シンポジウム:「批評 前/後ーー継承と切断」 Critical Archive vol.3



シンポジウム:「批評 前/後ーー継承と切断」 Critical Archive vol.3

日時:2015 年 10 月 3 日(土) 15:00 – 17:00 (14:30 開場)
会場:東京国立近代美術館 B1F 講堂 (東京都千代田区北の丸公園 3-1)
※参加方法:申し込み不要、無料
登壇者:
沢山遼(美術批評) *進行
土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授)
成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
松井茂(詩人、情報科学芸術大学院大学准教授)
李美那(神奈川県立近代美術館主任学芸員)

Press Release(JP)>>

—————————————————————————

この度、ユミコチバアソシエイツでは、「美術批評の批評」をテーマに、戦後美術批評を再配置することを目的としたプロジェクト『批評 前/後ーー継承と切断 Critical Archive vol.3』を発足しました。

第二次大戦を通して新たな絵画的諸問題に直面した画家たちの実践を取り上げながら、その思考が戦後の活動にいかに表出されたかを論じた書籍『前夜/前線―Critical Archive vol.2』を継承し、本企画は、複数の時代/人材を繋ぐ結節点である 1950 年代前後の美術批評を軸として、戦前から戦後にかけて展開されてきた現代美術批評を再考し、今後私たちが美術批評とどのように向き合っていくべきなのかを探求します。

本シンポジウムでは、企画者の沢山遼氏の他、来春〜夏に刊行予定である書籍の執筆者である土屋誠一、成相肇、松井茂の各氏に加え、李美那氏を迎え、批評家や学芸員として活動されている各者それぞれの見解を持ち寄り美術批評についての意見を交わします。是非ともご聴講ください。


■開催にあたって
戦前から戦後にかけての日本の芸術批評は、中井正一、瀧口修造、花田清輝らを経て、美術の分野では、 美術批評の御三家と呼ばれる針生一郎、中原佑介、東野芳明へと引き継がれた。戦後の美術ジャーリズム において、針生、中原、東野の批評は、微妙かつ周到な棲み分けがなされていたように見える。その一方で、その批評はいずれも、それぞれの立場から、花田清輝をはじめとする戦前に企図されたさまざまな批 評的概念を継承あるいは部分的に接ぎ木するものだった。かつて、これら戦前の批評と戦後の批評とを結節する主要な舞台として、『美術批評』という名の雑誌が存在した。

『美術批評』の名が示すように、その媒体は、「批評を批評」し、批評を主導する場として、批評相互 の緊張関係を構築することを目的とする場でもあった。とくに1950年代の後半において、『美術批評』 では、さまざまな批評的概念が、複数の書き手を往還し、沸騰していた。そこは、批評的アイデアの継承 や誤読、あるいはその無軌道な変節や修正が行なわれる場でもあった。

おそらく、遅れてきた私たちが美術批評を「読む」ことにおいて重要なのは、個々の書き手の活動の総 体からそのテクストを照射することではなく、複数の批評家のあいだを無軌道に漂い、転移し、置換され てきた批評的アイデアを、複数の批評家のテクストの閾で思考することではないだろうか。その過程で、 読売アンデパンダンや「具体」「もの派」などの戦後前衛の展開と美術館制度の充実と成立のなかで、戦後美術批評が、過去の批評概念を再活用しつつ、新時代の動向を活性化させることに成功するが、同時に いかに多くのものを失い、あるいはその可能性を歪め、殺してきたのか、あるいは、なにに挫折してきた のか、等々のことが、明らかにされるのではないだろうか。

テクストをテクストの主体から開放することによって、どのような風景が見えてくるのか――。この企画では、現代美術批評が徐々に独自の展開を見せ始めた 1950 年代の交差的な批評実践とその言説空間を中心として、美術批評の意義とその可能性を再考してみたいと思う。

2015年9月 沢山遼




■本件に関するお問合せ■
Yumiko Chiba Associates ユミコチバアソシエイツ
東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#316
Tel:03-6276-6731 
E-mail:info@ycassociates.co.jp

http://www.ycassociates.co.jp