大島成己 Naruki Oshima
“Figures”


© Naruki Oshima, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


2015年11月7日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、大島成己の個展“Figures”を開催いたします。

前作“haptic green”では、焦点距離を変化させて撮影した200枚以上のカットを格子状に繋ぎ合わせ一枚の写真として再構成することで、奇妙な風景を作り上げました。それは、私たちに未知の視覚体験をもたらすとともに、視覚によって得るイメージ(=印象)というものがいかに曖昧であるかを知らしめ、人が目の前の対象を知覚する際の認識行動に揺さぶりをかけることに成功しました。

本展が初公開となる新作“Figures”では、「風景」から「人体」へとテーマを変え、視覚認識の問題から他者に対する知覚認識の問題へとコンセプトをより広げます。
私たちは通常、他者を認識するために、容姿や表情、言語だけでなく、社会的属性やスキル、関係性の度合い、また自らの価値観や過去の経験に基づいた主観的な推論等を統合して印象形成を行います。しかし大島は、こうした統合的判断による他者認識によって、却ってその隙間からぽろぽろと「重要な何か」が滴り落ちているのではないかと感じてきました。“Figures”は、こうしたものを掬い上げ、そこにしか見ることの出来ない存在を現そうとする試みです。

この機会に是非ともご高覧ください。

プレスリリース (JP)>>


■ 大島成己 個展“Figures”
会期: 2015年11月7日(土)- 12月2日(水)12:00-19:00 定休日:日、月、祝日
会場: Yumiko Chiba Associates viewing room Shinjuku

■ オープニングレセプション
日時:2015年11月7日(土)18:30-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 

■トークイベント
日時:2015年11月7日(土)17:00-18:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:大島成己 × タカザワケンジ
※事前申込制、参加費:無料

タカザワケンジ(写真評論家、ライター)
1968年群馬県生まれ。97年からフリー。『アサヒカメラ』『写真画報』『芸術新潮』 『IMA』などの雑誌に評論、インタビュー、ルポを寄稿。ほかに、ヴァル・ウィリアムス著『Study of PHOTO -名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社)日本語版監修、富谷昌子写真集『津軽』(HAKKODA)編集・解説、渡辺兼人写真集『既視の街』(AG+ Gallery・東京綜合写真専門学校出版局)など。東京造形大学非常勤講師。


【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(25名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。



Yumiko Chiba Associates is pleased to present a solo exhibition, Figures by Naruki Ohshima starting from November 7, 2015.

Oshima created strange sceneries in his previous series “haptic green”, by joining more than two-hundred shots in gridlike fashion he had taken with a various focal distance and recomposing them as one photograph. They brought us unknown visual experience, letting us realize how ambiguous a visual image (our impression) is, as well as succeeded to sway human being’s action recognition to perceive an object in front of them.

In Oshima’s new series, Figures, presented as the first public exhibition, his theme changes from “scenery” to “figure” as well as his concept widens from visual recognition to perceptual recognition toward others.

When we usually recognize others, we form impression of them by integrating not only their figures or expressions, but their social attributes, skill, degree of relationship with them, and the subjective reasoning based on our own sense of value and experience in the past. However, Oshima has perceived that recognition of others by such integration may rather drop something important through a crack. Figures is an attempt to ladle out these “dripping things” and to present their existence which can be observed only there.

Press Release(En)>>


■Opening Reception
November 7 (Sat), 2015, 18:30-20:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 

■Talk Event
November 7 (Sat), 2015, 17:00-18:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
With Naruki Ohshima & Kenji Takazawa
*Advanced booking required, Free of charge
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp.