2016.5.18

山城知佳子
「循環する世界-山城知佳子の芸術-」出版記念イベント開催のご案内



この度、ユミコチバアソシエイツでは、論稿集「循環する世界 -山城知佳子の芸術-」の出版を記念して、D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWASTANDRD (沖縄)にて出版記念イベントを開催致します。

本イベントは、第一部として、昨年開催された第二十回アートフィルム・フェスティバル(愛知県芸術センター)にて企画上映された山城知佳子の新作『創造の発端 ―アブダクション/子供―』の上映会を実施致します。
また、第二部では、山城知佳子と本書の企画者である浅沼敬子、ユミコチバアソシエイツ代表の千葉由美子の三者に加え、琉球大学教授の新城郁夫氏をゲストにお招きし、四者によるトークイベントを実施致します。
終了後はサイン会も予定しておりますので、この機会に是非ともご参加ください。


「循環する世界-山城知佳子の芸術-」出版記念イベント
日時:2016年6月4日(土)15:00-17:00
・第一部 15:00-15:30 山城知佳子『創造の発端 -アブダクション/子供-』上映会
・第二部 15:30-17:00 トークイベント

登壇者:
 山城知佳子(美術家) × 浅沼敬子(北海道大学准教授) × 新城郁夫(琉球大学教授)
 進行:千葉由美子(ユミコチバアソシエイツ代表)

会場:D&DEPARTMENT OKINAWA by OKINAWASTANDRD (沖縄県宜野湾市新城2-39-8 2階)
  http://www.d-department.com/jp/shop/okinawa/

定員:40名
※申し込み不要、無料

プレスリリース(JP)>>

TOP ↑

2016.4.27

若江漢字 《視程》
Kanji Wakae “Visibility”


「大きさについて」(測器)※部分, ©Kanji Wakae, courtesy of Yumiko Chiba Associates



2016年5月13日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、若江漢字の個展《視程》を開催いたします。

写真の機能というのは世界を検証していく要素を持っているわけです。カメラは、1つのメジャー(定規)なのです。どういうことかというと、実測し直すというか計り直す、つまり、事物を検証するということは世界を測定し直すことなのです。 ―若江漢字「ユミコチバアソシエイツ刊『1970年代へ 写真と美術の転換期』(2013)光田由里×植松奎二×若江漢字 スペシャルトークイベント 」より

1960年代後半よりメディアに捕われない幅広い活動を続けている若江は、早くから「記号性」や「表示作用」といった、記録性だけではない写真の機能的な側面に着目し、現代美術の文脈上でそれを巧みに用いた作品を発表してきました。
撮影の対象となる事物そのものと写し出されたイメージを一枚の写真として並列することで虚像と実像の境界を探る作業や、被写体の大小のサイズを視覚上でコントロールする仕掛けは視覚認識のズレを生じさせ、観者に「見ること」の曖昧さを問いかけます。そうした作品を前にした時、私たちの視点は定まるところを失い、人間の持つ可視性がいかに脆弱であるかが暴かれるのです。

このような作品制作の背景には、固定化されている現実認識に対する懐疑を常に持ち、写真を通して「見る」という行為を検証し、いかに世界を測定し直すことができるのかという若江の一貫した態度が伺えます。

本会場では、事物と写真のイメージが併置され、空間そのものが作品となります。 併置されているそれらは視覚的、意味的に相互に関連しあい、観者はその関係性を手がかりに作品を注視することで、普段何気なく見過ごしてしまう事物自体の「存在」についての思考を促されることでしょう。

尚、本展の開催に合わせ、若江漢字と美術批評家・沢山遼氏によるトークイベントを開催いたします。是非ともご参加ください。


プレスリリース(JP)>>


■若江漢字 個展《視程》
会期:2016年5月13日(金)- 6月11日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2016年5月14日(土)17:00-18:30
ゲスト:沢山遼(美術批評)
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制 参加費:無料
※詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

■オープニングレセプション
日時:2016年5月14日(土)18:30-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 

-

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from May 13, 2016, a solo exhibition Visibility by Kanji Wakae.

