山本 渉 「プラタナスの観察」
Wataru Yamamoto “Plane Tree Observations”  

Yumiko Chiba Associates The Summer Show
山本 渉「プラタナスの観察」
キュレーション:ダン・アビー(写真研究)

■会期
2013年7月26日(金)― 8月10日(土)12:00-19:00(休:日、月、祝日)

■オープニングレセプション
2013年7月27日(土) 18:00 – 20:00

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


(C)Wataru Yamamoto

2013年7月26日(金)より、ユミコチバアソシエイツの夏の企画展として、
ダン・アビー氏のキュレーションによる山本渉の個展「プラタナスの観察」を開催いたします。
——————————————————————————————————–


山本渉(1986年生まれ)は、その実験的手法により、日本の若手写真家の中でも異彩を放つ存在です。山本はこれまで様々な表現形式を用いて作品を制作してきましたが、それらにはすべて共通する探求の精神がみられます。対象物を捉えようとする写真作品は数多く見られますが、山本はむしろ“仲介者”として、対象物の一定の変化や状況を映し出すことにより、作品を制作しています。

原生林の中でセルフポートレートを撮影する作品シリーズ「線を引く」では、非常に長いケーブルレリーズを使用していますが、これは写真を構成するうえで重要な要素となっています。このような彼の表現形式は、70年代における日本や西洋の実験的な写真家を彷彿とさせるものがありますが、これらの多くの写真家がスタジオという制限された環境下で作品を制作していたのに対し、山本は自然の観察と表現に強い関心を抱いており、今回の個展にはそれが示されています。

本展で紹介する作品はキルリアン写真です。山本は、高電圧の電気を被写体にかけて印画紙に感光させるこの手法でプラタナスの葉を撮影し、内部組成を映し出しています。これにより、作品に亡霊の様な印象をもたらすと同時に、通常眼には見ることのできない個々の葉の変化を可視化させています。

本展では、写真作品とともにドローイングも展示いたします。「プラタナスの観察」は日本の現代の写真の枠を拡げる若手写真家の成長を知る良い機会となるでしょう。

2013年6月 ダン・アビー(写真研究)

■作家コメントおよびプロフィール等、詳細はプレスリリースにてご確認ください。
Press Release(JP)>>

=======================

Yumiko Chiba Associates The Summer Show
Wataru Yamamoto ”Plane Tree Observations”
Curated by Dan Abbe


July 26 (Fri) – August 10 (Sat), 2013
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will present a solo exhibition of Wataru Yamamoto’s work “Plane Tree Observations,” from July 26 to August 10, 2013.

——————————————————————————–

Wataru Yamamoto (b. 1986) is a young Japanese photographer who stands out for his experimental technique. Although each of Yamamoto’s projects to date have been executed in quite different ways, they share a common spirit of inquisition. We are accustomed to seeing the work of photographic “hunters,” but Yamamoto is more of a mediator; he sets up certain variables or conditions which determine the content of his images. In a different project, “Drawing a Line,” he took self-portraits in the middle of a forest using an extremely long cable release, which became an important element in the composition of the photograph. This performative quality places Yamamoto quite close to both Japanese and Western experimental photographers of the 1970s.

While many of these earlier experimental photographers produced their work in the studio, under more or less controlled conditions, Yamamoto is particularly interested in observations and representations of nature. This interest is clear in the work he’s presenting at Yumiko Chiba Associates, “Plane Tree Observations.” This project consists of Kirlian photographs, which are produced when a high-voltage electric charge is shot through an object onto photographic paper. Here, Yamamoto has made Kirlian photographs from plane tree leaves, which leave ghostly impressions that reflect their internal composition. This process makes visible the normally invisible variation between individual leaves.

Yamamoto will exhibit these photographs along with drawings related to the project. “Plane Tree Observations” represents an opportunity to see the development of a young photographer who is expanding the range of contemporary Japanese photography.

Curated by Dan Abbe

■For futher information, please refer to the Pless Release.
Press Release(EN)>>