2017.2.24

木下佳通代  等価に存在する何か。
Kazuyo Kinoshita In Search of Substantiality ーUnifying the Absolute and the Relative 


‘78-24, 1978, color felt-pen on photograph, 50×50cm
©The Estate of Kazuyo Kinoshita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates



 2017年3月18日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、木下佳通代展「等価に存在する何か。」を開催いたします。

 1939年に神戸に生まれ60年代から作家活動を始めた木下佳通代は、94年に亡くなるまで”我々が存在する世界の中における存在とは何か”という問いを、作品を通して概念化し続けた作家でした。

 木下の作品制作への始まりは、自己の存在を確認することから始まります。物を相対的なものとして捉えれば、存在の在り方は希薄になっていきます。自身の存在も希薄になっていくことに恐怖を覚えたという木下の制作は、それを取り除くために制作を行い、制作することで自己確認を行い、自身の中に生まれた不安を埋めるという作業を繰り返すことになります。

 戦後、50年代半ばから70年代初頭にかけ、関西では具体美術がアートシーンの中心となりますが、その一方で、60年代から70年代初頭にかけては、ハイレッドセンター、ネオダダや九州派、時間派といったハプニング、イベントといったパフォーマンスを中心としたグループが、反芸術運動の気運のもと、全国に次々と形成されていきます。そうした時代の境界で活動を始めた木下は、66年に初めての個展を行い、また65年から68年まで、神戸で河口龍夫をリーダーとし結成されたグループ”位”と行動を共にします。木下の極めて強い概念的な本質性は、こうした時代背景と、そのような活動を通してより開けていくこととなります。

 同じものを見ているつもりでも、人によって見るもの、見えているものは違うということ。こうした認識の差異こそがその存在を多様なものするが、実在は一つでしかない。木下は、絶対的存在と相対的存在の間にある実在性を、視覚的に表現しようと試みました。個々が受容する際に生じる差異性と普遍性を同在させること、内側と外側を等価にしてしまう在り方を、制作を通じて生涯求め続けたのです。
そうした概念を表現するために、木下にとって写真は都合のよい媒体でした。
目の前に一枚の写真があるとすると、それが例え一点であっても、見る人の捉え方によっては違った意味をそれぞれにもたらすこととなります。10人が同時に見れば、10人各自の認識によって、10の存在の在り方が生まれます。
そうした認識による存在の多様性を視覚化するために、写真の複数性という属性が必要だったのです。

 こうして、70年代半ばまでは主に写真を用いて制作してきた木下でしたが、70年代の後半からは、平面と空間における存在の在り方、存在そのものを平面上で作るという新たな表現の試みへと移行していきます。
これまでの自己の概念的なものへのこだわりを捨て、限られた平面をいかに自立させて積極的に存在させるか、言葉を超えて、より自由な精神の開放の場としての絵画を求めたのです。

 木下は、80年代から絵画を本格的に描いていきますが、その時期はちょうど世界的にニューペインティングが出現してきた時期と重なります。しかし彼女が到達しようとした先は、画面の中で全てが等価となり絶対的な存在となる世界を成立させるという、新しい概念的絵画の誕生にありました。

 本展では、初期の写真作品と晩年まで描き続けた絵画作品を前期、後期に分けて紹介します。この機会に是非ともご高覧ください。


プレスリリース>>


■木下佳通代 個展「等価に存在する何か。」
前期:2017年3月18日(土)- 4月8日(土)
後期:2017年4月13日(木)- 4月28日(金)
営業時間:12:00 – 19:00 定休日:日、月、祝日*4月11、12日は展示替えのため休廊
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※レセプションパーティーは開催いたしません。

-

■Kazuyo Kinoshita solo exhibition
“In Search of Substantiality ーUnifying the Absolute and the Relative”
Part1: March 18 (Sat) – April 8 (Sat), 2017
Part2: April 13 (Thu) – April 28 (Fri), 2017
*No opening reception will be held.
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays, April 11 and 12.

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present In Search of Substantiality: Unifying the Absolute and the Relative, an exhibition of work by Kazuyo Kinoshita.

Kazuyo Kinoshita was born in Kobe in 1939. She started to create art in the 60s and continued to work until her death in 1994; her work always conceptualized the question of ‘self’ and ‘existence’.

For Kinoshita, the act of art creation started as confirmation of her own existence for which she felt the fear of losing when she observed everything in the environment as having only non-absolute, relative existence. She was then in a constant cycle of creating art to eliminate the terror and to confirm her being, consequently eradicating the anxiety arising from the original observation.

