2018.9.21

吉田志穂「Quarry / ある石の話」
Shiho Yoshida “Quarry/The Story of a Stone”

2018年9月29日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、吉田志穂個展“Quarry / ある石の話”を開催いたします。



©Shiho Yoshida, courtesy of Yumiko Chiba Associates



 Googleで画像検索をし、モニター上にモチーフとなる被写体を探す。出てきた検索結果からイメージを選んだ後、最初の撮影が行われる。その後、そのイメージが実際に撮影された現地に足を運び、そこでまた撮影をする。
吉田志穂は、これまでこうした方法でデジタルとアナログの間を行ったり来たりしながら対象を求め、制作を続けてきました。
撮影されたイメージは、等価にプリントされていきます。吉田にとって、それがデジタルかアナログか、リアルであるかヴァーチャルであるのかといったことは大した問題ではありません。出てきたイメージをプリントし、そのイメージの本質について考える時間が制作における大切なプロセスであり、そして最も重要なことはそれらのイメージが実際の空間でどう見せられるのかということなのです。
展示によってそれぞれのイメージは物質化され、ひとつの空間へと変わっていきます。その時、イメージは見るものから体感するものへと変わります。そして、そこは到達した場所であると同時に、そこからどこかにつながる一つの風景でもあります。

今回吉田が選んだのは、ある「石」を巡る物語です。「石」は人間の生命のタイムスケールで測ることはできません。悠久とした長い時間を経るものとして、半永久的に不変の存在とされてきました。また「石」は、中国ではセキと読み、日本ではコクと読む、私たちの生活の中で質量の単位を表すものでもありました。
そうした「石」が持つ時間と物量が、古今東西様々な物語を生んできました。

吉田が探してきたイメージが、語られてきた物語の断片なのか、新たな物語を作るのか、時空を超えて現れてくるものを共にご覧いただければと思います。


■個展 「Quarry / ある石の話」
会期:2018年9月29日(土)- 11月2日(金)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #206
   営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝

プレスリリース>>


■オープニングレセプション
日時:2018年9月29日(土) 18:00 – 20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日時:9月29日(土) 17:00 – 18:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:吉田志穂 x 金澤韻(インディペンデント・キュレーター/十和田市現代美術館 学芸統括)
※事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(15名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

TOP ↑

2018.11.16

山本渉「欲望の形/Desired Forms (2012-2017)」

TOP ↑



2018年11月22日(木)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、山本渉個展「欲望の形/Desired Forms (2012-2017)」を開催いたします。今回は2012年に発表した「欲望の形」シリーズに連なる新作を発表いたします。
———————————————————————————————————————
 カール・ブロスフェルトの『芸術の原型』(1928年)に倣って撮影されたそのオブジェクトは、その細部の明晰さも相俟って、いわば「新即物主義的」に、ある事実を我々に伝えている。

事実。これらのオブジェクトは、ペニスではない。

撮影されたオブジェクトとは、男性用性玩具(オナホール)の内側(=ペニス挿入部分)を石膏で固めて取り出した立体物である。したがって一見するとそれはネガとしての人工ペニスである。がしかし、山本が撮影したそれらの写真は、見れば見るほどにおよそペニスらしからぬ異形さを湛えている。それはあたかも現代都市に自生する植物群のようであり、木下直之が「とろける股間」と形容した、修正され単なる盛り上がりと化した野外の男性裸体彫刻の性器とはまた違う時間の研磨を受けている。人間工学とユーザーへの綿密な聴き取り調査に基づいて開発を続けていった結果、オナホールの空洞部分は、ペニスと一致するよりもむしろ離れていくこととなった。ペニスのリアリズムも、ヴァギナのリアリズムも、製作の条件-拘束具としてはもはや機能しない。石膏の輪郭線は快楽の最大化と技術的可能性によってのみ縁取られる。