A photograph functions with its factor to examine the world. A camera works as a ruler. To be specific, to remeasure by camera, that is, to examine things means to remeasure the world.
- Kanji Wakae, from a special talk event between Yuri Mitsuda, Keiji Uematsu and Kanji Wakae, To the 1970s The Turning Point of Photography & Art, Yumiko Chiba Associates, 2013

Kanji Wakae has been active extensively since the late 1960′s, being free from media in his practice. He has focused on the functional side of a camera from early on, such as a camera’s symbolic nature or representation, not just its recordability. Then, he has presented the works, making skillful use of the camera’s characteristics as such in a context of the contemporary art.

Wakae seeks the border between virtuality and reality by placing the subject for photography and its image taken in his photograph work. Also his device visually controls the size of subject, which confuses the viewer’s visual recognition and makes him/her question about ambiguity of looking.
In front of such work of his, we cannot fix point of view and doubt about our perception/recognition for things which we have taken for granted. This reveals that visibility of human being is so weak.
In the back of Wakae’s production, his attitude consistently lies; to be skeptical about the fixed perception of reality at all times, to examine an act, “looking” through photographs, and to seek how the world could be remeasured.

In this exhibition, the space itself forms a work, where things and photograph images are juxtaposed. They are mutually connected in visual and semantic sense. Viewers will observe the works closely with their relation as a clue, and then will be inspired to think about existence of things which are usually overlooked.

On the occasion of the exhibition, a talk event will be held, inviting Ryo Sawayama, Art Critic.


Press Release(En)>>


■Kanji Wakae solo exhibition ‘Visibility′
May 13 (Fri) – June 11 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Talk Event
May 14 (Sat), 2016, 17:00 – 18:30
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Presenter: Kanji Wakae & Ryo Sawayama, Art Critic
Advanced booking required, Free of charge

For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp

■Opening Reception
May 14 (Sat), 2016, 18:30 – 20:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

TOP ↑

2016.4.12

アルバイトスタッフ募集

アーティストマネージメントおよびギャラリー運営を業務とするユミコチバアソシエイツでは、アルバイトスタッフを募集致します。

1.雇用形態
アルバイトスタッフ

2.雇用期間
長期勤務

3.業務内容
・書類作成(英語/日本語)をはじめとする事務業務全般
・アーティストマネジメント業務補佐
・ギャラリー運営業務補佐

4.勤務開始日
平成28年4月~

5.勤務体制
週2〜3日(火~土 11:00~19:00)
※但し、所定時間外勤務が生じることがあります。

6.給与・待遇
給与:能力により応相談
待遇:交通費全額支給

7.応募資格
・事務業務の勤続経験者
・英語を使用してのコミュニケーション及び文章作成が可能な方

※上記の条件に満たない方でも、インターンとして随時募集を行っております。

8.応募方法
履歴書(写真貼付)、職務経歴書を添付の上、メールで下記アドレスまでお送りください。
<メールアドレス>
suzukitk@ycassociates.co.jp
※件名は「アルバイトスタッフ応募」としてください。

9.選考方法
書類選考の後、面接を実施し採否を決定します。
※書類選考の結果はメールにてご連絡差し上げます。
※応募書類は返却いたしかねますので予めご了承ください。

10.お問い合わせ先:
〒160–0023 東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿 #316
ユミコチバアソシエイツ有限会社
info@ycassociates.co.jp
採用担当

11.個人情報の取り扱いについて
いただきました個人情報は、当社の採用目的にのみ利用します。
第三者に開示することはございません。

TOP ↑

2016.4.8

Keiji Uematsu “invisible force”

Keiji Uematsu in “invisible force″ at Simon Lee Gallery(London).