From the middle of the 1950s to the early 70s, the group Gutai was at the center of artistic activities in Kansai, a region in the western part of Japan where the artist lived. Whereas on a national scale, the younger groups such as High Red Center, Neo Dada, Kyushu School, Timism, who experimented with highly performative methods of Happening or Event were developed to cultivate the anti-art movements from the 60s to the early 70s. Amid the flourishment of such avant-garde movements gave her first solo show in 1966 and came in close contact with the group ‘I’ in Kobe from 1965 to 1968, whose leader was Tatsuo Kawaguchi. The essentially conceptual nature of Kinoshita’s work was strengthened by the influence of the trend at the time and the connection to the group.

It is the fact that there are always disparities between observations by different people towards the same things. Such differences in human cognitions give multiple characters to an object. However, it is also true that the object itself has only one existence. In her work, Kinoshita tried to visualize the substantiality that exists between the absolute and the relative. In other words, she aimed for the coexistence of the possibility of observational differences and innate universality within the object that we perceive; striving to create a unity where the inside and the outside become one.

Photography was a convenient medium for the expression of such ideas because a photo can present various different meanings depending on different viewers’ interpretations of it. If ten people see the same picture together, ten different pictures will be conjured into existence because of their different perspectives. Kinoshita made good use of photography’s nature of multiplicity to express her idea about the diversity of existence arising from people’s cognitive differences.

However, in the middle of the 70s, leaving her persistent adherence to conceptual methods, she started to paint to tackle the issue of the relationship between existence and space; and sought to found the substantial existence within her pictorial space that lay beyond words, thereby establishing a place for free spirit. She aimed to establish two dimensional space that actively existed as an autonomous being.

In the 80s, Kinoshita started to focus on the medium of painting. It was coincidentally the same time that the rise of ‘new paintings’ took place around the world. However, her work was contrary to the subjective trend of the time; it was aimed at developing new conceptual paintings which realized pictorial space that negated the boundaries between the subjective and the objective, where all of the elements became equivalent and absolute.




TOP ↑

2017.3.22

植松琢麿 Takuma Uematsu
ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム

植松琢麿がオリエアート・ギャラリーで開催されている「ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム」に参加しております。

■展覧会情報
「ヨッちゃんビエンナーレ2017 コラージュ・キュビズム」
会期:2017年3月22日(水)– 3月31日(金)*定休日:日曜日
会場:オリエ アート・ギャラリー(東京)
詳しくは>>

■その他
AGAIN-ST「平和の彫刻」
会期:2017年4月1日(土)– 4月23日(日)*定休日:月曜日
会場:NADiff Gallery
出品作家:飯田竜太、飯沼英樹、入江早耶、植松琢麿、大橋博、大畑周平、木村充伯、鈴木孝幸、仙谷朋子、田中裕之、土屋貴哉、中谷ミチコ、中野浩二、樋口明宏、元木孝美、吉賀伸、冨井大裕、深井聡一郎、藤原彩人、保井智貴

詳しくは>>

-
Takuma Uematsu in “La Biennale Yochan 2017, COLLAGE CUBISME” at Orie Art Gallery.

■Exhibition information
“La Biennale Yochan 2017, COLLAGE CUBISME”
March 22 (Wed) – 31 (Fri), 2017 *Closed on Sundays
More Information>>

■Other Information
“AGAIN-ST”
April 1 (Sat) – 23 (Sun), 2017 *Closed on Mondays
More Information>>

TOP ↑

2017.3.18

Art Basel Hong Kong 2017

Yumiko Chiba Associates is please to announce our participation in Art Basel Hong Kong 2017.

Booth No. 3C33

Situations, Perception and Verification
Keiji Uematsu/ Masafumi Maita/ Motohiro Tomii


Left: ©Keiji Uematsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Upper right: ©Motohiro Tomii, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
Lower right: ©Masafumi Maita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates



Art Basel Hong Kong 2017
Venue: Hong Kong Convention and Exhibition Centre
Date and Time: March 23-25, 2017

Public opening hours:
Thursday, March 23, 2017, 1pm to 8pm
Friday, March 24, 2017, 1pm to 9pm
Saturday, March 25, 2017, 11am to 6pm
https://www.artbasel.com/hong-kong


Press Release (En) >>

TOP ↑

2017.3.16

エマニュエル・ギヨー個展「無題(ピラネージにならって)」
Emmanuel Guillaud ”Untitled (after Piranesi), version 2017 à l’Institut”

パリを拠点に活動しているエマニュエル・ギヨーがアンスティチュ・フランセ東京にて展覧会を開催いたします。

■展覧会情報
「無題(ピラネージにならって)」
会期:2017 年3 月30 日(木)- 4 月28 日(金)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 中庭・ギャラリー
月-金曜日10:00 – 21:00(土曜日10:00 – 19:00)*屋外の展示は18:00よりご覧いただけます。
*入場無料
*3月30日(木)19時より、オープニングレセプションを行います。

詳しくは>>



Emmanuel Guillaud in “Untitled (after Piranesi), version 2017 à l’Institut ” at Institut français du Japon.

