2017.10.20

NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY

2017年11月2日(木)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、デイヴィッド・シュリグリーの個展「NEW DRAWINGS」を開催いたします。


Copyright David Shrigley. Courtesy of David Shrigley and Stephen Friedman Gallery, London.


■「NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY」
会期:2017年11月2日(木)- 12月22日(金)*定休日:日、月、祝日
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku(東京)

■オープニングレセプション
日時:11月2日(木・祝前日)17:00 – 19:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
日時:2017年10月31日(火)18:00-20:00(開場17:30)
会場:東京藝術大学上野校地 中央棟第一講義室(〒110-8714東京都台東区上野公園12-8)
登壇者:デイヴィッド・シュリグリー、加賀美健
聞き手:三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)
※日本語通訳あり ※定員180名 (予約不要・無料・先着順)
主催:ユミコチバアソシエイツ
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery
企画協力:MISAKO & ROSEN


プレスリリース>>


デイヴィッド・シュリグリーは1968年にイングランド北部のマックルズフィールドに生まれ、スコットランドで唯一の公立美術大学であるグラスゴー・スクール・オブ・アートを卒業し、現在はロンドンを中心に活動しています。

2012年にはロンドン、ヘイワードギャラリーにてキャリア半ばでの回顧展「Brain Activity」を果たし、この展覧会を受け2013年度には英国在住作家に贈られる名高いターナー賞にノミネートされるなど、ポストYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)世代の代表的なアーティストの一人です。
シュリグリーは、インスタレーションから絵画、彫刻、写真、映画、書籍、音楽と、様々なスタイルで作品を展開していますが、とりわけ日常生活のありふれた光景を機知に富んだ切り口で描いたドローイングと、写真、アニメーションはよく知られており、それらの作品には、駄じゃれ、ダブル・ミーニング、皮肉、厭世観など英国らしいユーモアのセンスがふんだんに盛り込まれています。

近年その活動はますます高い評価を得ており、2016年には、ロンドン市が主導する世界でも話題の現代アートプロジェクトのひとつであるフォース・プリンス・コミッション(第4の台座コミッション)の第11作品目として選出され、7メートルの高さに及ぶ巨大な「いいね」のジェスチャーを示したブロンズ彫刻「Really Good」を出現させました(第4の台座はトラファルガー広場の四隅にある台座のうち北西に置かれた台座で、現在ロンドン市の文化部が主導しコミッションプロジェクトを遂行、過去にはマーク・クイン、アントニー・ゴームリー、ハンス・ハーケなどがコミッション作品を展示している)。また本年度には、ロンドン市長のサディク・カーン氏によって発足された「London Is Open」キャンペーン(イギリスのEUからの離脱をうけ、ロンドンは依然として国際的であり、団結していて、世界に向けてオープンであると謳ったキャンペーン)にも協力しており、ロンドン中心部の至るところでシュリグリーのポスターを見ることができます。

日本では、2002年に東京オペラシティ・アートギャラリーで行われた「JAM:東京 ─ロンドン展」で、奈良美智とのコラボレーションが話題となり、また2014年には東京ステーションギャラリーで行われたブリティッシュ・カウンシル・コレクションによる「プライベート・ユートピア」展にも出品されていますが、これまで日本では個展開催の機会がありませんでした。今回、日本の美術館で初めての個展が水戸芸術館(会期:2017年10月14日-2018年1月21日)で行われ、同じく日本のギャラリーでは初めての個展を、弊廊で開催致します。

水戸芸術館での展示にはドローイング、立体、ビデオ、インスタレーションなどが出品され、初期から本展覧会のために制作された最新作までを通して、作家の全体像を捉えることができることでしょう。
一方、弊廊では、シュリグリーの最も象徴的な表現であるドローイングにフォーカスをあて展示致します。シュリグリーは2014年にロンドンのハイエンドなカフェ「Sketch」にてスペース全体を使った大規模なドローイングインスタレーションを行っていますが、そこで展開されたドローイングシリーズの新作を見ていただくことができます。

