シンポジウム :「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami

親指と中指、「笑いのツボ」を押すのはどっちだ?

イギリスを代表するアーティストの一人デイヴィッド・シュリグリーの来日にあわせ、ゲストにアーティストの加賀美健を迎えたトークイベントを開催します。
シュリグリーと加賀美、どちらの表現にも共通するのはすぐれた「笑い」のセンスです。そして、独特の(ひねくれた?)立ち位置から世界を眺めることで生まれるその笑いには、いつもある種の「批評」が含まれています。
二人には、アメリカのインディーズロックバンド「Deerhoof」のジャケットデザインをともに手がけているという共通項もあります。また、Tシャツのデザインにおいても素晴らしい仕事をしています(シュリグリーはユニクロなど、加賀美は自身のブランド〈C〉や、人気ブランドYAECA、BEAMS、ユナイテッドアローズなど)。さらにブックデザインに対する二人の並々ならぬこだわりも見逃せません。
彼らの表現は、尖がっています。尖がったセンスというのは、しばしば多くの人たちには受け入れられにくいものです。しかし二人はともに、美術館やギャラリーといった美術界での注目と同時に、マス・カルチャーのなかで、そのクリティカルな視点を決して失うことなく、成功を収めている稀有な存在です。そこにはきっと、ジャンルやメディアを軽快に、飄々と横断していくためのテクニックがあるはずです。いったいアーティストとは、トレンドを作るのか? トレンドを読むのか? それともトレンドに乗るのか?
アート、ファッション、音楽、本…、縦横無尽に話題が展開されること必至の2時間です。東京でのトーク開催は1度だけ、どうぞお見逃しなく。

2017年10月 三輪健仁


プレスリリース>>


■シンポジウム :「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
日時: 2017年10月31日(火) 18:00-20:00 (開場17:30)
会場:東京藝術大学上野校地 中央棟第一講義室 (〒110-8714東京都台東区上野公園12-8)
登壇者:デイヴィッド・シュリグリー、加賀美健
聞き手:三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)
※日本語通訳あり ※定員180名 (予約不要・無料・先着順)
主催:ユミコチバアソシエイツ http://www.ycassociates.co.jp/
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery
企画協力: MISAKO & ROSEN


■登壇者プロフィール
デイヴィッド・シュリグリー
1968年にイングランド北部のマックルズフィールドに生まれ、スコットランドで唯一の公立美術大学であるグラスゴー・スクール・オブ・アートを卒業し、現在はロンドンを中心に活動しています。2012年にはロンドン、ヘイワードギャラリーにてキャリア半ばでの回顧展「Brain Activity」を果たし、この展覧会を受け2013年度には英国在住作家に贈られる名高いターナー賞にノミネートされるなど、ポストYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)世代の代表的なアーティストの一人です。シュリグリーは、インスタレーションから絵画、彫刻、写真、映画、書籍、音楽と、様々なスタイルで作品を展開していますが、とりわけ日常生活のありふれた光景を機知に富んだ切り口で描いたドローイングと、写真、アニメーションはよく知られており、それらの作品には、駄じゃれ、ダブル・ミーニング、皮肉、厭世観など英国らしいユーモアのセンスがふんだんに盛り込まれています。

加賀美健(かがみ けん)
1974年東京生まれ。
現在も東京を拠点に制作活動を行う。
主な展覧会に、2016年「さよならジュピター」356 ミッション、ロサンゼルス(グループ展)、2015年「comedie concrète」MISAKO & ROSEN、東京(グループ展)、「Green」(企画:パピーズ・パピー)ホワット・パイプライン、デトロイト(グループ展)、2014年「ブロンズ・ワークス 2013 – 2014」MISAKO & ROSEN、東京(個展)、2013年「19516 kilometers from Milwaukee or 12126 miles」MISAKO & ROSEN、東京(グループ展)、「THE FUTURE IS STUPID 加賀美健・スコット・リーダー」グリーン・ギャラリー、ミルウォーキー(グループ展)「アートがあれば 2」東京オペラシティーアートギャラリー、東京(グループ展)、2006年「HOLLOWIEN」クリンジンガープロジェクツ、ウィーン(個展)がある。
加賀美は、日常で起こる出来事をジョーク的発想に変えて美術作品として発表してきました。これまでに、毎日の生活の中で当然のようにありふれた素材を使い、加賀美が日常から見つけてきた時事的な話題を組み合わせた彫刻を制作しています。作品に使われているほとんどの素材は、アメリカのどの街にもあるスリフトストアや東京の街角に良くあるリサイクルショップで見つけたアイテムです。使われなくなった物を取り扱うスリフトストアやリサイクルショップは、消費のせつない部分の象徴でありながら、加賀美健の作品を通してみると楽観的でポジティブなアイデアへと変容していきます。また近作は、美術の歴史の中で多く用いられてきた作品の素材をわざと使い、ごみや作品とならないはずのモチーフを無理矢理ブロンズ作品にしたシリーズなど美術史に言及したシリーズを多く手がけています。
ラジオ風番組「Ken Kagami のオールナイトすっぽんぽん」配信中 MISAKO & ROSEN Entertainment http://www.misakoandrosen.jp/entertainment/allnight/index.html

