吉田志穂 「測量|山」
Shiho Yoshida “Survey”

2016年7月14日(木)よりYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、吉田志穂個展「測量|山」を開催いたします。


©Shiho Yoshida, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

 これが普通の加工・合成写真だったら、なんの興味も持たなかっただろう(ここで言う「普通の加工・合成写真」とは、現実にはあり得ない瞬間を、さも現実であるかのように作り込んだ写真のことを指す)。しかし吉田志穂は探求する。写真という媒体を使って。

 例えば一年前の個展(1WALLグランプリ受賞展)。作者は印画紙にプリントした自分の写真を再び撮影した作品を展示していたが、それは写真というものが薄っぺらな紙のうえに擬似的に空間を再現しているにすぎないことを強調する結果となっていた。あるいはパソコンのモニター画面を撮影した作品では、作者にとってそれがもはや仮想ではない“現実”との対面であることを示していた。これらの作品から伝わってくるのは、我々の生活がいかに媒体化された平面に依存しているかである。しかも作者はこのアイロニカルな作業を、写真に対する深い信頼に基づいて行っていた(画面に漂うそこはかとない情緒に、作者の写真に対する偏愛の現れを感じた)。これらは写真の限界を写真によって乗り越えようとする試みであるようにも思えた。

 さて、今回の作品である。まだ実見していないので何とも言えないが、本人の言葉を聞く限り、写真の物質性(数量)に関する作品であるようだ。前回とは対照的な論点である。どんな作品が飛び出すのか、今から楽しみである。

鷹野隆大


プレスリリース(JP)>>

■吉田 志穂「測量|山」
会期:2016年7月14日(木)- 8月20日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2016年7月23日(土)17:00-18:00
吉田志穂×鷹野隆大
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制、参加費:無料

鷹野隆大(写真家)
写真家。1963年福井県生まれ。2006年第31回木村伊兵衛写真賞受賞。
近年の展覧会に、2015年「愛すべき世界」(猪熊玄一郎美術館)、2014年「これからの写真」(愛知県美術館)、「2014年1月から比較的最近まで、撮影順に」(Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku)、2013年「Face Value: Portraits from The Kinsey Institute」(The Kinsey Institute Gallery)、他。
近年刊行の写真集に、『String and Coke』(青土社、2014年)、文学研究者の新城郁夫との共著『まなざしに触れる』(水声社、2014年)などがある。

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jp までメールでお申し込みください。
*定員(20 名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

■オープニングレセプション
日時:2016年7月23日(土)18:00-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 



Shiho Yoshida solo exhibition “Survey”
July 14 (Thurs) – August 20 (Sat)
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
*Summer Holiday: August 11 (Thurs) – 18 (Thurs)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

Had they been ordinarily processed/composite photographs, I would not have been interested in them (here the “processed/composite photographs” mean the ones providing an illusory moment which are made to look real). Shiho Yoshida explored those photographs with the medium of a camera.

For example, in her solo show 2015 (since winning the Grand Prize in the 11th “1_WALL” Photography Exhibition, 2014), her photographic works had been printed on photographic paper and re-photographed. The results emphasized photographs which were no more than artificially reproduced space on thin paper. Also, her other work was shot on a PC screen, showing that it was an encounter with “reality”, but not virtual. These photos indicate how much our lives rely on the plain surface communicated through media. Despite that, Yoshida did such an ironical process based on a deep trust in photographs (Vague emotion hanging on the screen made me realize her partiality for photographs). These seemed to be a photographic attempt to go beyond the limit of photography.

Now, talk about her new works. As I have not seen them yet, I cannot make any comments. According to what she has said, they may be to do with materiality (quantity) of photographs, which is a very different topic from the one in the previous exhibition. So I am already looking forward to what kind of works will come out.

Ryudai Takano


Press Release(En)>>


■Talk Event
July 23 (Sat) 17:00 – 18:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Presenter: Shiho Yoshida & Ryudai Takano
*Advanced booking required, Admission free
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp

■Opening Reception
July 23 (Sat) 18:00 – 20:00