シュリグリーは独特のユーモラスな感覚と絶妙なバランスで、作品を通じて鑑賞者に「思考する」ことを促し、作品と世界との間に新しい関係を作りだし、また美術館、ギャラリーといった美術界での注目のみならず、ミュージック・ヴィデオの制作、Tシャツをはじめとするグッズのデザイン、書籍の制作・発行など、マス・カルチャーのなかで、そのクリティカルな視点を決して失うことなく、大きな成功を収めているという点でも稀有なアーティストと言えるでしょう。そしてシュリグリー作品のもっとも特筆すべき点は、普段とりわけ美術に興味のない人でもその作品の前で思わず笑ってしまうような、誰もが楽しめる作品であるということです。
「芸術は誰のためのものでもある」、という作家の言葉がまさにここに実現していると言えるでしょう。

デイヴィッド・シュリグリーのユーモアと風刺に満ちたファンタスティックワールドにぜひ訪れていただき、それぞれの作品が持つ魅力を堪能していただけることを願っております。


後援:ブリティッシュ・カウンシル
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery


-

■NEW DRAWINGS – DAVID SHRIGLEY
Thursday, November 2 – Friday, December 22, 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Gallery Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■Opening Reception
Thursday, November 2, 2017, 17:00 – 19:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■ Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami
Tuesday, October 31, 2017, 18:00 – 20:00 (The door opens at 17:30.)
Venue: The Lecture Hall in the Central Building in the Ueno Campus of Tokyo University of the Arts (12-8 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo 110-8714)
Speakers: David Shrigley and Ken Kagami
Moderator: Kenjin Miwa (Curator of The National Museum of Modern Art, Tokyo)
*Consecutive Interpretation available during the session.
Seating Capacity: 180 (Available on a first-come-first-served basis, Reservation not required.)

Organiser: Yumiko Chiba Associates
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery
Cooperation: MISAKO & ROSEN


Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku is pleased to present New Drawings, a solo show of David Shrigley from Thursday, November 2, 2017.

Born in Macclesfield in Northern England in 1968, David Shrigley graduated from the Glasgow School of Art, Scotland’s only public self-governing art school. He is currently based in London, and is actively engaged in various projects there.

In 2012, while still in his mid-career, David Shrigley had his retrospective show titled Brain Activity held at Hayward Gallery in London, which led him to be nominated for the renowned Turner Prize awarded to artists living in England in 2013. He is one of the representative artists in the generation of Post YBAs (Young British Artists). From installations to paintings, sculptures, photographs, films, books and music, Shrigley works in various media. He is especially known for witty drawings that capture ordinary scenes of daily life as well as for his photographic works and animations, which are full of puns, double meanings, irony and pessimism characteristic to English humour.

His artistic endeavours are increasingly winning higher recognitions in recent years; in 2016, his bronze sculpture Really Good, was selected for the eleventh of the Fourth Plinth Commission, one of the world’s most talked-about projects of contemporary art organised by the city of London, to present its shape of a huge human hand of seven metres high doing a thumbs-up gesture. (Of the four plinths at the four corners of Trafalgar Square, the Fourth plinth is the one located in the northwest. Currently, the city of London organises the commission projects for the plinth and artists such as Mark Quinn, Antony Gormley, and Hans Haacke has exhibited their works there. This year, Shrigley also cooperated in the campaign titled London is Open launched by Sadiq Khan, the Mayor of London, which expressed that London is still international, united and open to the world despite the Brexit. Thus his posters are now seen all over the place in the heart of London.

In 2002, Shrigley gathered public attention in Japan for his collaboration with Yoshitomo Nara in JAM: Tokyo-London, an exhibition held at Tokyo Opera City Art Gallery in 2002. His works were also included in Private Utopia held at Tokyo Station Gallery, which showed works from the British Council’s art collection, but his solo show in Japan has never been realised until very recently. Fortunately, however, the artist’s first solo show in a Japanese art museum started in Art Tower Mito on October 14 this year and it is to continue until January 21, 2018, and our show will be his first solo show in a commercial art gallery in Japan.

The exhibition at Art Tower Mito comprises drawings, three dimensional works, videos, and installations. From his earliest works to the latest pieces created for the show, the exhibits will enable visitors to get the whole picture of his art. Our show, on the other hand, will focus on his drawings in which the expressions are the most symbolic among all his works. In 2014, Shrigley created a large installation work with his drawings filling the whole space of Sketch, a high-end cafe in London. Our show will present the recent works for the drawing series presented in the cafe.

