鷹野隆大 Ryudai Takano
個展「2014年1月から比較的最近まで、撮影順に」

2014年10月28日(火)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、鷹野隆大の個展「2014年1月から比較的最近まで、撮影順に」を開催いたします。


(C)Ryudai Takano, Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon.

鷹野の写真を見ることとは、見ているモノがなんであるかが不確かになってくる、そうした経験の迎接である。 隠れていたものが暴露され現れるのではない。 現れていたのに見られてこなかったものが写真を通して視界を横切り、見るという行為そのもののなかに作動していた、見ることへの拒絶と否認が、潔く破棄されるのである。 見ることで視界から消されていたものたちが見る行為に抗うようにして、私たちのもとに帰ってくる。 それが、鷹野の写真が啓く時空である。

鷹野隆大+新城郁夫 「まなざしに触れる」より抜粋


鷹野は自らの撮影した写真を見返す時、撮影時には意図していなかった意外な発見をすることがあると言います。
「そこに写っている人や場所が生々しい実感と共に立ちあらわれてくる写真」こそが素晴らしいと著書「まなざしに触れる」の中で自身が述べているように、何ということもない日々の風景が一変して見えるようになるのは、見る者がその写真から何かを発見し、それまで自己に内在していたものが外へ開かれる瞬間でもあります。 その時にようやく写真は撮影者から離れ、他者として眼前に現れるのではないでしょうか。 それは近代的な視覚体験への抗いであると同時に、我々に「見る」ことへの問いかけを提示するものでもあります。

本展では、鷹野が1998 年から現在まで一日も欠かさず撮り続けている「毎日写真」のシリーズより、2014年に入ってから撮影された、日常の街並を写したカラー写真約40点を展示致します。

■個展
「2014年1月から比較的最近まで、撮影順に」 
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
会期:2014年10月28日(火)-11月29日(土) 12:00-19:00(休:日、月、祝日)

◆オープニングレセプション
日時:11月1日(土)18:00-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※オープニングレセプションは展覧会初日ではありません。お気を付け下さい。

Press Release(Jp)>>

——————————————————

Ryudai Takano
“In the order corresponding to shooting from January 2014 to recent date”

October 28 (Tues) – November 29 (Sat), 2014
Opening Hours: 12:00 – 19:00 (Closed on Sunday, Monday, National Holiday)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Reception: 18:00-20:00 Saturday, November 1
※Opening Reception will not be held on the first day of the exhibition.

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from October 28, 2014,
a solo exhibition In the order corresponding to shooting from January 2014 to recent date by Ryudai Takano.


To look at Takano’s photographs is to welcome and entertain an experience where you are not sure what you are looking at. It’s not that something hidden is disclosed and comes out.
Something, which came out but has not been seen, crossed a field of vision through a photograph, and refusal and denial, which were operating the act of looking itself, are clearly withdrawn.
Those which had been erased from the field of vision by looking will return to us as if resisting the act of looking. That is the time and space which are opened by Takano’s photographs.
          
Excerpt from “Manazashi ni fureru” by Ryudai Takano & Ikuo Shinjo

Takano says that he discovers something unexpected he did not intend at the time of photographing when he checks his works afterwards. In his book, Manazashi ni fureru, he is saying that “the very photograph where the person and the place appear with a fresh feeling” is really great. When you realize that daily and trivial scenery in a photograph seems to change completely, it is that moment when you find something there, and something which resided in you is opened up to outside. At that time, the photograph eventually leaves the person who took it (photographer) and shows up in front of the viewer like another person. It is oppositional to the visual experience in modern times, and at the same time presents us a question about what it means “to look.”


This solo show will exhibit about 40 color photographs of daily townscapes taken in 2014, which are from Takano’s “Every Day Photographs,” a series he has been continuing since 1998 without missing a single day.


Press Release(En)→