アリ・サールト Ari Saarto
個展「CIRCLES」

2015年3月14日(土)より、ユミコチバアソシエイツではアリ・サールト個展「CIRCLES」を開催致します。


(C)Ari Saarto, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

1961年フィンランド生まれのアリ・サールトは、ヘルシンキ芸術デザイン大学の教師、学生、OBから成る写真家グループであるヘルシンキスクールの一員として、ヨーロッパを中心に数々の展覧会を開催し、現在ヘルシンキを拠点に第一線で活動している写真家です。

ホームレスの人々の住処やかつて殺人のあった場所を撮影の現場として選んできたサールトの作品は、一見するとジャーナリスティックなドキュメンタリー写真を彷彿とさせますが、伝統的な風景画の文脈に沿った空間構成を図像に取り込むことで立ち現れる非現実性からも分かる通り、その主題は別にあると言ってよいでしょう。

「私は風景の歴史的な層、特に風景と空間に結びつく価値に興味を持っています。空間の写真は人間の心理の写真として見る事ができます。」と本人が語るように、鑑賞者はサールトの切り取られたイメージに向き合った時、そこに何らかの「痕跡」を感じると同時にそれまでそこに誰か/何かが存在していたという「不在性」を想起し、「今、ここで」という現在のみでなく、記憶と時間の集積がつくり出す超越的な視座へと思考を導くことができるのです。

これは、出来事を記録する上でその表面性ゆえに欺瞞的になってしまいがちな写真/映像メディアの特性を意識した上で、それでもそこから「過去-現在-未来の現実」を抽出しようとするサールトの緊張感を持った試みであり、新しい認識を我々に提示してくれることでしょう。

本展は約10年振りの日本での個展となります。是非ともご高覧ください。

尚、今回オープニングは致しませんが、4月のリッタ・パイヴァラネンの展覧会の際に、リッタ・パイヴァラネンと合わせて来日する予定です。トークイベントも予定しておりますので、またリッタ・パイヴァラネンのリリースに詳細を記載致します。

■個展
「CIRCLES」 
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
2015年3月14日(土)- 4月8日(水) 12:00-19:00(休:日、月、祝日)
※オープニングレセプションは開催いたしません。

Press Release(Jp)>>

■関連情報
本展、並びに4月11日から予定しているリッタ・パイヴァラネン展の開催に伴い、ヘルシンキ現代美術館(KIAZMA)キュレーターのカティ・キヴィネンによる執筆で、アリ・サールト/リッタ・パイヴァラネン共同研究冊子を刊行予定です。(4月発売予定)
詳細は改めてご案内いたします。


Yumiko Chiba Associates is pleased to present a solo exhibition by Ari Saarto from March 14, 2015.

Ari Saarto, born 1961 in Finland, has many exhibitions mainly in Europe as a member of the photographer group,
Helsinki School, consisting of lecturers, students and graduates of the University of Art And Design. Mr. Saarto is
one of the leading photographers presently based in Helsinki.

Saarto’s works, which were taken in homeless people’s residence and the scene of a murder, remind you, at first
sight, of a documentary photograph which is characteristic of journalism. However, his theme is something else
as shown in his way of applying a traditional landscape technique in his images in which unreality is depicted.

Saarto mentioned, “I am interested in the historical layers of landscape and particularly in the values associated
with landscape and space. A picture of space can also be seen as a picture of human psyche”. When looking at
the images he depicts, the viewer perceives some signs and recognizes that they indicate an absence of
somebody/something which previously had existed. The images can lead you to think of not just the present time
but a transcendental viewpoint made with the accumulation of memories and time.

Saarto, being aware of superficial characteristics of photographs/projection which tend to be deceptive in a
record of happenings, is yet attempting to extract “past – present – reality in the future” in his works with an air of
tension. He will show us a new recognition of perception.

This is Saarto’s solo show in Japan after an interval of 10 years.

There will be no opening reception, but Mr. Saarto will come to Japan with Ms. Riitta Päiväläinen in April at the time of of her exhibition.
Gallery Talk is scheduled to be held, with both Mr. Saarto and Ms. Päiväläinen.
Detailed will be informed in Ms. Päiväläinen’s press release.

Ari Saarto “CIRCLES”
March 14 (Sat) – April 8 (Weds), 2015
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*No opening reception will be held.

Press Release(En)>>

■Related Information
On the occasion of the exhibition as well as Riitta Päiväläinen‘s exhibition held from
April 11, a study booklet of Ari Saarto and Riita Päiväläinen written by Kati Kivinen,
Curator, Museum of Contemporary Art KIASMA in Helsinki is scheduled to be
published in April. Detail will be informed later.