トークイベント、研究冊子 「前夜/前線 ― クリティカル・アーカイヴ vol.2」

このたび、ユミコチバアソシエイツは、20世紀絵画を独自の視点から論じる研究冊子の刊行(2014年春刊行予定)ならびに一年を通して行うトークイベントを開催いたします。

昨年刊行された高松次郎研究冊子『Jiro Takamatsu Critical Archive』は好評を博し、執筆者 4 名によるトークイベントも盛況のうちに終了しました。本企画は、その成果を踏まえ開催されるものです。
シリーズ2回目となる今回は、「戦争と絵画」をテーマに、石川卓磨、河本真理、沢山遼、弘中智子の各氏を迎え、美術家、美術史家、批評家、学芸員として活動されている4者のそれぞれの見解を持ち寄り、日本と西洋の20世紀絵画の再検討を行います。

トークイベントでは、企画者である石川卓磨、沢山遼の両氏が毎回ゲストを招き、対象となる画家やその作品をめぐって対談します。 香月泰男、浜田知明、福沢一郎など、主として1930年代~50年代に第二次大戦を通して新たな絵画的諸問題に直面した画家たちの実践が取り上げられる予定です。
ぜひ、ご注目ください。


■開催にあたって
 第二次大戦以降、日本やイギリスをはじめとする国で、多くの戦争画が描かれた。「戦争画」 の定義を広義に解釈すれば、いくつかの前衛主義――たとえば未来派やフランツ・マルクらの壮絶な絵画経験も、その範疇に含めることができるだろう。戦争という局面は、絵画を外的状況との絶え間ない緊張関係へと接続した。おおよそ、戦争経験による主体の再編を考慮することなしに、20世紀絵画を語ることは不可能である。しかし、私たちが行いたいのは、あらゆる20世紀絵画に戦争の陰影を読み込むような、反映論的な議論ではない。20 世紀の絵画実践は、外部との緊張関係を示す実直なドキュメントであったのではないからだ。むしろ、そのような状況において、画家自身がいかに、外部によって再編された制作主体を分析したのか、という視点こそが重要である。それは、さまざまな時差や抽象性の濃度をともなって、特定の様式論的枠組みには還元不可能な、意味論的かつ形式的な諸コードの発明と絵画組成の変容をもたらしたはずだ。それにともなって、絵画の内在的展開や様式論的推移といった神話もまた、解体されなければならないだろう。
 外部状況は、いかに制作主体の存在論的次元を再編し、絵画はそのような状況をいかに目撃したのか。戦争という、人間を「剥き出しの生」へと差し向ける例外状態は、絵画という一個のマテリアルの物理的な生成過程にいかに作用するのか。あるいは、図像の可読性のレヴェルにかかわらず、絵画の政治的・力学的・実践的な諸問題を方法論的に読解可能なものにする、いかなる批評があり得るのか。私たちは、そのような課題を通して、新たな絵画理論の構築を目指したいと思う。具体的には、浜田知明、香月泰男、福沢一郎ら、主として 1930 年代~50 年代に、そのような絵画的諸問題に直面した画家たちの実践が、議論の俎上にのぼることになる。
2013.5月 沢山遼



■前夜/前線 ― クリティカル・アーカイヴ vol.2
トークイベント Session 1:「香月泰男をめぐって」
蔵屋美香(東京国立近代美術館美術課長)
石川卓磨(作家、美術批評)
沢山遼(美術批評)

7月20日(土) 17:30-19:30、事前予約制、参加費¥500(レジュメ付き)

【お申し込み方法】
件名「クリティカルアーカイブvol.1」、お名前、ご住所、電話番号をご明記のうえ、
event@ycassociates.co.jpまで、メールにてお申し込みください。
・定員(25名)に達しましたら、受付を終了いたします。
・ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。
※vol.2以降のスケジュールが決まり次第、随時ご案内差し上げます。


■研究冊子
「前夜/前線―クリティカル・アーカイブ vol.2」として、各執筆者による研究冊子を刊行いたします。
2014年春の刊行予定です。
【執筆者】
石川卓磨(作家、美術批評)
河本真理(美術史家・広島大学大学院准教授)
沢山遼 (美術批評)
弘中智子(板橋区立美術館学芸員)


プロフィール等、詳細はプレスリリースをご覧ください。
Press Release(JP)>>



■Yumiko Chiba Associates Book / Talk series
Eve/Frontline – Critical Perspectives on World War Ⅱ and Painting


This summer, Yumiko Chiba Associates will begin work on a research book (scheduled for publication in spring 2014) looking at 20th-century painting from a unique perspective as well as launching a yearlong series of talks both entitled Eve/Frontline – Critical Perspectives on World War Ⅱ and Painting. Jiro Takamatsu Critical Archive, which was published last year, enjoyed a favorable reception and the talk session featuring the four authors was well attended. With this initiative we hope to build on that success. Taking as its theme War and Painting, this research book, the second in the series, will see Takuma Ishikawa, Mari Komoto, Ryo Sawayama and Satoko Hironaka contribute as artist, art historian, critic and curator respectively to a reexamination of 20th-century painting in Japan and the West.
At the talk sessions, organizers Ryo Sawayama and Takuma Ishikawa will invite a different guest each time to discuss specific artists and their work. It is anticipated that the focus will be on the art practice of such painters as Yasuo Kazuki, Chimei Hamada and Ichiro Fukuzawa who in the 1930s to 1950s in particular confronted a variety of new problems arising from the Second World War.
We hope you will consider featuring this event in your publication.



■Background
Since the Second World War, a great many war paintings have been produced in a number of countries including Japan and the UK. A broad definition of “war paintings” would probably enable us to include within this genre several avant-garde tendencies, among them futurism and the extraordinary painterly experiences of artists like Franz Marc. The circumstances of war meant that painting was continuously in a tense relationship with the outside world. In particular, it is impossible to discuss 20th-century painting without considering the deconstruction/reconstruction of the subject arising from the experience of war. It is not our intention, however, to engage in a reflection theory-like discussion by reading into 20th-century painting in its entirety the shadow of war. This is because the practice of painting in the 20th century is not a reliable document demonstrating this tense relationship with the outside world. Rather, it is more important to consider the extent to which, in these circumstances, the painters themselves analyzed artists deconstructed/reconstructed by the outside world. It is likely that along with various time differences and degrees of abstractness, it is this that brought about formation of the many formal and meaning-based codes in the paintings and the changes in composition that cannot be reduced to a particular style theoretical framework. Accordingly, such myths as the autonomous history of modern painting and stylistic progress may also need to be demolished.
To what extent did the external circumstances deconstruct/reconstruct the mind-body problems of the artists, and to what extent did their painting bear witness to these circumstances? To what extent does war, an exceptional condition that places humans in a state of “life stripped bare,” affect painting, a physical creative process of the individual? Can the various political, mechanical and practical problems of painting, whether abstract or figurative, be rendered readable at a methodological level, and to what extent can they be criticized? By looking at these and other issues, we hope to take the first steps towards constructing a new theory of painting. In concrete terms, we envisage the discussion focusing on the art practice of such painters as Yasuo Kazuki, Chimei Hamada and Ichiro Fukuzawa who confronted these issues pertaining to painting mainly in the period from the 1930s to the 1950s.

May 2013
Ryo Sawayama (art critic)


■Press Release(EN)>>