新即物主義の作家たちは、同時代に流行していた観賞用の多肉植物を好んでモチーフとして取りあげているが、ここには、単に被写体の選択だけではなく、「新即物主義的」な撮影手法の選択においても、植物という自然を、無生物的、商品的、もっといえば機械的なものとして取り出しうるという可能性への確信が見てとれる。機械化と資本主義化が推し進められた彼らの時代においては、単なる自然主義は現実を掴みきれない。すべてが商品として欲望のもとに流通しうる現実を十全に過不足なく印画紙に定着させるための技術-芸術として、多肉植物は即物的に撮影されている。ブロスフェルト以上に、たとえばアンネ・ビエールマンの撮影したサボテンの方が山本の実践と重なり合うのは、そのためだ。

撮影されたこの奇妙な、しかし確実に実在するオブジェクトは、山本自身の経験が蝶番となって、東京・秋葉原という街へと結びつき、さらにサブカルチャー、インターネット空間へと連想されていく。そこには無論、2008年に起きた「通り魔事件」の残響が谺している。ここで我々は暫定的な結論を得る。これらの写真は、欲望に造形され特殊化していく社会の表象なのだ、と。しかし凍てついた視線によって貫かれたその写真は、再度我々に呼びかけている。

注意。これらのイメージは、社会そのものではない。

一致ではなく、そのズレと離反と抵抗にこそ、考察の契機は埋め込まれている。

長谷川 新(インディペンデント・キュレーター)




■作家ステートメント

「オナホール」と呼ばれる男性用性玩具の内側(空洞部分)を石膏で固め、取り出した立体物を撮影した写真群が「欲望の形」である。このシリーズは、人工的なヴァギナ(オナホールの穴)を反転し人工的なペニスとして撮影することによって欲する者の総体を捉えようとする試みであり、また多様なオナホールが生み出される生態系―オタクカルチャー、秋葉原という街、ネット空間とが複雑に絡む現象/空間―をガラパゴス化した自然林と捉え、そのキノコを採集せんとする私自身の欲望でもある。わざわざ撮影を行うのは、具体的なプロダクトを基にしつつ実体なき像を探求するためであり、カール・ブロスフェルトを範にしている。
今作は2012年に初めて発表した同シリーズの新作にあたり、主に2012年から2017年までの間に発売されたオナホールを対象にして制作している。2007年から秋葉原のアダルトショップでリサーチのためのアルバイトを始め、2008年の秋葉原通り魔事件を目の当たりにし、秋葉原の変容を観察してきた自分にとって2018年という年は節目にあたる。オナホールの穴から覗くこの10年間の停滞と進展のイメージを目の当たりにしてほしい。

2018年の新作個展には、2012年に発表したシリーズと同様の手法を用いたモノクロ等身大プリントと、オナホールのパッケージに描かれるキャラクターを光(プロジェクション)として石膏像に投影したカラープリントの作品を発表する。

山本 渉



■オープニングレセプション
日時:2018年11月22日(木)18:00-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日時:2018年12月8日(土)17:00-18:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:山本 渉 × 長谷川 新 (インディペンデント・キュレーター)
※事前申込制、参加費:無料

登壇者プロフィール
長谷川 新(インディペンデント・キュレーター)
1988年生まれ。インディペンデント・キュレーター。主な企画に「無人島にてー「80年代」の彫刻/立体/インスタレーション」(2014年)、「パレ・ド・キョート/現実のたてる音」(2015年)、「クロニクル、クロニクル!」(2016-2017年)、「不純物と免疫」(2017-2018年)など。PARADISE AIR 2017-2018年度ゲストキュレーター。日本写真芸術専門学校講師。日本建築学会書評委員。



【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

TOP ↑

2018.9.21

事務所移転のお知らせ


このたび事務所を316号室から205号室に移転いたしました。

お手数ではございますが、下記住所に住所録のご登録変更をお願い申し上げます。
※電話番号、ファックス、メールアドレスに変更はございません。


オフィス新住所
————————————————————————————-
Yumiko Chiba Associates ユミコチバアソシエイツ
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-32-6パークグレース新宿#205
————————————————————————————-


今後とも、変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。


ユミコチバアソシエイツ

TOP ↑

2018.8.9

夏期休廊のお知らせ

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuは2018年8月11日(土・祝)から8月20日(月)まで夏期休廊とさせていただきます。

8月25日(土)からは、高松次郎、Agnes Martin、Sol LeWittによるグループ展「Between the Lines」を開催いたします。
詳しくは>>



Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will be closed for the summer holidays from August 11 through August 20, 2018.