With a unique sense of humour and an excellent sense of balance, Shrigley urges the viewers to ‘think’ through the appreciation of his works and creates a new relationship between art works and the world that we live in. He is certainly a rare artist who not only draws the attentions of the organisations in the art world like museums, galleries or other institutions but has also been capable of achieving a great success with projects for the mass such as music video creations, the productions of T-shirts and other merchandise, and book publications without ever losing his critical perspectives. The most notable point about his work is that they trigger the laughter of even those who are normally not particularly interested in art; it is the kind of art that everyone is able to enjoy. His art is indeed an embodiment of his own words: Art for Everyone.

It is our great pleasure to present the splendid world of David Shrigley filled with humour and satires. Visit the show and you are sure to be fascinated by the charm that each piece possesses.



In Association With: British Council
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery (London)



TOP ↑

2017.11.8

Paris Photo 2017

Yumiko Chiba Associates is please to announce our participation in Paris Photo 2017.

November 9-12, 2017

Booth No. D10


Collage:
The multidimensionality of reality and images

Kanji Wakae/ Norio Imai/ Masafumi Maita/ Katsuro Yoshida/ Kazuyo Kinoshita/ Kosuke Kimura/ Eikoh Hosoe/Kazuo Kitai/ Ryudai Takano

*Kazuo Kitai’s Teiko/Resistance, and Somehow Familier Places are selected by Paris Photo 2017′s Guest of Honour for Paris Photo by Karl Lagerfeld and Somehow Familier Places by J.P. Morgan Curator’s Highlights.

Press Release (En) >>



(c)Masafumi Maita, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


■Paris Photo 2017
Venue: Grand Palais, Paris
Date and Time: Nobember 9-12, 2017
Public opening hours:
Noon – 8pm from Thursday, November 9th to Saturday, November 11th
Noon – 7pm on Sunday, November 12th

http://www.parisphoto.com/paris

TOP ↑

2017.10.25

シンポジウム :「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami

親指と中指、「笑いのツボ」を押すのはどっちだ?

イギリスを代表するアーティストの一人デイヴィッド・シュリグリーの来日にあわせ、ゲストにアーティストの加賀美健を迎えたトークイベントを開催します。
シュリグリーと加賀美、どちらの表現にも共通するのはすぐれた「笑い」のセンスです。そして、独特の(ひねくれた?)立ち位置から世界を眺めることで生まれるその笑いには、いつもある種の「批評」が含まれています。
二人には、アメリカのインディーズロックバンド「Deerhoof」のジャケットデザインをともに手がけているという共通項もあります。また、Tシャツのデザインにおいても素晴らしい仕事をしています(シュリグリーはユニクロなど、加賀美は自身のブランド〈C〉や、人気ブランドYAECA、BEAMS、ユナイテッドアローズなど)。さらにブックデザインに対する二人の並々ならぬこだわりも見逃せません。
彼らの表現は、尖がっています。尖がったセンスというのは、しばしば多くの人たちには受け入れられにくいものです。しかし二人はともに、美術館やギャラリーといった美術界での注目と同時に、マス・カルチャーのなかで、そのクリティカルな視点を決して失うことなく、成功を収めている稀有な存在です。そこにはきっと、ジャンルやメディアを軽快に、飄々と横断していくためのテクニックがあるはずです。いったいアーティストとは、トレンドを作るのか? トレンドを読むのか? それともトレンドに乗るのか?
アート、ファッション、音楽、本…、縦横無尽に話題が展開されること必至の2時間です。東京でのトーク開催は1度だけ、どうぞお見逃しなく。

2017年10月 三輪健仁


プレスリリース>>


■シンポジウム :「デイヴィッド・シュリグリーとのトーク、加賀美健を迎えて」
日時: 2017年10月31日(火) 18:00-20:00 (開場17:30)
会場:東京藝術大学上野校地 中央棟第一講義室 (〒110-8714東京都台東区上野公園12-8)
登壇者:デイヴィッド・シュリグリー、加賀美健
聞き手:三輪健仁(東京国立近代美術館主任研究員)
※日本語通訳あり ※定員180名 (予約不要・無料・先着順)
主催:ユミコチバアソシエイツ http://www.ycassociates.co.jp/
協力:公益財団法人水戸市芸術振興財団、東京藝術大学美術学部附属写真センター、Stephen Friedman Gallery
企画協力: MISAKO & ROSEN


