植松 奎二 Keiji Uematsu
“截接-軸・経度・緯度” ” Cutting‐Axis・Latitude・Longitude “

2013年5月11日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、
植松奎二の個展“截接-軸・経度・緯度”を開催いたします。



《截接-Cutting》1971, 角材,クサビ、ジャッキ
「第10回現代日本美術展 人間と自然」東京都美術館 (1971. 5.10 – 5.30) 展示風景 (C)Keiji Uematsu


2013年5月11日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、植松奎二の個展“截接-軸・経度・緯度”を開催いたします。

植松奎二は、重力、引力、磁場といった、通常意識する事のない見えないものを視覚化し感じさせる作品を一貫して制作し、日本とドイツを拠点に、国際的な活躍をしている作家です。 
《截接》は、1971年より継続して制作されたインスタレーションの作品群であり、国内においては、おもに角材とジャッキ、楔という素材を用いて、最初期からおよそ10年にわたり集中して制作されました。本展では、この作品を再構築し展示いたします。 また、《截接》における均衡関係の一部を自身の身体が担うことにより相互関係を提示した、1973年の写真作品、《水平の場》、《垂直の場》、《直角の場》をはじめ、当時描かれたドローイングも合わせて紹介いたします。ダイナミックなインスタレーションとの融合を、ぜひご高覧ください。
また、会期初日には、植松奎二とインディペンデント・キュレーター真武真喜子氏によるトークイベントを開催いたします。会場中央に直立する作品《截接》を間近にして、作家自身の言葉を聞くことのできる大変貴重な機会です。トークイベントでは、個展に合わせて刊行される植松奎二研究冊子「植松 奎二“截接-軸・経度・緯度”」(発行:ユミコチバアソシエイツ、800円)を配布いたますので、大変お得なトークイベントです。合わせてご案内申し上げます。


■植松奎二 個展 “截接-軸・経度・緯度”
会期:2013年5月11日(土) - 6月8日(土)12:00-19:00 休:日、月、祝日
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
植松奎二×真武真喜子(インディペンデント・キュレーター)
2013年5月11日(土) 18:00-19:30  *事前予約制
参加費 : 特別価格¥700 (植松奎二研究冊子付き) 
【お申し込み方法】
件名「植松トークイベント」、お名前、ご住所、電話番号をご明記のうえ、
event@ycassociates.co.jpまで、メールでお申し込みください。
*1通につき2名様までお申し込みいただけます。その際は2名分とご明記ください。
*定員(25名)になり次第、受付を終了いたします。  
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

■オープニングレセプション
トークイベント終了後、同会場にてオープニングレセプションを開催いたします。

■新刊 植松奎二研究冊子 「截接-軸・経度・緯度」
発行:ユミコチバアソシエイツ  発行日:2013年5月11日  仕様:A5サイズ、本文24頁  販売価格:800円
協力:㈱ヒューリスティック http://www.heuristic.com/


Press Release(JP)>>

————————————————

We are pleased to present a solo exhibition of works by Keiji Uematsu ” Cutting‐Axis・Latitude・Longitude ”
from May 11 (Sat), 2013 at Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku.

Keiji Uematsu consistently produces works of unconscious and unseen things such as gravity, attraction and magnetic field by visualizing and making viewers feel them. He is an artist who is internationally active, based in Japan and Germany.

Cutting is a body of installation which Uematsu continued to produce from 1971. In Japan, he concentrated on working them with the use of block, jack and wedge about 10 years from the initial period. Those works at this period will be reconstructed and presented at this exhibition. Also, the photo works in 1973, Horizontal Position, Vertical Position and Right Angle Position will be exhibited, which shows the balanced relationship between Uematsu and existing objects he presented in the Cuttting by physical performance. His drawing works during the same period will be also presented. Enjoy the dynamic blending the photos and drawings with the installation.

■ Gallery Talk
May 11 (Sat), 2013, at Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
By Keiji Uematsu & Makiko Matake, Independent Curator

■ Opening Reception
Will take place after the Gallery Talk at the same place.

■ Related Information
To coincide with the Exhibition, a book will be published, which is disserted by Makiko Matake.

Press Release(EN)>>