蔵真墨 Masumi Kura
個展「Men are Beautiful」

2014 年12 月5 日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、蔵 真墨の個展「Men are Beautiful」を開催いたします。


(c)Masumi Kura, Courtesy of Yumiko Chiba Associates, Zeit-Foto Salon

蔵の写真は、写真家の「こう撮りたい」という意識や、写される側が「こう見られたい」と抱く願望をするりと通り抜けます。人々が日常の緊張から解放された一瞬を捕まえ、個人を超えて引き出された存在そのものが記録されていきます。それはいわゆる「日常」や「身近」という私たちがよく使う言葉で表現されるものではありますが、突如として眼前に現れる偶然であり、その瞬間にその場所でしか成立し得ないものです。

本展は文字通り、ゲイリー・ウィノグランドがヘテロセクシャルの視点で女性を賛美した「Women are Beautiful(1975)」に多大な影響を受けています。60-70 年代のアメリカで、都会を道行く女性の漲るエネルギーに反応して撮影されたこれらの写真に感化された蔵は、そのオマージュとして街中で出会う魅力ある男性の撮影を始めました。しかしながら、本作の一点一点に目を追わせると、単純に「Women」を「Men」に変換するだけでは完結しえない、ウィノグランドが女性たちに抱いた礼賛とは違った視点で男性たちに役割を与えていることに気がつきます。

かつて私たちは、時代が進むにつれて女性はもっと開放され、強く自由になれると信じた時がありました。しかしながら今、時代はより複雑さを増し、社会はますます閉塞化されていき、目に見えない制約が私たちを捉えています。蔵は写真家としてだけではなく、そのような状況下で生きる一人の女性としても緊張感を持ってその現実に向き合い、シャッターを押し続けます。

本展ではカラー写真約20 点を展示致します。是非ご高覧ください。


■個展
「Men are Beautiful」
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
会期:2014年12月5日(金)-12月27日(土) 12:00-19:00(休:日、月、祝日)

■オープニングレセプション
日時:12月5日(金)18:00-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
蔵真墨(写真家) × 冨山由紀子(写真研究者)
日時:12月19日(金)19:30-21:00 *事前予約制
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
参加費:無料
【お申し込み方法】
件名「蔵展トークイベント」、本文に参加者のお名前、人数、ご連絡先(電話番号)を明記の上、event@ycassociates.co.jp まで、 メールでお申し込みください。
*定員(20 名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

冨山 由紀子(とみやま ゆきこ)
1979年生まれ。写真史、視覚文化論研究。東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程満期退学。共著に『1985/写真がアートになったとき』(青弓社、2014年)、主な論考に「曖昧さの射程――コンポラ写真と『カメラ毎日』の時代」(『日本写真の1968』展カタログ、東京都写真美術館、2013年)、「「アルバム」は語る――『カメラ毎日』と旅の写真」(『ディスカバー、ディスカバー・ジャパン「遠く」へ行きたい』展カタログ、東京ステーションギャラリー、2014年)など。


Press Release(Jp)>>

———————————————————–

Masumi Kura ‘Men are Beautiful’
December 5 to December 27, 2014
Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Party: Friday, December 5

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from December 5, 2014, a solo exhibition ‘Men are Beautiful’, by Masumi Kura.

Kura’s photographs evade a photographer‘s consciousness: how they want to take a photograph or how the person whose photograph is taken wishes to look in the photograph. She catches the moment people are released from the tension of every day and records the presence itself brought out beyond an individual. What she presents can be described with those common words like “daily” or “familiar.” However, they show up in front of us by accident and can only exist at that moment in that place.

This exhibition is, as the title shows, enormously influenced by Garry Winogrand’s photo book Women Are Beautiful, published in 1975, in which he admired women from a heterosexual viewpoint. Kura was inspired by Winogrand’s photographs which burst with overflowing energy of women walking in American cities from the 60s to the 70s. Then, as homage to the photographs, she started taking photographs of men she found attractive when she walked around town. However, when we take a look at each of the photographs in the exhibition, we notice that those men are given a role different from the viewpoint of Winogrand’s admiration of women. Her viewpoint is complemented by the gender gap, which cannot be settled by merely replacing “Women” with “Men” in the title.  

There was a time when we believed that women would be more open and could become stronger and freer. Nowadays, however, things have become much more complex than before and so has our society been filled with an increasing sense of stagnation, in which we are restricted in an invisible way. Not only as a photographer, Kura faces the reality seriously as a woman, living in such a situation and keeps clicking the shutter.

The exhibition will present 30 color photographs. Please enjoy them.

Gallery Talk will be held with Masumi Kura and Yukiko Tomiyama, researcher in the field of photography along with the exhibition.

■ Gallery Talk
With Masumi Kura and Yukiko Tomiyama
Friday, December 19, 19:30-21:00; booking required.
For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp


Press Release(En)>>