山城知佳子 「創造の発端 – アブダクション / 子供 – 」
Chikako Yamashiro “The Beginning of Creation: Abduction/ A Child”

2016年9月9日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、山城知佳子個展「創造の発端 – アブダクション/子供 -」を開催いたします。


©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
山城知佳子『創造の発端 -アブダクション/子供-』(2015年、愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品)


山城は、これまで沖縄戦の記録と記憶の継承に始まり、在沖米軍基地によって引き起こされる沖縄が抱えてきた複雑な状況と向き合い制作を続けてきた作家です。現実とフィクションの狭間で高度な比喩によって映像化された作品は、鑑賞者に様々な解釈を呼び起こしてきました。

本展にて上映展示される『創造の発端 ―アブダクション/子供―』は、ダム・タイプの元メンバーでダンサーの川口隆夫が、舞踏家の故・大野一雄の伝説的な舞台を「再現」するプロセスに山城が密着取材した映像作品です。
川口が他者(大野)を自らの身体に取り込もうとする行為の記録は、ただのドキュメンタリーでは終わらず、得体の知れない剥き出しの身体となって観者の前に立ち現れます。沖縄を通じて「他者との接触、その継承」を一貫したテーマの一つとして制作してきた山城だからこそ撮影できた濃密な空間を、この機会に是非ともご高覧ください。

本展では、『創造の発端 ―アブダクション/子供―』の上映展示を中心に、その補助的な意味合いを持つ映像作品、また本編のスチル写真作品も展示致します。

プレスリリース>>


■山城知佳子 個展「創造の発端 – アブダクション / 子供 -」
会期:2016年9月9日(金)- 10月15日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


■川口隆夫 踊る人体ヌードデッサン会
川口隆夫『SLOW BODY ― 脳は感覚を持たない』vol.26

「今ほど人体を見つめることが必要なときはない。穴が開くほど、直視せよ! 目の前の人体を見て、そこにある感覚を自分の体に直結させる試み。」
川口隆夫氏がヌードで踊り、参加者がその人体をデッサンする会です。
デッサン終了後は、描いた絵の見せあいをしながら川口氏との懇親会になります。

出演:人体/川口隆夫、音/和田翼
日 時:2016年9月10日(土)14:00-16:30(開場13:45) *デッサン会 + 懇親会
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
参加費:2,000円(1ドリンク付)
定員:15名
※事前申込制
※画材、スケッチブックはご持参ください。

【お申し込み方法】
件名「デッサン会参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(15名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。


■トークイベント
日 時:2016年9月10日(土)18:00-19:00
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
山城知佳子、川口隆夫、鷹野隆大
※事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。


■レセプションパーティー
日時:2016年9月10日(土)19:00-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 


■その他
山城知佳子は、現在愛知県書各所にて開催中の「あいちトリエンナーレ2016」へ参加しております。

「あいちトリエンナーレ2016」
会期:2016年8月11日(木)- 10月23日(日)
会場:旧明治屋栄ビル(栄会場)
詳しくは>>



■Chikako Yamashiro solo exhibition “The Beginning of Creation: Abduction/ A Child”
September 9 (Fri) – October 15 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Reception Party
September 10 (Sat) 19:00- 20:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Dancing Figure Drawing with Takao Kawaguchi
September 10 (Sat) 14:00- 16:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*Advance booking required

■Talk Event
September 10 (Sat) 18:00- 19:00
Chikako Yamashiro & Takao Kawaguchi & Ryudai Takano
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*Advanced booking required

Press Release(En)>>


Chikako Yamashiro has continued working up to now, inheriting records and memories of the Okinawa Battle as well as facing with the complex circumstances Okinawa has had such as environmental disruption caused by the US military base and a violation of woman’s rights. Her works do not show messages explicitly. But, using a high-level metaphor, they were produced as videos in a gap between reality and fiction. Then, they have inspired viewers to make various interpretations.
In The Beginning of Creation: Abduction/A Child presented in the exhibition, Yamashiro closely covered a process of Takao Kawaguchi, the dancer and former Dumb Type member , who “reenacts” the legendary stage by the late butoh performer Mr. Kazuo Ohno. The record of Kawaguchi’s performance to take another person (Ohno) into his own body does not remain just as a documentary, but is shown with a mysterious bared body in front of the viewers. The intense space will be presented, which only Yamashiro could shoot, who has kept working with a consistent theme, “to contact with other people and to inherit it” through Okinawa.
This exhibition will screen The Beginning of Creation: Abduction/A Child as a main feature. Also, the other video meant to be supplementary and those stills from The Beginning of Creation: Abduction/A Child will be shown.