山城知佳子 Chikako Yamashiro
“黙認のからだ”

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuは、
11月17日(土)より、山城知佳子の個展を開催いたします。



《No.7》,《No.8》,《No.13》 2012, Lambda Print, 700mm×500mm (C)Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

山城知佳子は沖縄に生まれ、沖縄を拠点とし、沖縄の歴史と
そのローカリティを主題とした作品を作り続けている作家です。
映像や写真というメディアを用いて制作される山城の作品は、
沖縄の記憶と痛み、そしてそれらと現状とのよじれを表しています。
本展では、2010年に発表された《コロスの唄》の制作直前に山城が掴んだ
肉体の断片のイメージをもとに、さらに体の内奥部へと入り込む、
「肉」についての考察を表した、新作の写真作品を展示いたします。
同時開催される森美術館『MAMプロジェクト018』にて発表される新作《肉屋の女》の
前段に位置するともいえる作品です。ぜひご高覧下さい。

■会期
2012年11月17日(土) – 12月22日(土)
営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝日

■トークイベント
2012.11.17(Sat)18:00-19:30
近藤健一氏(森美術館・キュレーター)× 新城郁夫氏(琉球大学教授)

■オープニングレセプション
2012.11.17(Sat)19:30-20:30
*当日、開催時刻に個展会場までお越しください。
*作家が在廊しております。

■会場
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿#206
Tel: 03-6276-6731

詳細はプレスリリースをご覧ください。>>

—————————————————————————–
Chikako Yamashiro “the Body of Condonement”

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will feature a solo exhibition of Chikako Yamashiro from November 17 (Sat) to December 22 (Sat), 2012.

Chikako Yamashiro was born in Okinawa. As a contemporary artist and video artist, she has based her works in Okinawa on the themes of Okinawan history and its locality. Through images and photographs she expresses the memories and the pains of that history and the tensions between then and now.
In this exhibition, Yamashiro’s new photo works expressing her thoughts on “flesh” are presented. These works are based on images of pieces of flesh which she conceived before producing “Choros of the Melodies” in 2010. Her expression has explored further inside bodies this time. It is the basis of her new film “A Butcher Woman” to be featured simultaneously at the Mori Art Museum in “MAM Project 018 YAMASHIRO CHIKAKO”.

■ Opening Reception & Gallery Talk November 17.
The Gallery Talk will be given by Mr. Kenichi Kondo, Curator, Mori Art Museum and Professor Ikuo Shinjo, University of the Ryukyus.

■Press Release>>