■登壇者プロフィール
デイヴィッド・シュリグリー
1968年にイングランド北部のマックルズフィールドに生まれ、スコットランドで唯一の公立美術大学であるグラスゴー・スクール・オブ・アートを卒業し、現在はロンドンを中心に活動しています。2012年にはロンドン、ヘイワードギャラリーにてキャリア半ばでの回顧展「Brain Activity」を果たし、この展覧会を受け2013年度には英国在住作家に贈られる名高いターナー賞にノミネートされるなど、ポストYBAs(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)世代の代表的なアーティストの一人です。シュリグリーは、インスタレーションから絵画、彫刻、写真、映画、書籍、音楽と、様々なスタイルで作品を展開していますが、とりわけ日常生活のありふれた光景を機知に富んだ切り口で描いたドローイングと、写真、アニメーションはよく知られており、それらの作品には、駄じゃれ、ダブル・ミーニング、皮肉、厭世観など英国らしいユーモアのセンスがふんだんに盛り込まれています。

加賀美健(かがみ けん)
1974年東京生まれ。
現在も東京を拠点に制作活動を行う。
主な展覧会に、2016年「さよならジュピター」356 ミッション、ロサンゼルス(グループ展)、2015年「comedie concrète」MISAKO & ROSEN、東京(グループ展)、「Green」(企画:パピーズ・パピー)ホワット・パイプライン、デトロイト(グループ展)、2014年「ブロンズ・ワークス 2013 – 2014」MISAKO & ROSEN、東京(個展)、2013年「19516 kilometers from Milwaukee or 12126 miles」MISAKO & ROSEN、東京(グループ展)、「THE FUTURE IS STUPID 加賀美健・スコット・リーダー」グリーン・ギャラリー、ミルウォーキー(グループ展)「アートがあれば 2」東京オペラシティーアートギャラリー、東京(グループ展)、2006年「HOLLOWIEN」クリンジンガープロジェクツ、ウィーン(個展)がある。
加賀美は、日常で起こる出来事をジョーク的発想に変えて美術作品として発表してきました。これまでに、毎日の生活の中で当然のようにありふれた素材を使い、加賀美が日常から見つけてきた時事的な話題を組み合わせた彫刻を制作しています。作品に使われているほとんどの素材は、アメリカのどの街にもあるスリフトストアや東京の街角に良くあるリサイクルショップで見つけたアイテムです。使われなくなった物を取り扱うスリフトストアやリサイクルショップは、消費のせつない部分の象徴でありながら、加賀美健の作品を通してみると楽観的でポジティブなアイデアへと変容していきます。また近作は、美術の歴史の中で多く用いられてきた作品の素材をわざと使い、ごみや作品とならないはずのモチーフを無理矢理ブロンズ作品にしたシリーズなど美術史に言及したシリーズを多く手がけています。
ラジオ風番組「Ken Kagami のオールナイトすっぽんぽん」配信中 MISAKO & ROSEN Entertainment http://www.misakoandrosen.jp/entertainment/allnight/index.html

■聞き手プロフィール
三輪 健仁(みわ けんじん)
東京国立近代美術館主任研究員、立教大学非常勤講師。主な企画(共同キュレーション含む) に「Re: play 1972/2015―『映像表現 ’72』展、再演」(2015年)、「14 の夕べ」(2012年)、「パウル・クレー展―おわらないアトリエ」(2011年)、「ヴィデオを待ちながら―映像、60年代から今日へ」(2009年)など(いずれも東京国立近代美術館)。 最近の執筆に「ノンサイト―デス・ヴァレー」『ロバート・スミッソンの作品一覧|「プラスティック展」(1965年)から「ノンサイト展」(1969年)まで』(東京国立近代美術館、2017年)、「『アンチ・イリュージョン:手続き/素材』展における『映像』と『彫刻』の交差」『ニューヨーク――錯乱する都市の夢と現実(西洋近代の都市と芸術7)』(竹林舎、2017年)など。

-

Which one triggers your laughter, a thumb or a middle finger?