■Exhibition Information
”invisible force”
8 April – 6 May, 2016 Closed: Sunday
Simon Lee Gallery (London)

Press-Release>>

More Information>>

TOP ↑

2016.4.5

東恩納裕一 「Spill Light」
Yuichi Higashionna “Spill Light”


(C)Yuichi Higashionna, Courtesy of Yumiko Chiba Associates



2016年4月8日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、東恩納裕一の個展「Spill Light」を開催いたします。

東恩納裕一は、これまで私たちの日常の中にあるありふれた素材を使って、平面から立体まで幅広い展開をしてきましたが、その底辺には常に対象への尽きぬことのない好奇心と批評性があります。

日本の文化は、古くから他国からの影響を受けて独特の発展を遂げてきました。例えば6世紀から8世紀には百済、唐との交流によって平安期に日本独特の文化を花開かせ、明治維新以降は欧米の価値観や社会システムを積極的に取り入れてきました。こうした日本人特有の柔軟な受容性は、日本の文化に独特の多層性をもたらしました。

東恩納はそうして生まれた自分の文化に疑問をいだき、様々な方法で作品化を試みます。それは例えば、派手な花柄のビニールで作られたファンシーケースの作品や、造花やレースといった我々の生活に入り込んでいる日用品を使った絵画作品となって表現されています。

今回の展覧会では、東恩納のそうした姿勢が広く知られるようになった、蛍光管を使ったライトワークスシリーズの新作を展示いたします。

歴史的にもハイソサイエティの富の象徴でもあるシャンデリアを日本の日常性に組み込み、西洋文化とそれを模範とする戦後の日本人の精神性を批判しながら、より強烈なゴージャス感をビジュアル的に与えたシャンデリア型の作品は2001年に初めて発表されますが、そこに表現されたコンセプトと視点は、歴史的な観点から鑑みても、今でも古びることがありません。

「西欧における光が、神の視線(ゴシック教会のステンドグラス、“ヤコブのはしご”) や啓蒙(enlightenment)と類比的であるとすれば、日本における光は、テクノロジーへの偏愛によるフェティッシュなモノ(物質)に近いのかもしれない。」と東恩納は言います。この過剰な光を放つ蛍光灯のオブジェは自身を露わにしていると同時に、その光で見る者の衝動を暴き出し、そして解放するようでもあります。

今回は、これまでの「露わな光」ではなく、「ベールを被った光」からアプローチし、「光」が私たちに何をもたらしてきたかを再度、問おうとするものです。(「Spill Light」は、舞台、写真撮影などの現場で、照明をあてるメインの対象以外の部分に及ぶ光、漏れる光のことを指す言葉です。)

今回の個展に合わせ、荒木夏実氏(森美術館キュレーター)をゲストに迎え、トークイベントを開催致します。この機会に是非ともご高覧ください。


プレスリリース(JP)>>


■東恩納裕一 個展「Spill Light」
会期:2016年4月8日(金)- 5月7日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2016年4月16日(土)17:00-18:30
ゲスト:荒木夏実(森美術館キュレーター)
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制 参加費:無料
※詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

■オープニングレセプション
日時:2016年4月16日(土)18:30-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 



Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from April 8, 2016, a solo exhibition Spill Light by Yuichi Higashionna.

Yuichi Higashionna has until now explored diverse creation from plain to three-dimensional works, using ordinary and familiar materials, but at the foundation of the works, his constant curiosity and criticism lie for subject at all times.

Japanese culture has seen a unique development since early times, influenced by other countries; a culture characteristic of Japan blossomed in the Heian period from the sixth to eighth centuries through the exchanges with Paekche and the Tang, also, after the Meiji Restoration, the Western values and social systems were positively introduced to our society. Thus, due to flexible receptiveness unique to Japanese people, our culture has developed its peculiar multi-layered structure.

Higashionna has doubted of the culture generated as such he belongs to and tried his ideas into expression in various ways, such as fancy cases made of vinyl with gaudy flowered pattern or paintings with articles of daily use, such as artificial flowers and races, found in our lives. This exhibition will present his new works in light works series with fluorescent lamps, with which his artistic attitude became widely known.