From August 25, an exhibition project titled “Between the Lines: Jiro Takamatsu, Agnes Martin, and Sol LeWitt” will be featured.

TOP ↑

2018.8.9

高松次郎、Agnes Martin、Sol LeWitt
「Between the Lines」

2018年8月25日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、高松次郎、Agnes Martin、Sol LeWittによるグループ展「Between the Lines」を開催いたします。


高松次郎、Agnes Martin、Sol LeWitt
「Between the Lines」

今年の高松展では、ソル・ルウィットとアグネス・マーティンの作品とともに「線」を巡った展示をいたします。

高松次郎は、最初のシリーズとなる点シリーズの後、「線」の概念を用いた紐というシリーズを始めますが、長さという特徴だけをもつ非物質性と抽象性はその後の多様な展開へとつながり、定義の追求は晩年の形のシリーズまで続きました。
「線」は皆が知っている数学の基礎的な概念ですが、実は誰も明確な原理を知りません。

ユークリッドは「線」について、「線とは幅のない長さである。」と述べていますが、「線」には重さも厚みもありません。 その一方で、「線」は私たちが存在する世界や社会を仕切るものとして使われてきました。物事の水準を表し、物の輪郭となり、全ての物事を認識または決定する境目の役割を果たしています。 ですが、その定義は極めて曖昧で、外面上は点の連続体であり、平面上または空間内で面が交わるときにできる一続きの終わりのない形です。

一定のサイズの正方形のキャンバスや紙の上に、グリッドや水平のラインのみを用いたスタイルで生涯にわたり線を描き続けたアグネス・マーティン。
ソル・ルウィットは、彼が3次元の作品を表すときに好んで用いていた”ストラクチャー”という用語に従い、線と面と色を使って幾何学的な形状や線状のパターンを多様な配置で展開し空間を作り続けました。

Between the Linesというタイトルには、文字通り「線の間」で何を思考し思索したかということですが、そこにはRead between the Linesという意味も含まれています。 つまり、言外の意をくみ取ることと、線の外で何が行われたかということです。

本展にぜひ足をお運び頂ければ幸いです。


■会期:2018年8月25日(土)- 9月21日(金)
※オープニングレセプションは致しません。
■会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)
協力:Pace Gallery

TOP ↑

2018.5.16

山本尚志 Hisashi Yamamoto
TMMTアートプロジェクツ 山本尚志 個展「トリプルタワー」
クロージングパーティーのお知らせ

現在開催中のTMMTアートプロジェクツ 山本尚志 個展「トリプルタワー」において、
クロージングパーティーを開催することになりましたのでご案内致します。
お誘い合わせの上、是非ともご参加ください。


山本尚志「トリプルタワー」2018
©Hisashi Yamamoto, courtesy of YumikoChibaAssociates


■展覧会情報
TMMTアートプロジェクツ 山本尚志 個展「トリプルタワー」
会期:2018年3月3日(土)- 5月末終了予定
会場:東京都品川区東品川2-1-11 TMMT内

■クロージングパーティー
日時:2018年5月25日(金)18:00 – 20:00
会場:東京都品川区東品川2-1-11 TMMT内
参加費:無料

詳しくは>>

■展示ステートメント

山本尚志個展「トリプルタワー」に寄せて

幼稚園の年長組から、小学校中学年時代にかけて、何度か家族旅行で東京を訪れた。何度かと言ったのは、正確な数を忘れてしまったこともあるが、当時やたらと新幹線に乗った記憶があり、食堂車やビュッフェなど、そっちの情報量が圧倒的に優っているからだろう。いつどこに行ったのかは、どうでもよかった。そんなまだ小さな子供だった。新幹線が大好きだった。