Yumiko Chiba Associates is pleased to announce a public talk by David Shrigley, one of England’s representative artists on the occasion of his visit to Japan, Ken Kagami, a young Japanese artist will join the event as guest speaker.
The artistic expressions by Shrigley and Kagami commonly share a fine sense of humour. There is always a certain ‘criticism’ included in in their sense of humour which generates from their unique and cynical perspectives.
They have both worked for an American indie-rock band Deerhoof to do a cover design for their music and both have done great T-shirt desgins. (Shrigley has designed for UNIQLO and other brands. Kagami has designed for his own brand 〈C〉, as well as for such popular brands like YAECA, BEAMS, United Arrows, and others.) Furthermore, their efforts in book designing also should not be overlooked.
Their expressions are edgy and edgy expressions are often not accepted by a large number of people. However, they are rare in that they are gathering the attention of the art world institutions such as museums and commercial art galleries, while also achieving big success within mass culture without ever losing their critical perspectives. They must have their own tactics to so easily and jauntily cross over different genres and media. Do artists create trends? Or do they forecast trends? Or do they ride on them?
Art, fashion, music, books…The exciting two-hour talk is sure to cover a broad range of topics. Please do not miss this rare chance because this event is going to be held only once in Tokyo.

October 2017 Kenjin Miwa


Press Release(En)>>


■Talk Event by David Shrigley and Ken Kagami
Date: Tuesday, October 31, 2017, 18:00 – 20:00 (The door opens at 17:30.)
Venue: The Lecture Hall in the Central Building in the Ueno Campus of Tokyo University of the Arts (12-8 Ueno Park, Taito-ku, Tokyo 110-8714)
Speakers: David Shrigley and Ken Kagami
Moderator: Kenjin Miwa (Curator of The National Museum of Modern Art, Tokyo)
*Consecutive Interpretation available during the session.
Seating Capacity: 180 (Available on a first-come-first-served basis, Reservation not required.)
Organiser: Yumiko Chiba Associates http://www.ycassociates.co.jp/
Support: MITO ARTS FOUNDATION, Tokyo University of the Arts Photography Center, Stephen Friedman Gallery
Cooperation: MISAKO & ROSEN


■ Speakers’ Profile
David Shrigley
Born in Macclesfield in Northern England in 1968, David Shrigley graduated from the Glasgow School of Art, Scotland’s only public self-governing art school. He is currently based in London, and is actively engaged in various projects there.
In 2012, while still in his mid-career, David Shrigley had his retrospective show titled Brain Activity held at Hayward Gallery in London, which led him to be nominated for the renowned Turner Prize awarded to artists living in England in 2013. He is one of the representative artists in the generation of Post YBAs (Young British Artists). From installations to paintings, sculptures, photographs, films, books and music, Shrigley works in various media. He is especially known for witty drawings that capture ordinary scenes of daily life as well as for his photographic works and animations, which are full of puns, double meanings, irony and pessimism characteristic to English humour.

Ken Kagami
Born in Tokyo(1974.)Lives and works in Tokyo. Kagami creates artwork in which is the everyday is transformed into a joke; has been exhibiting sculptures which were produced using common materials found in everyday life, including up-to-date topics presented in mainstream media. Kagami typically scavenged nondescript thrift stores in the United States as well as so-called recycle shops in Tokyo.In such ordinary symbols of consumer culture, there exists a poignant ordinariness; however this is uplifted via a creative transformation of the ordinary into something more positive and optimistic. Kagami’ s recent works mine art history and its materials – starting with impoverished everyday items and humorously elevating them to the level of art via an alcehmical process of transforming them into bronze sculptures.

■ Moderator’s Profile
Kenjin Miwa
Curator in The National Museum of Modern Art, Tokyo (MOMAT). His recent curatorial projects include: “Re: play 1972/2015 | Restaging Expression in Film ’72” (2015, MOMAT), “14 Evenings” (2012, MOMAT), “PAUL KLEE: Art in the Making 1883-1940” (2011, MOMAT and The National Museum of Modern Art, Kyoto; co-curated with Yuko Ikeda and Wolfgang Kersten), “Waiting for Video: Works from the 1960s to Today” (2009, MOMAT; co-curated with Mika Kuraya). His recent essays include ‘Nonsite – Death Valley’ in Works of Robert Smithson exhibited: From “Plastics” (1965) to “Nonsites” (1969) (The National Museum of Modern Art, 2017).

TOP ↑

2017.10.19

鷹野隆大 Ryudai Takano
Group Exhibition vol.3 HAKKA

鷹野隆大がミツバコウサクショにて開催されるグループ展「HAKKA」に参加いたします。

■展覧会情報
「Group Exhibition vol.3 HAKKA」
2017年11月3日(金)- 11月7日(火) 12:00-20:00(最終日17:00まで)
会場:ミツバコウサクショ(〒162-0802 東京都新宿区改代町22-102)
レセプションパーティー :11月5日(日)15:00-18:00

詳しくは>>


Ryudai Takano in “Group Exhibition vol.3 HAKKA” at MITSUBA kousakusyo, Tokyo.