His chandelier-type works were first presented in 2001, enhancing visually stronger gorgeousness. He incorporated chandelier, a symbol of wealth in high society, into ordinariness in Japan, while criticizing Western culture and the postwar spirituality of Japanese people who followed the culture. His concept and viewpoint represented in them have not grown old even now in the light of contemporary art history.

Higashionna mentions, “if the light in Western Europe is analogical with God’s eyes (“Jacob’s Ladder” or stained glasses in a Gothic church) or Enlightenment, the light in Japan may mean some fetishlike object caused by the favoritism to technologies.” The object with fluorescent lamps expose oneself, shining excessively, and at the same time may disclose the impulse of ours and set it free.

This time he sought once again what light had brought to us, making an approach to the “light covered with a veil”, not to the “exposed light” (in his previous light works series). “Spill Light” means light rays or unwanted light reaching the part except the main objects on a stage or in the place of photo taking.

On the occasion of the exhibition, a talk event will be held, inviting Natsumi Araki, Curator of Mori Art Museum.


Press Release(En)>>


■Yuichi Higashionna solo exhibition ‘Spill Light′
April 8 (Fri) – May 7 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Talk Event
April 16 (Sat), 2016, 17:00-18:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
with Yuichi Higashionna & Natsumi Araki (Curator, Mori Art Museum)
Advanced booking required, Free of charge

For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp

■Opening Reception
April 16 (Sat), 2016, 18:30-20:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

TOP ↑

2016.3.30

書籍刊行のご案内「循環する世界 -山城知佳子の芸術-」

この度ユミコチバアソシエイツでは、北海道大学協力のもと、浅沼敬子編「循環する世界 -山城知佳子の芸術-」を刊行致しました。




美術、映像、文学、フェミニズムやジェンダー、クイア理論等さまざまな領域で注目されてきたアーティスト、山城知佳子。映像アーティストとしての山城の10年間を振り返った本書は、映像以外の作品を含め初期からの活動を、対談と図版、論考でたどります。沖縄に生まれ育った山城は、在沖米軍基地の存在、沖縄戦の記憶の継承可能性等、同地が抱えるさまざまな問題を素材として取り上げながらも、卓抜な着眼点と高度に比喩的な表現によって、それらの分析や告発に向わず、われわれの感官に訴える芸術作品へと「昇華」させます。東京国立近代美術館や水戸芸術館の専門家を書き手として迎えた本書は、沖縄問題の反映・告発という解釈から距離を取り、山城がその卓抜な表現によって描き出す深化され た「沖縄」像を、言葉によって追究します。山城作品に関心を持つ人はもちろん、もうひとつの現代「日本」映像表現論として、国内外の人々 に読んでもらいたい一冊です。浅沼敬子


『循環する世界 -山城知佳子の芸術-』
収録:
・Talk
山城知佳子─ 自作を語る
・Essays
浅沼敬子 (北海道大学大学院文学研究科准教授)
高橋瑞木 (水戸芸術センター芸大美術センター主任学芸員)
鈴木勝雄 (東京国立近代美術館主任研究員)

編集:浅沼敬子
デザイン:小沼宏之
発行:2016年3月31日
仕様:A5 判 / 176 頁 / モノクロ ( 一部カラー ) / 和英併記
協賛:北海道大学
価格:2,000円+税
※初版限定500部
ISBN 978-4-908338-03-8 C0070


※ご購入は、全国の書店、本展開催ギャラリー、もしくはYCAオンラインストアにて
http://ycassociates.thebase.in/items/2926484

TOP ↑

2016.2.23

今井祝雄 「白のイベント × 映像・1966-2016」
Norio Imai ”White Event × moving images 1966-2016″


(C)Norio Imai, Courtesy of Yumiko Chiba Associates / Projection Image: Kiyoji Otsuji



2016年3月5日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku にて、今井祝雄の個展「白のイヴェント×映像・1966-2016」を開催いたします。

1964年に初出展、解散する72年まで具体美術協会の会員であった今井は、白のレリーフ作品を中心に、平面でありながらも空間や物質を意識させる美術的なアプローチを試みてきました。その一方で、高度経済成長に伴い発展する情報化社会に関心を寄せ、写真や映像等のメディアにも取り組んでいきます。