つまり、当時地元広島まで延伸していた夢の超特急「山陽新幹線」が、私にとっての東京旅行の「印象のほとんど」を占めていたのだ。(私の初期作品「マド」では、新幹線の無数の窓枠をマーカーで書き「マド」とその中に書いた)

けれども、だ。ほとんど新幹線しか印象にない旅行の中で、家族3人で上った東京タワーだけは、別格だった。

浅草の雷門より、新宿副都心より、はとバスツアーで回った東京タワーがダントツで興奮した。

そして、帰りのエレベーターに乗り損ね、はとバスの発車時刻に間に合わないという父の判断で、展望台から非常階段で降りたことは、生涯忘れられない思い出だ。

一人っ子で育った幼少期、父と母と手を繋いで駆け下りた東京タワーの非常階段が、この「ありえないものシリーズ」その1、「トリプルタワー」という作品の根底にある。

ちなみに、同時展示作品の「ありえないものシリーズ」その2「ステーキ」のバリエーションは、「Tボーン」「Lボーン」というのがあるのなら、それを勝手に発明してやればいいのだという思い込みによるもの。(私の作品には通常版ステーキのほか「クロスボーンタイプ」や「ストマックタイプ」などがある)とにかくこれは書いていて楽しかった。

その3の「いれもの」は、入口が2つあるという「ありえない容器」を書いている。口から入れたいだけ入れて飽和状態を作り出してしまった、これはどこかの誰かへの警鐘なのかも知れない。このシリーズは、これからもどんどんバリエーションが増えていく予定。

最後に脱線するが、今回、個展会場の最寄り駅「天王洲アイル」に下見に行くのに、浜松町から東京モノレールに乗った折、我が家の東京旅行のどこかで、YS11に搭乗して羽田空港から広島空港に到着した記憶が鮮明に蘇った。やや不安定なモノレールの乗り心地が、旧い記憶を呼び覚ましたのだ。

言葉は記憶であり、記憶は私の書の源である。私たちが言葉をしたためるとき、それは常に過去を振り返るのだ。

この個展の時のことも、いつか私はどこかで書くのだろうか。

山本 尚志

TOP ↑

2018.5.1

北井一夫「フナバシストーリー」
Kazuo Kitai “Funabashi Story”

2018 年5月25日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、北井一夫個展「フナバシストーリー」を開催いたします。


©Kazuo Kitai, courtesy of Yumiko Chiba Associates


 1960年代、北井は横須賀の原子力潜水艦寄港反対闘争をテーマにした「抵抗」や、大学民主化を要求する学生運動を撮影した「過激派・バリケード」等の刺激的な作品を制作、70年代に入ると、日本の経済成長と共に急速に失われていく農村社会の営みを捉えたシリーズ「村へ」、「いつか見た風景」を発表する等、その眼差しは常に時代と向き合ってきました。そして80年代、バブルに向かいつつあった日本社会の中で、北井の関心は団地や新興住宅地で暮らす人々の生活に移ります。

 「フナバシストーリー」は、1980年代に人口が急増した千葉県船橋市の行政から北井が“生活する人たちと町の写真を撮ってほしい”と依頼されたことから始まりました。
 当時、船橋市は、東京郊外のベットタウンとして団地や新興住宅地の建設が進み、住民の8割は新住民(大都市近郊に移住をした住民)であると言われていました。新婚で入居し、子育てをし、子供が大きくなると手狭になり引っ越しをしていく。同じ建物が均等かつ無機質に並ぶ区画整理された集合住宅の中で淡々と繰り返されるこうしたサイクルは、より大きな成長を促していきます。しかしながら、それまで自分たちが置かれていた速度とは違う速さで物事が動いていく様に、人々は表面的には発展を喜びながらも戸惑いを覚えていたのではないでしょうか。北井は、その中で営まれる個々の生活に目を向け、丹念に取材と撮影を重ね、その場所や人々の持つ明るい光を切り出しました。

