鷹野隆大「欲望の部屋」
Ryudai Takano “Desire Room”

2018年2月23日(金)より鷹野隆大がAYUMI GALLERY CAVEにて個展「欲望の部屋」を開催いたします。
本展では、2011年以降、鷹野が本格的に取り組んできた「影」シリーズの最新作として、鑑賞者に作品に参加していただく、ライブ・インスタレーションを行います。6日間限りとなる新たな試みに、ぜひご来場ください。


「15.07.22.#33」(シリーズ「光の欠落が地面に届くとき 距離が奪われ距離が生まれる」より、2015年)©Ryudai Takano, Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon


■展覧会情報
鷹野 隆大 「欲望の部屋」
2018年2月23日(金)- 2月25日(日)、2018年3月2日(金)- 3月4日(日)
開廊時間:16:00-19:00
(15分毎入替制 ※当日の状況により、ご入場をお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。)
会場:AYUMI GALLERY CAVE (※東京都新宿区矢来町114高橋ビルBF2)
協力:Yumiko Chiba Associates

詳しくは>>


■作家コメント

自然界において、光の遮られた部分は影として現れる。
どこにでもある当たり前の現象である。

そんな影が気になり出したのは2010年ごろから。決定的だったのは2011年、足元が大きく揺れ、放射能が大量散布され、なにをどうすればいいのかわからない混乱した日々のなかで、ふと足元にまとわりついて来る“黒いもの”が目に入ったときだった。自然界において、光の遮られた部分は影として現れる。
僕は小動物かなにかを踏んだのかと思い、驚いて飛び退いたが、よく見ると自分の影だった。小動物と勘違いしたのは、自分の動きと無関係な動きをしているように見えたからだった。
以来、自分の影は自分の一部ではなく、自分が飼っている動物か何かのように感じている。影をカメラに収めるようになったのは、こうした不思議さからだった。

カメラを絵筆のように使う人は多い。しかし僕は記録装置だと考えている。それは外界を記録するのみならず、正しく扱えば撮り手の意識さえも記録する。その優秀さゆえに僕はカメラを使って様々な試みをしてきた。影を撮ることは、影が表すものを探るのと同時に、影が与えるものを探ることでもあった。
この探求で得た結果のひとつは『光の欠落が地面に届くとき 距離が奪われ距離が生まれる』という作品シリーズにまとめたが、その過程で徐々に高まって来たのは、影のしっぽをつかんでみたいという欲求だった。
カメラで捉えた影は、どんなによくできていても「影の写真」である。しかし影の表象ではなく、影そのものを捉えること。それができたときに見えてくるものは何だろう。

今回、展示室に残る影は、影を表現したものでも影の代替物でもなく、影そのものである。数分間ではあるが、それは持ち主を離れ、客観物としてある。
「私は私の手を所有している」とは言わないように、「私は私の影を所有している」とは普段なら思わないだろう。しかしこうして自分の影が客観物として残された状態を目にしたとき、影を所有する感覚を抱かないだろうか。

影、所有、欲望。
この展覧会ではそのあたりについて考えてみたい。

2018年2月 鷹野 隆大

-

A solo show of Ryudai Takano, “Desire Room” will be held at AYUMI GALLERY CAVE from Friday, February 23, 2018.
The show will present the latest piece of Takano’s Shadow Series he has been energetically working on since 2011: a live installation inviting participation by audience.
It is only a 6-day featuring. Please do not miss Takano’s newest work.


■Ryudai Takano “Desire Room”
February 23 (Fri) – 25 (Sun), 2018 / March 2 (Fri) – 4 (Sun), 2018
Venue: AYUMI GALLERY CAVE(Takahashi Bldg., BF2, Yaraicho 114, Shinjuku-ku, Tokyo 162-0831)
Gallery Hours: 16:00-19:00 (Changeover every 15 minutes *Please be reminded that you may be requested to wait at the entrance, due to the live installation.)
Cooperation:Yumiko Chiba Associates

More Information>>


■Statement

In the natural world an area blocked from light appears as shadow.
This is a very commonplace phenomenon found everywhere.

It was around the year 2010, when I started becoming interested in shadows.
The most decisive time came in 2011 when I was at a total loss about what to do, during the days of confusion following the big quake of the ground I was standing on and the release of massive amounts of radiation. I saw some black thing clinging to my feet.
I thought I had stepped on a small animal or something and jumped back out of surprise, but when I carefully looked at it, I realized that it was my own shadow. The reason why I mistook it for a small animal was because its movement seemed unrelated to my own.
Ever since then, I feel as if my shadow is not part of myself but my pet animal or something of that sort. Such strange feeling that I came to have toward shadows was the reason that I started taking pictures of them.

A lot of people use camera like a paint blush. However, I consider camera as recording device. It not only records the external world, but if used properly, will also record photographers’ internal mind. I have done various experiments using camera because of their merit.
For me, photographing shadows were as much about finding out what they give as about finding out what they represent. One of the findings from this search of mine is presented in my photographic series titled ‘When the absence of light touches the ground Distance is lost and distance created’ In the process of the search, my desire to capture shadow gradually increased. The shadows that I capture with my camera are after all ‘the photographs of shadows,’ however well represented they are. Then, what will we discover when we succeed to seize the shadow itself instead of its representations?

The shadows that will remain on the gallery’s walls in this show will not be representations of real shadows or their replacements, but they are themselves shadows. Although their duration time is only for several minutes, the shadows will be separated from the objects which cast them to become independent objects. As much as we don’t say “I possess my hand,” we also don’t usually think “I possess my shadow.” However, when we see our shadow left as an object in front of us, will we not feel a sense of possession toward it?

Shadow, possession, and desire.
Through this exhibition, I would like to explore and contemplate on such kind of subjects.

February 9, 2018
Ryudai Takano