1966年11月に銀座松屋デパート8階で開催された「空間から環境へ」展は、全てが有機的に関連しあう(当時議論のテーマにもなった)環境デザインというコンセプトの基、美術、音楽、建築やテクノロジー等が融合したインターメディアな歴史的展覧会となりました。弱冠二十歳ながらこの重要な展覧会に参加をした今井は、白のラバースクリーンを電動で隆起・伸縮させ、そこにスライドプロジェクターでイメージを投影するという実験的なインスタレーション作品「白のイヴェント×映像」を発表します。このことは、それまで今井が具体で発表をしてきた白の作品と、具体解散以降現在も継続している映像メディアを使用した制作活動とが結びつく契機となりました。

本展では、当時のインスタレーションを一部刷新する形で再現致します。
「空間から環境へ」展の開催から50年の節目を迎えた今日、様々なジャンルをクロスオーバーする先鋭的作品を前に、私たちは何を見出すことができるのでしょうか。

尚、本展の開催に合わせ、今井祝雄、昨年今井が出展した東京国立近代美術館「Re: play 1972/2015―『映像表現 ’72』展、再演」の担当学芸員である三輪健仁氏、本展出展作品のために今年になって撮りおろしたスライドの提供をしている鷹野隆大(写真家)の三者によるトークイベントを開催いたします。


プレスリリース(JP)>>


■今井祝雄 個展「白のイヴェント×映像・1966-2016」
会期:2016年3月5日(土)- 4月2日(土) 12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
日 時:2016年3月5日(土)17:00-18:30 
ゲスト:三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)、鷹野隆大(写真家)
会 場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
※事前申込制 参加費:無料
※詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

■オープニングレセプション
日時:2016年3月5日(土)18:30-20:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 



Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present, from March 5, 2016, a solo exhibition White Event × moving images 1966 – 2016 by Norio Imai.

Norio Imai first exhibited his work in 1964 and was a member of Gutai Art Association till their dissolution in 1972. He has explored artworks, centering on white relief, which are plane yet seemingly spacial and materialistic. Meanwhile, he has been interested in the developing information-oriented society caused by rapid economic growth and been working on a medium such as photographs and images.

From Space to Environment held at Ginza Matsuya Department Store, Tokyo, in November 1966 was a historic exhibition of intermedia where art, music, architecture, technology, etc. were united with a concept of environmental design (then a subject of heated discussion) linking everything symbiotically. Imai participated in this significant exhibition, being only 20 years old, and presented an experimental installation, White Event × moving images, in which a white rubber screen rises and stretches, while an image is casted into the screen by a projector. With this, the works of white he had presented during the Gutai period were united with the activity with image media he has been continuing till now since the Gutai’s dissolution.

This exhibition will reproduce the above-mentioned installation existed at that time, partially being changed.
This year marks a turning point of the 50th years since the exhibition of From Space to Environment. With Imai’s progressive work, which cross various genres, we would ask ourselves what we could find.

On the occasion of the exhibition, a talk event will be held with Norio Imai, Kenji Miwa , Curator of the National Museum of Modern Art, Tokyo, who was in charge of Imai’s piece presented in last year’s group exhibition, Re: play 1972/2015 – Restaging “Expression in Film‘72”, and Ryudai Takano, Photographer, who has offered the slides, for the exhibition, he took this year.


Press Release(En)>>


■Norio Imai solo exhibition ‘White Event x moving Image 1966 – 2016′
March 5 (Sat) – April 2 (Sat), 2016
Opening Hours: 12:00-19:00 (Closed on Sundays, Mondays, National Holidays)
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■Talk Event
March 5 (Sat), 2016, 17:00-18:30
Venue:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
with Norio Imai & Kenjin Miwa, Ryudai Takano
Advanced booking required, Free of charge

For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp

■Opening Reception
March 5 (Sat), 2016, 18:30-20:30
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

TOP ↑