リッタ・パイヴァラネン Riitta Päiväläinen
個展「River Notes」


(C)Riitta Päiväläinen, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


ユミコチバアソシエイツでは、2015年3月よりフィンランドの現代写真を紹介する連続企画「Unseen Landscape」をスタートします。第一弾であるアリ・サールト展「CIRCLES」に続き、今回は同じくヘルシンキスクールの一員でありヨーロッパを中心に活躍している写真家リッタ・パイヴァラネンの個展「River Notes」を開催いたします。

フリーマーケットで購入した古着や、使用された生地を自然の中に配置しサイトスペシフィックなインスタレーションを構築、そしてそれを撮影したパイヴァラネンの写真作品は、観る者に想起を促す仕掛けで満ちています。

撮影に使用された古着は、既にここには着用者がいないという喪失感と同時に、誰かに着用されてきた時間の堆積を示すものであり、それは、生と死、実在と不在という目に見えないものを、私たちの眼前に浮かび上がらせるメタファーとしても機能します。
写真撮影の舞台の選定は視覚だけに頼らず、衣服が自然の一部となり、且つ作家がそのイメージの中に自らを投入でき、最終的にそこに関わる全てが相互に共鳴し合う空間を誕生させられる場所が作家によって入念に選ばれます。

過去と現在の中で消えてしまったもの、もはや今では見えないものの痕跡を探し出し、そして在るべき場所にそれを配置することで、失われた個人、失われた歴史があることを私たちに知らせます。私たちは、もはやそこには無いことをその痕跡によって知るのです。

本展の出展作であり新作となるRiverNotes シリーズは、景観の中に生地を幾重にも絡み付けあたかも木々や森が衣装を纏うかのように設置し、それが川や湖に反射する様を新たなイメージの構成要素として取り込みます。そこには、実在と不在という根源的な問いかけに
より強くアプローチしようとする作家の姿勢を見ることができます。

本展はパイヴァラネンの日本での初めての個展となります。是非ともご高覧ください。

■個展
「River Notes」 
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
2015年4月11日(土)- 5月2日(土) 12:00-19:00(休:日、月、祝日)


■オープニングレセプション
日時:2015 年4 月11 日(土)18:30-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku


■トークイベント
アリ・サールト/リッタ・パイヴァラネン来日に伴う、トークイベントを開催します。
日時:2015 年 4 月 11 日(土)17:00-18:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:アリ・サールト × リッタ・パイヴァラネン × 岡田 勉(スパイラル チーフキュレーター) *通訳有

※事前申込制、参加費:無料
※会場にてアリ・サールト/リッタパイヴァラネン研究冊子(通常価格\1,000+税)を、特別価格¥800(税込)にて 販売します。

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」 本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jp までメ ールでお申し込みください。
*定員(25 名)になり次第、受付を終了いたします。 *ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。


■関連情報

本展の開催に合わせ、カティ・キヴィネン(ヘルシンキ現代美術館キュレーター)執筆によるアリ・サールトとリッタ・パイヴァラネンの共同研究冊子を刊行致します。


アリ・サールト/リッタ・パイヴァラネン研究冊子
『Tracing the Forgotten, the Dismissed, the Painful / The Song of the River』

著者:カティ・キヴィネン(Kati Kivinen)
ブックデザイン:小沼宏之
発売日:2015年4月11日(土)
仕様:A5判、32頁
(両面表紙、モノクロ仕様)
和英バイリンガル
定価1,000円+税

Press Release(Jp)>>



Yumiko Chiba Associates has started a serial project Unseen Landscape in March 2015, introducing contemporary Finnish photographs. Following the first one CIRCLES by Ari Saarto, Riitta Päiväläinen’s solo exhibition River Notes will be held. Ms. Päiväläinen is a member of the Helsinki School group the same as Mr. Saarto, and has been active primarily in Europe

Päiväläinen makes a site-specific installation in nature by placing old clothes purchased in a flea market and used cloth and take a photograph of them. Her works are filled with tricks which attract the viewers to remind of something.

The old clothes used in the shooting depict the sense of loss that they are worn by nobody any more and at the same time the accumulation of time during which somebody had worn them. They therefore function as a metaphor for something invisible surfacing in front of us such as life and death, and presence of absence.
Päiväläinen elaborately chooses a stage for the shooting, not only relying on the sense of the sight, but it must be a place where the garment becomes a part of nature. Moreover, she can commit herself into the image there and can create a space where everything related is mutually resonant in the end.

She presents that there was a person or a history that were lost. For that, she finds out the things which disappeared between the past and present, meaning their vestiges of the unseen now, and then locates them in the place they should exist. Through them we recognize absence of things which do not exist any more.

In River Notes series exhibited, which is Päiväläinen’s new works, she entwined cloths with trees in several layers in landscape, as if the trees are dressed, and took their reflection on the river or lake to compose a new image of her work. There, her strong approach for the fundamental question toward presence and absence can be observed.
The exhibition is the first solo show of Riitta Päiväläinen in Japan.

■ Opening Reception
April 11 (Sat), 2015, 18:30 – 20:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 

■ Talk Event
April 11 (Sat) 17:00 – 18:30 *Booking required. Free of charge.
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
with Ari Saarto, Riitta Päiväläinen and Tsutomu Okada, Chief Curator, SPIRAL
*Interpreter in English
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to
*Study Booklet of Ari Saarto and Riita Päiväläinen will be available at \800 (tax inclusive) instead of the regular price \1,000.

■ Related Information
On the occasion of the exhibition, a study booklet of Ari Saarto and Riita Päiväläinen written by Kati Kivinen, Curator, Museum of Contemporary Art KIASMA in Helsinki is published.

Study Booklet of Ari Saarto and Riita Päiväläinen
Tracing the Forgotten, the Dismissed, the Painful / The Song of the River

Written by Kati Kivinen
Book Design by Hiroyuki Onuma
Published on April 11 (Sat), 2015
A5, 32 pages, Both-sided covers, Monochrome printing
Bilingual in Japanese and English
\1,000 (plus 8% tax)

Press Release(En) >>