみたい。

2018年2月 鷹野 隆大

-

A solo show of Ryudai Takano, “Desire Room” will be held at AYUMI GALLERY CAVE from Friday, February 23, 2018.
The show will present the latest piece of Takano’s Shadow Series he has been energetically working on since 2011: a live installation inviting participation by audience.
It is only a 6-day featuring. Please do not miss Takano’s newest work.


■Ryudai Takano “Desire Room”
February 23 (Fri) – 25 (Sun), 2018 / March 2 (Fri) – 4 (Sun), 2018
Venue: AYUMI GALLERY CAVE(Takahashi Bldg., BF2, Yaraicho 114, Shinjuku-ku, Tokyo 162-0831)
Gallery Hours: 16:00-19:00 (Changeover every 15 minutes *Please be reminded that you may be requested to wait at the entrance, due to the live installation.)
Cooperation:Yumiko Chiba Associates

More Information>>


■Statement

In the natural world an area blocked from light appears as shadow.
This is a very commonplace phenomenon found everywhere.

It was around the year 2010, when I started becoming interested in shadows.
The most decisive time came in 2011 when I was at a total loss about what to do, during the days of confusion following the big quake of the ground I was standing on and the release of massive amounts of radiation. I saw some black thing clinging to my feet.
I thought I had stepped on a small animal or something and jumped back out of surprise, but when I carefully looked at it, I realized that it was my own shadow. The reason why I mistook it for a small animal was because its movement seemed unrelated to my own.
Ever since then, I feel as if my shadow is not part of myself but my pet animal or something of that sort. Such strange feeling that I came to have toward shadows was the reason that I started taking pictures of them.

A lot of people use camera like a paint blush. However, I consider camera as recording device. It not only records the external world, but if used properly, will also record photographers’ internal mind. I have done various experiments using camera because of their merit.
For me, photographing shadows were as much about finding out what they give as about finding out what they represent. One of the findings from this search of mine is presented in my photographic series titled ‘When the absence of light touches the ground Distance is lost and distance created’ In the process of the search, my desire to capture shadow gradually increased. The shadows that I capture with my camera are after all ‘the photographs of shadows,’ however well represented they are. Then, what will we discover when we succeed to seize the shadow itself instead of its representations?

The shadows that will remain on the gallery’s walls in this show will not be representations of real shadows or their replacements, but they are themselves shadows. Although their duration time is only for several minutes, the shadows will be separated from the objects which cast them to become independent objects. As much as we don’t say “I possess my hand,” we also don’t usually think “I possess my shadow.” However, when we see our shadow left as an object in front of us, will we not feel a sense of possession toward it?

Shadow, possession, and desire.
Through this exhibition, I would like to explore and contemplate on such kind of subjects.

February 9, 2018
Ryudai Takano

TOP ↑

2018.2.3

植松琢麿 Takuma Uematsu
あなたが[  ]ほしい i want you[to x]

植松琢麿が林勇気やデザイナー・プロデューサーの後藤哲也、キュレーターの小林公と継続的に展開しているアートプロジェクト「あなたがほしい i want you」の展覧会に参加いたします。




■展覧会情報
「あなたが[  ]ほしい」
2018年2月21日(水)- 3月31日(土)
会館時間:平日11:00-19:00 / 土日祝10:00-18:00 ※火曜日休館
会場:あまらぶアートラボ「A-Lab」(尼崎市西長洲町2-33-1)
入場無料
詳しくは>>

■アーティストトーク
2018年2月24日(土) 15:00-
定員:当日先着30名(申込不要)
出演者:植松琢麿、後藤哲也、小林公、林勇気
内容:今回の展覧会に至るプロセスや作品の内容についてトークをいたします。

■青葉市子ミニライブ
2018年2月24日(土)18:30-
定員:50名(申込必要)
参加費無料
※申込方法等、詳細はイベントページでご確認ください。
http://www.ama-a-lab.com/event/


主催:尼崎市
協力:ベイ・コミュニケーションズ

TOP ↑

2017.12.28

大島 成己 Naruki Oshima
Tableau╱Bibémus: with Cezanne

2018年1月19日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、大島成己個展“Tableau╱Bibémus: with Cezanne”を開催いたします。


©Naruki Oshima, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2011年より大島が精力的に制作しているシリーズ“haptic green”は、被写体への焦点距離を変化させて撮影した数百枚のカットをコンピューター上で格子状に繋ぎ合わせ、一枚の写真として再構成することで奇妙な風景を作り上げました。「木の部分」を視る近い距離と、「全体の木」を視る遠い距離、遠近二つの距離感を混在させ、その両者の振幅のなかで「木」が曖昧に現れることにより、私たちの空間認識は揺さぶられ、未知の視覚体験がもたらされます。このように、視ることを通して、固定化された意味が反復される日常世界から私たちを解放し、外の世界との新しい関係を構築することは、大島作品に通底する重要なコンセプトの一つです。
 そういった作品を制作していく過程の中で、傍には常にポール・セザンヌの存在があったと大島は言います。多視点を用いて、事物を新鮮な眼差しで捉え直しキャンバスに描いたセザンヌの絵画は、大島に大きな示唆を与えてきました。
本展では、“haptic green”シリーズの新作として、後年セザンヌが制作現場とした南仏のエクサプロバンスに赴き撮影をした作品を展示致します。セザンヌが描いた石切場の作品と同じ構図で撮影をしたオマージュとなる作品をはじめ、独自にセザンヌを解釈し、その思考を「写真」を通じて継承できないかと検証したプロジェクトの成果を、是非ともご高覧ください。
 尚、展覧会のオープニングに合わせ、同様に写真を用いてサント=ヴィクトワール山やセザンヌのアトリエを主題とした作品を制作している写真家の鈴木理策氏をゲストにお招きし、作家とのトークイベントを予定しております。合わせてご案内致します。


