ドミニク・レイマン Dominik Rajman
『遠くて、近すぎる』 “Far too Close”

ドミニク・レイマンは、映像を、カンバスや建物の壁、
公園、道などに投影する作品を発表してきた作家です。
それらの作品は、「ミクロ」と「マクロ」、「歴史や文化的背景」と「イメージの世界」、
「具体」と「象徴」、「特定」と「普遍」といった、相反する二つの世界を常に備えています。
この二面性を行き来する瞬間の緊張感が、ドミニクの作品の最大の魅力ともいえるでしょう。
今回の展覧会は、京都と東京、2会場での同時開催です。
それぞれの会場の特性を生かしながら展示される、ドミニク・レイマンの作品を、
ぜひご高覧ください。

“title undecided” “title undecided”
“ドミニク・レイマン《60sec. Cathedral》、2011年”
©Dominik Lejman 


■ドミニク・レイマン(Dominik Lejman) プロフィール
1969年 グダニスク(ポーランド)生まれ。1989年から93年までグダニスク美術アカデミーで絵画を学んだ後、93年から95年までロンドンのロイヤルカレッジオブアートで絵画の学士号を取得。ポズナニ(ポーランド)とベルリン(ドイツ)在住。ポズナニ美術大学で教鞭を執る。絵画へ映像を投影するなど、多層的かつ微細な「動く絵画」の作家として世界の注目を集めた。また近年では公共空間でのプロジェクションを行って、場の機能を変える試みを行ったりしている。ワルシャワ現代美術センターのほか、ストックホルム近代美術館、ハンブルガー・バーンホフ(ベルリン)、欧州議会(ブリュッセル、ベルギー)など、世界各地にて作品を展示。日本では2008年に三重県立美術館、国立国際美術館(大阪)、東京都写真美術館で開催された「液晶絵画 Still/Motion」展に参加。

■企画趣旨
ドミニク・レイマンは映像を用いながら、それをカンバスに投影したり、もしくは壁画のように壁全体に投影する作品を発表してきた。また近年では、屋外で建物や公園、道などに投影するプロジェクトも続けてきている。レイマンの作品にはしばしば、群衆が登場し、たくさんの群れ集う人々が俯瞰的に投影されることで、その個々の動きがまるで花が咲くように、異なる側面を見せるさまが映し出される。例えば2010 年の《基礎的諸相》では、メッカを巡る巡礼者たちの様子が俯瞰され、エルサレムの嘆きの壁で祈る人々が鮮やかに、まるで流れの激しい川のようにも見える。個々の具体的な形態が、集団となって象徴的・抽象的な形へと変化するのだ。2011年の《60 sec. Cathedral》では、レイマンはスカイダイバー達に依頼して、デュラムの聖堂の星形のアーチを空に作った。アーチは60 秒ほど継続して、また個々の要素(人)へと散らばってゆく。個展タイトル「遠くて、近すぎる。Far too Close」に示されているように、遠く離れてみて気づく風景と近景とが交錯し、また同時にミクロとマクロの世界が暗示され、歴史や文化的な背景とイメージの世界とがクロスする深みが感じられる展示である。具体的な人物などが登場しながらも高い象徴性をはらみ、今ここの出来事でありながらいつどこでもあり得る普遍性を獲得する、その両者を行き来する往還運動の瞬間の緊張感が最大の魅力である。2011 年にベルリンのZAK | BRANICKAギャラリーでも同タイトルの個展が開催された。
今回は東京と京都の2会場にて、それぞれの会場の特性を生かし、空間や建築的特徴を巧みに生かしつつ同個展出品作品を二か所に分けて展示し、さらにワルシャワの国立オペラ劇場で実施予定の最新のパフォーマンス映像も加えた構成である。レイマンはこれまで日本にて、2005 年「Passages to Olymp」展(崇城大学ギャラリー、熊本)、2008 年「液晶絵画 Still/Motion」展(三重県立美術館/ 国立国際美術館/ 東京都写真美術館)などのグループ展で作品を発表してきたが、今回は国内初の個展開催となる。    加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)

■ドミニク・レイマン個展 レクチャー開催決定!

