東恩納 裕一 Yuichi Higashionna
個展「 Ubiq 」

2014年3月6日(木)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、東恩納裕一個展“Ubiq”を開催いたします。


©Yuichi Higashionna, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

東恩納裕一は、日常のありふれた素材、特にインテリアに関連したモチーフを使用して、絵画、オブジェのみならず、空間への 独自のアプローチ/インスタレーションを行うアーティストです。
2001 年より継続して制作されている「シャンデリア」シリーズには、多数の蛍光管が使用されています(今回の新作には、初め て LED も併用)。戦後日本の家庭に広く普及したサークル型蛍光管は、白く明るい、フラットな光を好む日本/日本人のメン タリティー/感性を象徴しているように思えます。本シリーズは、この日本の“蛍光灯文化”に対して作家自身が感じるアンビバ レントな思いの表明と言えます。 また、今回発表される新作絵画は、窓の格子・ブラインドにインスピレーションを得た作品です。これらモチーフは、インテリア/ エクステリアの境界であると同時に、無意識に、私たちの認識の境界/私たちの認識を構成する環境として機能しているので はないか…、そして、表現を巡って、絵画にまつわる古くて新しい “抽象/具象”というテーマへの関心もそこに垣間見られま す。
2015 年には、NY のマリアン・ボエスキ−ギャラリーで、2 度目の個展の開催が予定されています。 本展では、シャンデリアや絵画のシリーズ、そして 2008 年以来、久々の発表となる映像作品など、新作の数々をご紹介いた します。ぜひ、ご高覧ください。


■会期
2014年3月6日(木)- 4月5日(土) 12:00-19:00(休:日、月、祝日)

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731

■オープニングレセプション
2014年3月8日(土)18:00‐20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

Press Release(JP)>>





Yuichi Higashionna “ Ubiq ”

March 6 – April 5, 2014
Opening Reception: Saturday, March 8, 18:00 – 20:00

Yuichi Higashionna “Ubiq”

March 6 – April 5, 2014
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


Yumiko Chiba Associates is pleased to present a solo exhibition by Yuichi Higashionna Ubiq from March 6, 2014.

Yuichi Higashionna creates not only paintings and objet but approaches space in fashion unique to himself . He carries out the installation with the use of ordinary and familiar materials, especially the motif related to the interior.

Lots of fluorescent tubes are used in the series of “Chandelier”that Higashionna has been continuously producing since 2001. He uses LED for the first time in his new works of this exhibition. The circle type fluorescent tubes, which became widespread in the Japanese houses after the World War II, symbolize the mentality and sensitivity of Japanese people who like white, bright and flat lights. And, Higashionna’s ambivalent sentiment toward this “fluorescent-oriented” culture is reflected in the Chandelier series.

Moreover, his new paintings have been inspired with latticework and blinds. It could be considered that these motifs divide the interior and the exterior, and at the same time they unconsciously function as the border of our recognition and the environment composing our recognition. Also, his interest in the old and new theme concerning paintings,” abstraction and concreteness” can be glimpsed in his expressions.

This exhibition will present Higashionna’s new works, the series of Chandelier and paintings as well as video work which will be presented after a long time since 2008.

■For futher information, please refer to the Pless Release.
Pless Release( EN) >>