山本 渉 「しみ そめ しわ」
Wataru Yamamoto ”SHIMI SOME SHIWA”


(C)Wataru Yamamoto, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


2016年1月23日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、山本渉 個展「しみ そめ しわ」を開催いたします。

山本渉は、これまで写真を媒体に多岐に渡る作品展開をしてきました。
熊野古道の原生林の中で、旧道の道なき道をたどりながらセルフポートレートを撮影した「線を引く」、一見美しい彫刻のように見えるが、実は男性用の自慰道具の内部に石膏を流し込み型取りした立体物を撮影した「欲望の形」、 降り注ぐ太陽の暖かさをピンホール技術を用いて視覚情報化した「春/啓蟄」など、自己の体験を通じ、様々なアプローチでそれぞれ異なる表現の作品を発表してきました。
しかしながらその本質は一貫して、多様に変化する人間の精神的なイメージとしての自然を記録しようとする試みです。

新作は支持体を印画紙から布に変え、日光写真の技法を用いたものです。
制作のきっかけは、2011年の原発事故後に福島第一原発から約280km離れた神奈川県にある山本の自宅に面した公園で強い放射線量が計測されたというニュースでした。陽当たりがよく心地よい風の吹く公園から、ある日子供が消えるーそれまでそこにありながら意識されなかったものを形として残すために、山本は人の影そのものではなく、着用した時の服のしわを痕跡として残すことを考えました。

まず始めたのは衣類に感光液をしみこませ、日光にさらすことで着用者の影を捉えることでした。そして、個々のしぐさやくせがそれぞれの体型に応じた影を作り、服の内側から滲んだ汗が像となるのを見るうちに、太陽によって成立する、支持体としての布と記録媒体である感光液との関係にも注目するようになります。

身体の影や汗が密着露光された衣服上には、身近にありながらそれまで意識して感じることのなかった、未知のリアリティが現れます。それこそが、山本のいうところの“視覚情報化”された自然の形象なのでしょう。

また「日の丸」を想起させる丸いしみの中にみえる山脈の鳥瞰図のようなしわの像は、大地の亀裂とも読み取ることができます。これは、昨今の社会状況に対する山本からの皮肉なメッセージにも受け取れるかもしれません。

今回の個展に合わせ、石川卓磨氏(美術家/美術評論)をゲストに迎え、トークイベントを開催致します。

この機会に是非ともご高覧ください。


プレスリリース(JP)>>


■山本渉 個展「しみ そめ しわ」
会期:2016年1月23日(土)- 2月27日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2016年1月23日(土)17:00-18:00 ゲスト:石川 卓磨(美術作家、美術批評)
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制 参加費:無料
※詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

■オープニングレセプション
日時:2016年1月23日(土)18:00-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 


■関連情報
代官山 北村写真機店にて開催される山内宏泰氏のトークイベント「写真を読む夜」に山本渉がゲスト出演致します。

日時:2016年2月5日(金)20:00-21:30
会場:代官山 北村写真機店
共催・協力:山内 宏泰(ライター)
定員:40名(着席25名・立見15名)


【参加方法】
北村写真機店の店頭、もしくはお電話(03-5728-3958)にてご予約をお願い致します。
お席へのご案内は、ご予約の先着順とさせて頂きます。
お席に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。
※受付は開始30分前の19時30分から承ります。


【対象商品】
参加費:1,000円(税込)
※カウンターにてお支払いいただきます。
※立ち見の場合は500円(税込)となります。


詳しくは>>



Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from January 23, 2016, a solo exhibition Shimi Some Shiwa
by Wataru Yamamoto.

Wataru Yamamoto has featured various works through the medium of photography till now.
Drawing a Line in which he took a self-portrait, going along a trackless road of the old road in the primeval forest of Kumano Kodo, Wakayama, Form of Desire, seemingly a beautiful sculpture but actually a solid object made by pouring plaster into a man’s masturbation tool and molding it, and Spring in which the warmth of the shining sun was visualized with a pinhole technique. Each of these differently-depicted works has been presented in a different way of approach, relying on Yamamoto’s self experience. However, the core of them is consistently his attempt to record nature as an emotional image of human beings varying in many ways.

In his new works, Yamamoto used a cloth as substrate instead of photographic paper with a technique of cyanotype. What motivated him was one news: in 2011 after the nuclear accident in Fukushima, a high radiation dose was measured in a park in front of his house in Kanagawa about 280 kilometers far away from Fukushima Daiichi nuclear plant. Children would not be seen any more in that sunny and breezy park one day he imagined. He then thought about keeping human existence in some form which he had not particularly bothered before, and decided to preserve not human figures but wrinkles of human clothes which were worn as traces.

First, Yamamoto made a little part of clothes absorb sensitizing solution and exposed it to the sun. Then, he could capture the mark left by the people who wore the clothes. While seeing that each person’s mannerism or habit makes a shadow reflecting each body shape and that the sweat seeped from the inside of clothes makes an image, he became also interested in the relationship between a cloth as substrate and sensitizing solution as record medium, which is formed by the sun.

The clothes, on which shadows and sweat were stuck and exposed, shows unknown reality which was familiar but could not be recognized. That is what Yamamoto meant “visualized” natural phenomenon.


The image of wrinkle like a bird’s-eye view of mountains seen in the round imbued part reminds of the Rising Sun flag and moreover could be read as a crack of the earth. This may be regarded as a sarcastic message from Yamamoto on the recent social situation.

Simultaneously with the exhibition, a talk event will be held, inviting Mr. Takuma Ishikawa, Artist & Art Critic as a guest.

Press Release(En)>>


■Wataru Yamamoto solo exhibition ‘Shimi Some Shiwa’
January 23 (Sat) – February 27 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00 – 19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Talk Event
January 23 (Sat), 2016, 17:00-18:00
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
with Wataru Yamamoto & Takuma Ishikawa, Artist & Art Critic
Advanced booking required, Free of charge

For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp

■Opening Reception
January 23 (Sat), 2016, 18:00-20:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


■Related Information
Wataru Yamamoto will appear as a guest speaker in the talk event “Shashin wo yomu Yoru” by Mr. Hiroyasu Yamauchi held at Daikanyama Kitamura-Camera Shop.

Date: February 5(Fri) 20:00-21:30
Venue: Daikanyama Kitamura-Photo Shop
Admission fee: 1,000 Yen, Tax inclusive (500 Yen in case of standing room)
Seating capacity: 40 (Seating: 25, Standing: 15)
Presenter: Hiroyasu Yamauchi & Wataru Yamamoto
*Advanced booking required
Please book direct at Kitamura-Photo Shop or call: 03-5728-3958

For more detail>>