東京会場でのレクチャーが決定いたしました。
作品を前に、作家自身の言葉を聞くことのできる、大変貴重な機会です。
本展覧会のキュレーター、加須屋明子氏(京都市立芸術大学美術学部准教授)も出席します。
ぜひ、足をお運びください。

[ 日 時 ] 2012年3月6日(火)
 ・レクチャー「作品の儚さと永続性について」 18:00‐19:00 
  ドミニク・レイマン、加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
 ・オープニング 19:00‐20:00
[ 会 場 ] Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)


■会期/会場詳細

【東京】
Yumiko Chiba Associates Viewing Room Shinjuku
2012年3月6日(火)‐3月24日(土) 
OPEN:12:00-19:00  CLOSE:日、月、祝日 

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA Gallery C
2012年3月6日(火)‐3月25日(日)
OPEN:11:00-19:00(最終入館18:45)  CLOSE:月(月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休館)
http://www.kcua.ac.jp/gallery/

キュレーション:加須屋明子(京都市立芸術大学美術学部准教授)
主催:Yumiko Chiba Associates、京都市立芸術大学加須屋研究室
協力:駐日ポーランド共和国大使館、ZAK | BRANICKAギャラリー(ベルリン)、京都市立芸術大学ギャラリー@KC-UA
協賛:ポーランド広報文化センター、アダム・ミツキェヴィチ協会


■Profile
Born in 1969 in Gdansk, Poland. From 1989 to 1993, he studied painting at the Academy of Fine Arts in Gdansk, then from 1993 to 1995 he did his MA in painting at the Royal College of Art in London. Currently living in Poznan and Berlin and teaching at the University of Arts in Poznan. His projecting images into paintings caught the world’s attention as an artist of “moving picture” which is multilayered and meticulously fine. In recent years, he has conducted projections in public spaces to rearrange their functions. He has exhibited his works around the world such as the Center for Contemporary Art, Warsaw, Moderna Museet, Stockholm, Hamburger Bahnhof, Berlin and the European Parliament in Brussels and many other cities.
In Japan he has presented his works in group exhibition such as “Passages to Olymp” in the Sojo University Gallery in Kumamoto, 2005, “Still/Motion” in the Mie Prefectural Art Museum, Mie, the National Museum of Art, Osaka, and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 2008.

■Statement
Dominik Lejman has featured works in which he projects images onto canvas or on the entire wall like a mural. In recent years, he has projected images on buildings, parks, and roads. In his works crowds can often be seen. Overhead views of many people who gather in one place are projected and the individual movement of the people, which looks like a flower blossoming, is shown to be different from one another.
In his work “Fundamental Layers” (2010), the pilgrims who go to Mecca appear like a torrential river seen from a bird’s eye view, while the people who pray at the Western Wall in Jerusalem shape vibrant lines. Each concrete figure turns as one group and creates a symbolic and abstract form.
In “60sec. Cathedral” (2011), Lejman asked parachuters to reconstruct the ceiling of the star-shaped arch of a Duram cathedral in the air. The arch was held for 60 seconds and then dispersed as single individuals.
In this exhibition, as shown in the title,”Far Too Close”, Lejman’s works present the scene from faraway and close up views which cross over each other. They, at the same time, give a hint of both the micro and macro-worlds and express the essence of the world of images as well as their real historical and cultural background in depth. Even the appearance of specific people in his works has a highly symbolic meaning. Present events could be universal events that happen anytime or anywhere. The greatest attraction of Lejman’s works is that they bring a feeling of tension to the moment where the present and universal go back and forth.
In 2011, his solo exhibition “Far Too Close” was held in the ZAK | BRANICKA Gallery in Berlin.
The exhibition this time will be presented in two places both in Kyoto and Tokyo. The updated performance image, which is to be featured at the National Opera in Warsaw, has been added to the exhibition.
Lejman has presented his works in group exhibitions in Japan; “Passages to Olymp” in the Sojo University Gallery in Kumamoto, 2005, and “Still/Motion” in the Mie Prefectural Art Museum, Mie, the National Museum of Art, Osaka, and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 2008.
This exhibition is his first solo exhibition in Japan.
Kasuya Akiko (Associate Professor, Kyoto City University of Arts)