■聞き手プロフィール
三輪 健仁(みわ けんじん)
東京国立近代美術館主任研究員、立教大学非常勤講師。主な企画(共同キュレーション含む) に「Re: play 1972/2015―『映像表現 ’72』展、再演」(2015年)、「14 の夕べ」(2012年)、「パウル・クレー展―おわらないアトリエ」(2011年)、「ヴィデオを待ちながら―映像、60年代から今日へ」(2009年)など(いずれも東京国立近代美術館)。 最近の執筆に「ノンサイト―デス・ヴァレー」『ロバート・スミッソンの作品一覧|「プラスティック展」(1965年)から「ノンサイト展」(1969年)まで』(東京国立近代美術館、2017年)、「『アンチ・イリュージョン:手続き/素材』展における『映像』と『彫刻』の交差」『ニューヨーク――錯乱する都市の夢と現実(西洋近代の都市と芸術7)』(竹林舎、2017年)など。

-

Which one triggers your laughter, a thumb or a middle finger?

Yumiko Chiba Associates is pleased to announce a public talk by David Shrigley, one of England’s representative artists on the occasion of his visit to Japan, Ken Kagami, a young Japanese artist will join the event as guest speaker.
The artistic expressions by Shrigley and Kagami commonly share a fine sense of humour. There is always a certain ‘criticism’ included in in their sense of humour which generates from their unique and cynical perspectives.
They have both worked for an American indie-rock band Deerhoof to do a cover design for their music and both have done great T-shirt desgins. (Shrigley has designed for UNIQLO and other brands. Kagami has designed for his own brand 〈C〉, as well as for such popular brands like YAECA, BEAMS, United Arrows, and others.) Furthermore, their efforts in book designing also should not be overlooked.
Their expressions are edgy and edgy expressions are often not accepted by a large number of people. However, they are rare in that they are gathering the attention of the art world institutions such as museums and commercial art galleries, while also achieving big success within mass culture without ever losing their critical perspectives. They must have their own tactics to so easily and jauntily cross over different genres and media. Do artists create trends? Or do they forecast trends? Or do they ride on them?
Art, fashion, music, books…The exciting two-hour talk is sure to cover a broad range of topics. Please do not miss this rare chance because this event is going to be held only once in Tokyo.

October 2017 Kenjin Miwa


Press Release(En)>>


■Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami
Date: Tuesday, October 31, 2017, 18:00 – 20:00 (The door opens at 17:30.)
Venue: The Lecture Hall in the Central Building in the Ueno Campus of Tokyo University of the Arts (12-8 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo 110-8714)
Speakers: David Shrigley and Ken Kagami
Moderator: Kenjin Miwa (Curator of The National Museum of Modern Art, Tokyo)
*Consecutive Interpretation available during the session.
Seating Capacity: 180 (Available on a first-come-first-served basis, Reservation not required.)
Organiser: Yumiko Chiba Associates http://www.ycassociates.co.jp/
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery
Cooperation: MISAKO & ROSEN


■ Speakers’ Profile
David Shrigley
Born in Macclesfield in Northern England in 1968, David Shrigley graduated from the Glasgow School of Art, Scotland’s only public self-governing art school. He is currently based in London, and is actively engaged in various projects there.
In 2012, while still in his mid-career, David Shrigley had his retrospective show titled Brain Activity held at Hayward Gallery in London, which led him to be nominated for the renowned Turner Prize awarded to artists living in England in 2013. He is one of the representative artists in the generation of Post YBAs (Young British Artists). From installations to paintings, sculptures, photographs, films, books and music, Shrigley works in various media. He is especially known for witty drawings that capture ordinary scenes of daily life as well as for his photographic works and animations, which are full of puns, double meanings, irony and pessimism characteristic to English humour.

Ken Kagami
Born in Tokyo(1974.)Lives and works in Tokyo. Kagami creates artwork in which is the everyday is transformed into a joke; has been exhibiting sculptures which were produced using common materials found in everyday life, including up-to-date topics presented in mainstream media. Kagami typically scavenged nondescript thrift stores in the United States as well as so-called recycle shops in Tokyo.In such ordinary symbols of consumer culture, there exists a poignant ordinariness; however this is uplifted via a creative transformation of the ordinary into something more positive and optimistic. Kagami’ s recent works mine art history and its materials – starting with impoverished everyday items and humorously elevating them to the level of art via an alcehmical process of transforming them into bronze sculptures.

■ Moderator’s Profile
Kenjin Miwa
Curator in The National Museum of Modern Art, Tokyo (MOMAT). His recent curatorial projects include: “Re: play 1972/2015 | Restaging Expression in Film ’72” (2015, MOMAT), “14 Evenings” (2012, MOMAT), “PAUL KLEE: Art in the Making 1883-1940” (2011, MOMAT and The National Museum of Modern Art, Kyoto; co-curated with Yuko Ikeda and Wolfgang Kersten), “Waiting for Video: Works from the 1960s to Today” (2009, MOMAT; co-curated with Mika Kuraya). His recent essays include ‘Nonsite – Death Valley’ in Works of Robert Smithson exhibited: From “Plastics” (1965) to “Nonsites” (1969) (The National Museum of Modern Art, 2017).