生活の場は、村が「暗」であったのに対して、団地は大きな窓から室内に光がたくさん入る「明」であった。物や人の存在感も村が「重」であったのに対して、団地は軽くて宙に浮いたような存在感で、すべてが反対側を向いた在りようを示しているのだった。
*北井一夫「写真家の記憶の抽斗」より抜粋

 北井本人が語るように、変遷していく時代の流れを敏感に感じ取り、そしてそれを実直且つ丁寧に撮影することで垣間見られる日常の光景こそが、「フナバシストーリー」なのです。

 尚、展覧会のオープニングに合わせ、写真家の鷹野隆大氏をゲストに迎えトークイベントを開催致します。この機会に是非ご参加ください。


■個展 「フナバシストーリー」
会期:2018年5月25日(金)- 6月23日(土)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #206
   営業時間:12:00-19:00 定休日:日、月、祝

*会期中、以下の日程で作家が在廊致します。
5月25日(金)、6月1日(金)、2日(土)、16日(土)、23 日(土)

プレスリリース>>


■オープニングレセプション
日時:6月1日(金) 20:00 – 21:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント※定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちとなります。
日時:6月1日(金) 19:00 – 20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
登壇者:北井 一夫 × 鷹野 隆大(写真家)
※事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

-

■Kazuo Kitai solo exhibition
“Funabashi Story”
Date: Friday, May 25 – Saturday, June 23, 2018
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Gallery Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■Opening Reception
Date: Friday, June 1, 20:00-21:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■ Special Talk
Date: Friday, June 1, 19:00-20:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Speakers: Kazuo Kitai and Ryudai Takano (Photographer)
*Admission free. Booking required. Seating capacity: 20
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp
*If you do not receive a reply from the gallery, please contact us during gallery’s opening hours.

Press Release(En)>>


 In the 1960s, Kazuo Kitai worked on a photographic series titled Resistance which took as its subject the people’s protest against the stopping of the US’s nuclear powered submarines at the port of Yokosuka, as well as other works that were as inspiring including the series titled Agitators and Barricade that photographed the students’ movement which demanded the democratization of universities. In the 1970s, he captured with his camera the daily activities in agricultural communities that were in a rapid process of disappearance amidst the growth of Japanese economy in the photographic collection titled To the Villages and Somehow Familiar Places; his gaze was thus always casted upon the ongoing time in which he lived. In the 80s, when Japanese society was heading towards a bubble economy, Kitai shifted his interest upon the life of people living in apartment complex and newly developed residential area in the suburbs.
The project for Funabashi Story started when the city of Funabashi in Chiba prefecture, whose population rapidly expanded in the 1980s, asked the photographer to take pictures of the people living there and its town landscapes. Back then, Funabashi was going through the constructions of apartment complex and newly developed residential area to cater to its function as ‘bed town’ of Tokyo, and the eighty percent of the population consisted of so-called new residents (people who have moved into the suburb of a large city). They move into their houses as newly-weds, raise their children, and move to larger houses when the children get older. Such cycle of events that is calmly repeated within the domain of apartment complex where the buildings of identical size are ordered inorganically and uniformly in their adjusted city lots encourages further growth. However, despite a superficial joy that people felt of the fast speed that they have not before experienced which got things around them go swiftly, it is quite possible that they were quite startled by it. Kitai looked at the lives of the individuals from the area and carefully repeated the research and shooting to abstract the brightness that the place and the people there possessed.

“Speaking of the places of daily life, whereas those in villages were in ‘darkness,’ those in apartment complex were in the ‘light’ that was introduced through large windows into the room. In terms of objects and people’s existence, those in villages had ‘weight’ whereas those in apartment complex had the air of light, floating being; the two were pointing towards opposite directions in every aspect.”
Quoted from Pictures from My Cabinet of Memories by Kazuo Kitai

As Kitai himself commented, Funabashi Story is indeed about the glimpses of the daily life landscapes that the photographer captured earnestly and carefully, as he sensitively responded to the trends of the time in a changing state.
For the exhibition opening, a special talk by the artist and the guest speaker, Ryudai Takano, also a photographer will be held.




TOP ↑