NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY

2017年11月2日(木)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、デイヴィッド・シュリグリーの個展「NEW DRAWINGS」を開催いたします。


Copyright David Shrigley. Courtesy of David Shrigley and Stephen Friedman Gallery, London.


■「NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY」
会期:2017年11月2日(木)- 12月22日(金)*定休日:日、月、祝日
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)

■オープニングレセプション
日時:11月2日(木・祝前日)17:00 – 19:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
日時:2017年10月31日(火)18:00-20:00(開場17:30)
会場:東京藝術大学上野校地 中央棟第一講義室(〒110-8714東京都台東区上野公園12-8)
登壇者:デイヴィッド・シュリグリー、加賀美健
聞き手:三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)
※日本語通訳あり ※定員180名 (予約不要・無料・先着順)
主催:ユミコチバアソシエイツ
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery
企画協力:MISAKO & ROSEN


プレスリリース>>


デイヴィッド・シュリグリーは1968年にイングランド北部のマックルズフィールドに生まれ、スコットランドで唯一の公立美術大学であるグラスゴー・スクール・オブ・アートを卒業し、現在はロンドンを中心に活動しています。

2012年にはロンドン、ヘイワードギャラリーにてキャリア半ばでの回顧展「Brain Activity」を果たし、この展覧会を受け2013年度には英国在住作家に贈られる名高いターナー賞にノミネートされるなど、ポストYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)世代の代表的なアーティストの一人です。
シュリグリーは、インスタレーションから絵画、彫刻、写真、映画、書籍、音楽と、様々なスタイルで作品を展開していますが、とりわけ日常生活のありふれた光景を機知に富んだ切り口で描いたドローイングと、写真、アニメーションはよく知られており、それらの作品には、駄じゃれ、ダブル・ミーニング、皮肉、厭世観など英国らしいユーモアのセンスがふんだんに盛り込まれています。

近年その活動はますます高い評価を得ており、2016年には、ロンドン市が主導する世界でも話題の現代アートプロジェクトのひとつであるフォース・プリンス・コミッション(第4の台座コミッション)の第11作品目として選出され、7メートルの高さに及ぶ巨大な「いいね」のジェスチャーを示したブロンズ彫刻「Really Good」を出現させました(第4の台座はトラファルガー広場の四隅にある台座のうち北西に置かれた台座で、現在ロンドン市の文化部が主導しコミッションプロジェクトを遂行、過去にはマーク・クイン、アントニー・ゴームリー、ハンス・ハーケなどがコミッション作品を展示している)。また本年度には、ロンドン市長のサディク・カーン氏によって発足された「London Is Open」キャンペーン(イギリスのEUからの離脱をうけ、ロンドンは依然として国際的であり、団結していて、世界に向けてオープンであると謳ったキャンペーン)にも協力しており、ロンドン中心部の至るところでシュリグリーのポスターを見ることができます。

日本では、2002年に東京オペラシティ・アートギャラリーで行われた「JAM:東京 ─ロンドン展」で、奈良美智とのコラボレーションが話題となり、また2014年には東京ステーションギャラリーで行われたブリティッシュ・カウンシル・コレクションによる「プライベート・ユートピア」展にも出品されていますが、これまで日本では個展開催の機会がありませんでした。今回、日本の美術館で初めての個展が水戸芸術館(会期:2017年10月14日-2018年1月21日)で行われ、同じく日本のギャラリーでは初めての個展を、弊廊で開催致します。

水戸芸術館での展示にはドローイング、立体、ビデオ、インスタレーションなどが出品され、初期から本展覧会のために制作された最新作までを通して、作家の全体像を捉えることができることでしょう。
一方、弊廊では、シュリグリーの最も象徴的な表現であるドローイングにフォーカスをあて展示致します。シュリグリーは2014年にロンドンのハイエンドなカフェ「Sketch」にてスペース全体を使った大規模なドローイングインスタレーションを行っていますが、そこで展開されたドローイングシリーズの新作を見ていただくことができます。

シュリグリーは独特のユーモラスな感覚と絶妙なバランスで、作品を通じて鑑賞者に「思考する」ことを促し、作品と世界との間に新しい関係を作りだし、また美術館、ギャラリーといった美術界での注目のみならず、ミュージック・ヴィデオの制作、Tシャツをはじめとするグッズのデザイン、書籍の制作・発行など、マス・カルチャーのなかで、そのクリティカルな視点を決して失うことなく、大きな成功を収めているという点でも稀有なアーティストと言えるでしょう。そしてシュリグリー作品のもっとも特筆すべき点は、普段とりわけ美術に興味のない人でもその作品の前で思わず笑ってしまうような、誰もが楽しめる作品であるということです。
「芸術は誰のためのものでもある」、という作家の言葉がまさにここに実現していると言えるでしょう。