■大島成己 個展”Tableau╱Bibémus: with Cezanne”
会期:2018年1月19日(金)- 2月17日(土)2月24日(土) ※好評につき会期を延長しました。
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)

■オープニングレセプション
日時:2018年1月19日(金)19:30-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)

■トークイベント※定員に達しましたので受付を終了しました。
日時:2018年1月19日(金)18:30-19:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)
登壇者:大島 成己 × 鈴木 理策(写真家)
※事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

プレスリリース>>

-

■Naruki Oshima solo exhibition
Tableau/Bibémus: with Cezanne
Friday, January 19 – Saturday 17Saturday 24, February 2018
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Gallery Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■Opening Reception
From 19:30 to 20:30 on Friday, January 19, 2018.
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■ A talk between Naruki Oshima and Risaku Suzuki
From 18:30 to 19:30 on Friday, January 19, 2018.
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Speakers: Naruki Oshima and Risaku Suzuki, photographer
*Free admission. Reservation required.

For booking:
*Please send an email titled ‘Booking for the talk on January 19’ to event@ycassociates.co.jp .
The message body must include the names and the number of people who wishes to attend, and the contact telephone number.
*The first twenty people to send us an email to book will be admitted to the event.
*If you do not receive a reply from the gallery, please contact us during the gallery hours.

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present Tableau/Bibémus: with Cezanne a solo show of Naruki Oshima from Friday, January 19, 2018.
 In haptic green series that Naruki Oshima has been working on energetically since 2011, the artist has created singular landscapes by joining several hundreds of photographic shots of a subject that were taken with different focal length into a grid on computer screen so as to recompose them as a single photograph. Within these works, Oshima mixed the two kinds of different distances. They are a short and a long one respectively from the eyes to the details of a tree and to the whole image of it. Amidst our visional swing between the short and long distances, the image of the tree ambiguously appears and questions the way of our usual spatial cognition, thereby generating an unknown visual experience. Hence, through the act of seeing, Oshima’s works liberate us from the daily routine that keeps on repeating the fixed meanings to lead us to construct a new relationship with the surrounding world. This is an important element running through all of Oshima’s works.
 Oshima says that he always had the art of Paul Cezanne in his mind while he was working on the series. Paintings by Cezanne, which employed multiple perspectives to recapture objects with the fresh eyes, have had a large influence on Oshima.
This exhibition will present new works of the haptic green series that Oshima photographed in Aix-en-Provence in Southern France, the place where Cezanne produced his tableaux in his late years. The exhibits that include the work which paid homage to Cezanne by following the composition of his painting of the quarry are fruitful outcome of Oshima’s project that interpreted the art of Cezanne in an original way and examined whether he can succeed the master’s idea using the medium of photography.
 In conjunction to the opening of the exhibition, the gallery is inviting a photographer Mr. Risaku Suzuki, who has
also created photographic works on the subjects of St. Victoire Mountain and the Studio of Cezanne, for a talk
with Oshima.

TOP ↑

2017.12.27

冬期休廊のお知らせ
Season’s greetings from Yumiko Chiba Associates

本年中に賜りましたご厚情に深く御礼申し上げます。
来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuは12月29日(金)から1月8日(月)まで冬期休廊いたします。
1月19日(金)より、大島成己 個展「Tableau╱Bibémus: with Cezanne」を開催いたします。ぜひご高覧ください。


We would like to express our gratitude for your continued support.
Wishing you a happy holiday season and a New Year of peace and prosperity.

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will be closed for the winter holidays from December 29 through January 8, 2018.

TOP ↑

2017.12.21

冨井 大裕 Motohiro Tomii
個展「関係する/Interact」

冨井 大裕「関係する/Interact」(Rondade刊 〈http://www.rondade.jp〉)の発表に合わせ、作品集の中からmethodスタッフの視点で選ばれたイメージと冨井の作品を並列に展示し、作品と場、選択と配置など関係性を改めて可視化します。



■展覧会情報
「関係する/Interact」
会期:2018年1月11日(木)-1月27日(土)12:00 ~19:00 *日曜日は閉廊
会場:(PLACE) by method (〒150-0011 東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14)
http://wearemethod.com
主催:method inc.
協力:ユミコチバアソシエイツ

■オープニングパーティ
2018年1月12日(金)19:00-21:00

■トークショー(作家と作品選者による作品解説)
2018年1月27日(土)17:00-19:00


TOP ↑

2017.11.8

Paris Photo 2017

Yumiko Chiba Associates is please to announce our participation in Paris Photo 2017.

November 9-12, 2017

Booth No. D10


Collage:
The multidimensionality of reality and images

Kanji Wakae/ Norio Imai/ Masafumi Maita/ Katsuro Yoshida/ Kazuyo Kinoshita/ Kosuke Kimura/ Eikoh Hosoe/Kazuo Kitai/ Ryudai Takano

*Kazuo Kitai’s Teiko/Resistance, and Somehow Familier Places are selected by Paris Photo 2017′s Guest of Honour for Paris Photo by Karl Lagerfeld and Somehow Familier Places by J.P. Morgan Curator’s Highlights.

Press Release (En) >>



(c)Masafumi Maita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


■Paris Photo 2017
Venue: Grand Palais, Paris
Date and Time: Nobember 9-12, 2017
Public opening hours:
Noon – 8pm from Thursday, November 9th to Saturday, November 11th
Noon – 7pm on Sunday, November 12th

http://www.parisphoto.com/paris

TOP ↑