冨井大裕「像を結ぶ」
Motohiro Tomii “Connecting Images”


PP_FS #11, 2015, 紙袋 ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2017 年2 月1 日(水)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、冨井大裕の個展「像を結ぶ」を開催いたします。

冨井は、レディメイド(=既成品)を作品の素材として「彫刻」の概念を成立させる試みをしてきました。素材そのものが備えている機能、条件、存在定義を制作という行為によって新しいものへと変化させ、全く異なる存在として我々の目前に提示します。それは、素材から全ての意味をはぎ取ると同時に、素材の物理的な要素のみで作品を完成させることによって、物語性にもイメージ性にも形にも頼ることのない、真の意味で自立した作品を作ろうとする行為でもあるのです。長い歴史の中で「彫刻」と言われてきた従来のイメージから離れた方法で、素材にこだわることなく彫刻のあらたな可能性を探求する姿勢は、twitter にて毎日更新される「今日の彫刻」シリーズや、複数の素材を結合させた彫刻のシリーズ、印刷物を用いた代表的な作品にも表れています。

冨井は、2015 年度に、アメリカ/ニューヨークに文化庁在外派遣研修員として滞在しました。1 年に渡った滞在は、「彫刻とは何か」という冨井が持ち続けた問いかけの根幹を、より揺さぶることになりました。
本展では、帰国後初の個展として、ニューヨークで制作した新作を展示します。より確信的になった素材へのアプローチによって、その表現はより構造的なものへと発展しています。
進化を続ける冨井の新作を、是非ともご高覧ください。

尚、展覧会に合わせ、星野太 氏(美学・表象文化論/金沢美術工芸大学)を招いて、作家とのトークイベントを予定しております。合わせてご案内いたします。


プレスリリース>>


■冨井大裕 個展「像を結ぶ」
会期:2017年2月1日(水)- 3月11日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2017年2月10日(金)18:00-19:30
冨井 大裕 × 星野 太(美学・表象文化論/金沢美術工芸大学)
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制 参加費:無料 定員:20名※1/27 定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちとなります。

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

■オープニングレセプション
日時:2017年2月10日(金)19:30-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

※トークイベント及びオープニングレセプションは展覧会初日ではありません。お気を付け下さい。

■その他
冨井大裕は、現在、東京大学総合研究博物館インターメディアテク研究部門主催の「Perspectives 01 パースペクティヴ 現代美術実験展示」へ参加します。

「Perspective01 パースペクティヴ 現代美術実験展示」
会期:2017 年1月24日(火) – 3月26日(日)
会場:インターメディアテク3階「バルコニー(HOMAGE)」
(千代田区丸の内2-7-2 KITTE 2-3F)

ディスカッション・イベント
2017 年3 月3 日(金)
「学術研究と芸術表現の比較1(立体作品)」
松原始(東京大学総合研究博物館インターメディアテク研究部門特任准教授/動物行動学)
今井紫緒/ 冨井大裕/ 藤原彩人/ 菊池敏正
時間: 18:00- (17:45 開場、19:30 終了予定)
会場: インターメディアテク2 階「レクチャーシアタ(ACADEMIA)」
(JR 東京駅丸ノ内南口から徒歩1 分/ 丸ノ内線東京駅地下道より直結)

-

■ Motohiro Tomii solo exhibition
“connectiong images”
February 1 (Wed) – March 11 (Sat), 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Talk Event
February 10 (Fri) 18:00 – 19:30 *Booking required
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Motohiro Tomii & Futoshi Hoshino (Kanazawa College of Art, Aesthetics/Study of Culture and Representation)
*Admission free, Booking required, Seating capacity: 20
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp
*If you do not receive a reply from the gallery, please contact us during gallery hours.

■Opening Reception
February 10 (Fri) 19:30 – 20:30
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


Press Release (En) >>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will present a solo exhibition, connecting images, from February 1 (Wed), 2017.

Motohiro Tomii has tried to establish a concept of sculpture, using ready-made articles as materials.
He changes the function, condition, and definition of the material itself into something new by his work and presents it as a completely different object right before our eyes. He strips all the meaning from the material, and simultaneously produces an independent work in its true meaning by completing it with only the physical function of the material, without relying on narrative, image, or forms. He has been seeking a new possibility for sculpture, not sticking to material, moving away from the conventional image of “sculpture” in its long history. His attitude is revealed in his representative works such as the daily “Kyo-no-Chokoku [Today’s Sculpture]” series on Twitter, sculpture series where plural materials are combined, and works using printed materials.

Tomii stayed in New York in 2015, granted a fellowship of the Japanese Government Overseas study program for artist by the Agency of Japan Cultural Affairs, Japan. This experience over one year strongly shook the very nature of his question “what is a sculpture?”.
This exhibition will present Tomii’s new works he made in New York as his first solo exhibition after coming back to Japan. His expression has developed toward more structural, approaching materials with further confidence. Thus his practice will keep advancing.

In conjunction with the exhibition, a talk event is scheduled with the artist and Futoshi Hoshino from Kanazawa College of Art (Aesthetics/Study of Culture and Representation).


■ Other Information
Motohiro Tomii is participating in Contemporary Art Experimental Exhibition Perspectives (1) held by the Intermediatheque Department, the University Museum, the University of Tokyo (UMUT).

Contemporary Art Experimental Exhibition Perspectives (1)
January 24 (Tue) – March 26 (Sun), 2017
Venue: Intermediatheque 3F, HOMAGE (KITTE 2-3F, 2-7-2 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo)

Discussion Event
March 3 (Fri), 2017
18:00- (Doors open at 17:45; expected to end at 19:30)

“Comparing Scientific Research and Artistic Expression 1 (Three-Dimensional Works)”
with Hajime Matsubara, Affiliate Associate Professor, Intermediatheque Dept., UMUT / Ethology Ayato Fujiwara / Shio Imai / Motohiro Tomii / Toshimasa Kikuchi

Venue: Intermediatheque 2F, Lecture Theatre ACADEMIA
(Access: JR lines and Tokyo Metro Marunouchi line Tokyo Station. Direct access from the Marunouchi Underground Pathway)