■Exhibition Information
Untitled (after Piranesi), version 2017 à l’Institut
March 30 (Thu) – April 28 (Fri), 2017 
Venue:Institut français du Japon – Tokyo, Jardin, Galerie
Monday-Friday, 10:00-21:00(Saturday, 10:00-19:00)
*Admission free
*Opening Reception: March 30 (Thu) 19:00-

More Information>>

TOP ↑

2017.2.27

Critical Archive vol.3 批評 前/後――継承と切断 書籍刊行&トークイベント
Critical Archive vol.3 Japanese Art Criticism: Before/After−Succession and Severance Publication and Event Announcement



この度、ユミコチバアソシエイツでは、「美術批評の批評」をテーマに、日本の戦前から戦後にかけての美術批評を再検証することを目的とした研究冊子『Critical Archive vol.3 批評 前/後――継承と切断』を刊行致します。

 2014年、第二次大戦を通して新たな絵画的諸問題に直面した画家たちの実践を取り上げながら、その思考が戦後の活動にいかに表出されたかを論じた書籍『Critical Archive vol.2 前夜/前線 Critical Perspectives on World War Ⅱ and Painting』を刊行致しました。シリーズ続編となる本書は、複数の時代/人材を繋ぐ結節点である1950年代前後の美術批評を軸として、戦前から戦後にかけて展開されてきた近代美術批評を再考し、現在の美術批評の在り方について探求します。

 本企画のプレイベントとして2015年に開催されたシンポジウムは、盛会のうちに終了致しました。
今回、それに続き、本書の監修と執筆を務める沢山遼氏、執筆者の土屋誠一氏と成相肇氏の三者にて、刊行記念トークイベントを開催致します。この機会に是非ともご参加ください。


プレスリリース>>


■研究冊子
Critical Archive vol.3 批評 前/後――継承と切断

内容:
『思考の再演─ 芸術批評の状況』 沢山 遼(美術批評)
『中井正一と「委員会」』 土屋誠一(美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授)
『現実(インチキ)大合戦─ 花田清輝のシュル・ドキュメンタリズム』 成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
『傍観者の論理─ 森鷗外、花田清輝、東野芳明』 野田吉郎(表象文化論、美術批評)

監修:沢山遼
執筆:沢山遼、土屋誠一、成相肇、野田吉郎
編集:櫻井拓
デザイン:小沼宏之
発行:ユミコチバアソシエイツ
仕様:A5サイズ、本文104頁、和英表記
発売日:2017年3月1日
販売価格:3,000円(税別)
ISBN978-4-908338-07-6 C0070 3000E

※初版限定500部
※ご購入は、全国の書店、ユミコチバアソシエイツ、もしくはYCAオンラインストアにて
http://ycassociates.thebase.in/items/5596629
※『Critical Archive vol.2 前夜/前線 Critical Perspectives on World War Ⅱ and Painting』も好評発売中です。http://ycassociates.thebase.in/items/632138


■刊行記念トークイベント
沢山遼×土屋誠一×成相肇
2017月年3月30日(木) 19:00-21:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*事前予約制
*参加費:500円
*当日に限り、研究冊子を特別価格2,500円(税別)で販売いたします。

【お申し込み方法】
件名「批評 前/後トークイベント」、お名前、ご住所、電話番号をご明記のうえ、 event@ycassociates.co.jpまで、メールにてお申し込みください。
*定員に達しましたら、受付を終了いたします。定員に達しましたが好評につき立ち見席を設けました。残り若干名の申込を受け付けております。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

-

■Publication details
Title: Critical Archive vol.3 Before/After――Succession and Severance

Contents:
‘A repeat performance of thought – the state of Japanese art criticism’ by Ryo Sawayama (art critic)
‘Masakazu Nakai and the “committee”’ by Seiichi Tsuchiya (art critic and associate professor, Okinawa Prefectural University of Arts)
‘The real/phony battle – Kiyoteru Hanada’s “surreal documentarism”’ by Hajime Nariai (curator, Tokyo Station Gallery)
‘The logic of the bystander – Ogai Mori, Kiyoteru Hanada, Yoshiaki Tono’ by Yoshiro Noda(researcher in studies of culture and representation, art critic)

Supervised by Ryo Sawayama
Written by Ryo Sawayama, Seiichi Tsuchiya, Hajime Nariai, Yoshiro Noda
Edited by Taku Sakurai
Designed by Hiroyuki Konuma
Published by Yumiko Chiba Associates.
Format: A5 Number of pages: 104 Languages: Japanese and English bilingual
Publication Date: March 1, 2017
Price: 3,000JPY ISBN978-4-908338-07-6 C0070 3000E
A print run for the first edition: 500

Sold at bookstores and Yumiko Chiba Associates, as well as on YCA website. http://ycassociates.thebase.in/items/5596629
Critical Archive vol.2, Eve/ Frontline: Critical Perspective on World War II and Painting is also on sale. http://ycassociates.thebase.in/items/632138

■Special program
Event title:Panel session by Sawayama, Tsuchiya and Nariai
Date:March 30, 2017
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Fee:¥500
Seating capacity:25
To book:Send an application email under the subject line ‘Japanese Art Criticism: Before/After’ to event@ycassociates.co.jp with your details: name, address, and a telephone number.
Critical Archive vol.3 will be sold at a special price of ¥2,500 on the day.