デイヴィッド・シュリグリーのユーモアと風刺に満ちたファンタスティックワールドにぜひ訪れていただき、それぞれの作品が持つ魅力を堪能していただけることを願っております。


後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery


-

■NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY
Thursday, November 2 – Friday, December 22, 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Gallery Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■Opening Reception
Thursday, November 2, 2017, 17:00 – 19:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■ Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami
Tuesday, October 31, 2017, 18:00 – 20:00 (The door opens at 17:30.)
Venue: The Lecture Hall in the Central Building in the Ueno Campus of Tokyo University of the Arts (12-8 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo 110-8714)
Speakers: David Shrigley and Ken Kagami
Moderator: Kenjin Miwa (Curator of The National Museum of Modern Art, Tokyo)
*Consecutive Interpretation available during the session.
Seating Capacity: 180 (Available on a first-come-first-served basis, Reservation not required.)

Organiser: Yumiko Chiba Associates
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery
Cooperation: MISAKO & ROSEN


Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present New Drawings, a solo show of David Shrigley from Thursday, November 2, 2017.

Born in Macclesfield in Northern England in 1968, David Shrigley graduated from the Glasgow School of Art, Scotland’s only public self-governing art school. He is currently based in London, and is actively engaged in various projects there.

In 2012, while still in his mid-career, David Shrigley had his retrospective show titled Brain Activity held at Hayward Gallery in London, which led him to be nominated for the renowned Turner Prize awarded to artists living in England in 2013. He is one of the representative artists in the generation of Post YBAs (Young British Artists). From installations to paintings, sculptures, photographs, films, books and music, Shrigley works in various media. He is especially known for witty drawings that capture ordinary scenes of daily life as well as for his photographic works and animations, which are full of puns, double meanings, irony and pessimism characteristic to English humour.

His artistic endeavours are increasingly winning higher recognitions in recent years; in 2016, his bronze sculpture Really Good, was selected for the eleventh of the Fourth Plinth Commission, one of the world’s most talked-about projects of contemporary art organised by the city of London, to present its shape of a huge human hand of seven metres high doing a thumbs-up gesture. (Of the four plinths at the four corners of Trafalgar Square, the Fourth plinth is the one located in the northwest. Currently, the city of London organises the commission projects for the plinth and artists such as Mark Quinn, Antony Gormley, and Hans Haacke has exhibited their works there. This year, Shrigley also cooperated in the campaign titled London is Open launched by Sadiq Khan, the Mayor of London, which expressed that London is still international, united and open to the world despite the Brexit. Thus his posters are now seen all over the place in the heart of London.

In 2002, Shrigley gathered public attention in Japan for his collaboration with Yoshitomo Nara in JAM: Tokyo-London, an exhibition held at Tokyo Opera City Art Gallery in 2002. His works were also included in Private Utopia held at Tokyo Station Gallery, which showed works from the British Council’s art collection, but his solo show in Japan has never been realised until very recently. Fortunately, however, the artist’s first solo show in a Japanese art museum started in Art Tower Mito on October 14 this year and it is to continue until January 21, 2018, and our show will be his first solo show in a commercial art gallery in Japan.

The exhibition at Art Tower Mito comprises drawings, three dimensional works, videos, and installations. From his earliest works to the latest pieces created for the show, the exhibits will enable visitors to get the whole picture of his art. Our show, on the other hand, will focus on his drawings in which the expressions are the most symbolic among all his works. In 2014, Shrigley created a large installation work with his drawings filling the whole space of Sketch, a high-end cafe in London. Our show will present the recent works for the drawing series presented in the cafe.

With a unique sense of humour and an excellent sense of balance, Shrigley urges the viewers to ‘think’ through the appreciation of his works and creates a new relationship between art works and the world that we live in. He is certainly a rare artist who not only draws the attentions of the organisations in the art world like museums, galleries or other institutions but has also been capable of achieving a great success with projects for the mass such as music video creations, the productions of T-shirts and other merchandise, and book publications without ever losing his critical perspectives. The most notable point about his work is that they trigger the laughter of even those who are normally not particularly interested in art; it is the kind of art that everyone is able to enjoy. His art is indeed an embodiment of his own words: Art for Everyone.

It is our great pleasure to present the splendid world of David Shrigley filled with humour and satires. Visit the show and you are sure to be fascinated by the charm that each piece possesses.



In Association With: British Council
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery (London)