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates is proud to announce the publication of a research book Critical Archive vol.3 Before/ After―Succession and Severance. The book’s objective is ‘the criticism on art criticism,’ and it reexamines the Japanese art criticism from before the Second World War to the post war era.

 Critical Archive vol. 2, Eve/Frontline Critical Perspectives on World WarⅡand Painting, the preceding volume of the same series published in 2014, considered the practice of painters who faced new pictorial issues through their war experiences and how their thoughts of the time were expressed in their activities after the war. The new volume, focuses on art criticism of around the 1950s, which functioned as a nodal point connecting multiple periods and people from different generations, to have a rethink on the modern art criticism of before and after the war, thereby exploring the present state of art criticism.

Commemorating the publication of the new volume, a panel session by the general editor and contributing writers is going to be held at Yumiko Chiba Associates viewing room Shinjuku. It is expected to be as successful as the symposium of 2015 that was held on the occasion of the project launch.




TOP ↑

2017.1.27

今井祝雄 Norio Imai
“Severed Film / Jointed Film”


©Norio Imai, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

今井祝雄がロッテルダムのGallery Joey Ramoneにて個展”Severed Film / Jointed Film”を開催いたします。
また、現在開催中のロッテルダム国際映画祭のプログラムとして、今井祝雄作品の上映&トークイベントが実施されます。

■展覧会情報
“Severed Film / Jointed Film”
会期:2017年1月26日(月) – 2月4日(土) 休館日:月・木曜日
会場:Gallery Joey Ramone(ロッテルダム/オランダ)
詳しくは>>

■上映イベント&トーク
”Time Severed, Jointed and Stretched”
上映日:2017年1月29日(日) 18:00-20:00
会場:Gallery Joey Ramone(ロッテルダム/オランダ)
詳しくは>>

上映作品:
円 (Circle) (1967, 3 min, 16mm)
Floor (1972, 3 min, silent, 16mm)
ジョインテッドフィルム (1973, 20 min, sound, 16mm)
オンエアー (1980, 21 min, digital)
ピザタイム (1983, 10 min, digital)
方形の時間 (1984, 9 min, digital)

登壇者:
Xavier Garcia Bardon(BOZAR CINEMA アーティスティックコーディネーター)
Julian Akira Ross(第46回ロッテルダム国際映画祭プログラマー)
Takako Kondo(Leiden University)


Norio Imai in “Severed Film / Jointed Film” at Gallery Joey Ramone.
The exhibition and screening is presented as part of the Regained section at International Film Festival Rotterdam.

■Exhibition Information
“Severed Film / Jointed Film”
Jan 26 – Feb 4, 2017
Gallery Joey Ramone
 (Rotterdam / Netherlands)
More Information>>

■Screening&Talk
”Time Severed, Jointed and Stretched”
January 29 (Sun), 2017 18:00-20:00
Gallery Joey Ramone
 (Rotterdam / Netherlands)
More Information>>

Screening works:
En (Circle) (1967, 3 min, 16mm)
Floor (1972, 3 min, silent, 16mm)
Jointed Film (1973, 20 min, sound, 16mm)
On Air (1980, 21 min, digital)
Pizza Time (1983, 10 min, digital)
Time in Square (1984, 9 min, digital)

Speakers:
Xavier Garcia Bardon(Artistic coordinator of BOZAR CINEMA)
Julian Akira Ross(Film curator and researcher)
Takako Kondo(Leiden University)

TOP ↑

2017.1.27

今井祝雄 「パイロットプラント展 Marcel Duchampに」
Norio Imai Exhibition PilotPlant “To Marcel Duchamp”

今井祝雄がCASで開催されているグループ展「パイロットプラント展 Marcel Duchampに」に参加いたします。

■展覧会情報
「パイロットプラント展 Marcel Duchampに」
会期:2017年1月21日(土) – 2月4日(土) 休館日:月・木曜日
会場:特定非営利活動法人CAS(大阪)

詳しくは>>


Norio Imai in Exhibition PilotPlant “To Marcel Duchamp” at CAS.

■Exhibition Information
Exhibition PilotPlant “To Marcel Duchamp”
Jan 21 – Feb 4, 2017 Closed: Monday and Thursday
Contemporary Art and Spirits(CAS) /Osaka

More Information>>

TOP ↑