■Group Exhibition
“Group Exhibition vol.3 HAKKA”
November 3 (Fri) – November 7 (Tue), 2017
Venue: MITSUBA kousakusyo (22-102 Kaitaicho, Shinjuku, Tokyo 162-0802)
Reception party: November 5 (Sun) 15:00-18:00

More Information>>

TOP ↑

2017.10.13

山本尚志 Hisashi Yamamoto
個展「ドアと光と音とガラスと水 山本尚志」

山本尚志がgallery feel art zeroにて個展「ドアと光と音とガラスと水 山本尚志」を開催いたします。


©Hisashi Yamamoto, courtesy of YumikoChibaAssociates


■展覧会情報
「ドアと光と音とガラスと水 山本尚志」
会期:2017年10月7日(土)- 10月22日(日)
会場:gallery feel art zero(名古屋市東区葵2-3-4 三光ビル1F)
OPEN:12:00-20:00 /CLOSE:火曜日( 10/10 , 10/17 )

詳しくは>>


TOP ↑

2017.9.20

daikanyama photo fair 2017
Yumiko Chiba Associates (Booth No.G2)


(upper left) Naruki Oshima “Still life on a table: something round”, 2017 lambda print
©Naruki Oshima, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
(upper right) Nobuhiro Nakanishi “Layer Drawing – 16 x 16 / Egg”, 2006 laser print, wood frame ©Nobuhiro Nakanishi, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
(bottom) Atsunobu Kohira “Harmonie de quatre constellations”, 2014 C-print 40 x 50 cm (sheet) ©Atsunobu Kohira, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


ユミコチバアソシエイツは、9月29日(金)より開催されるアートフェア、「代官山フォトフェア2017」に参加致します。

 本展は、写真媒体を用いて、人が目で捉えることのできない現象や概念を、各々の手法で空間に可視化しようと試みる作家達をご紹介します。

 大島成己は、被写界深度と焦点距離を変化させて撮影した数百枚のカットを格子状に繋ぎ合わせ一枚の写真として再構成することで、奇妙な風景を作り上げます。それは、私たちに未知の視覚体験をもたらすとともに、視覚によって得るイメージ(=印象)というものがいかに曖昧であるかを知らしめ、人が目の前の対象を知覚する際の認識行動に揺さぶりをかけます。本展では、新作のシリーズ「卓上の静物」を発表します。静物同士の距離感が融解することでその関係性は問い直され、新たな空間が立ち現れることでしょう。

 中西信洋は、自身の彫刻的経験を基に、物質をポジとして、その後ろにある(もしくは取り囲んでいる)空間をネガとして認識することで、地と図の関係を、時に物質的なものと非物質、見えるものと見えないものといった二項対立するものに変え、両極から同在する世界を作品化してきました。本展に出展する“Layer Drawing”においては、燃え広がる紙や、卵が潰れて変化していく様子を連続撮影した写真を集積させ彫刻化することで、空間の中に時間が表出する様を視覚化します。

 身体の喪失感が増しアイデンティティの拠り所が問われる今日において、小平篤乃生は、生命としての身体を循環させるエネルギーについて近年関心を寄せています。特に、見ることも触れる事もできないけれど確かに存在している「音」は重要なモチーフの一つとなっており、本展では、カルテット(四重奏)が演奏しているあいだ長時間露光を行い、奏者に付けたLEDライトの光の軌跡を撮影した“Harmonic de quatre constellations”を出展します。暗闇の中で響き合う音によって空間が満たされていく様子が写真を通して可視化されます。


プレスリリース>>

■daikanyama photo fair 2017
出展作品:大島成己、中西信洋、小平篤乃生
会期:2017年9月29日(金)-10月1日(日)
日時:11:00 – 21:00(但し最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ
入場料:一般1,500円 / 学生1,000円
主催:一般社団法人日本芸術写真協会
詳細:http://fapa.jp/fair-2017/

-

■daikanyama photo fair 2017
Artist: Naruki Oshima, Nobuhiro Nakanishi, Atsunobu Kohira
September 29 (Fri) – October 1 (Sun), 2017
Open Hours: 11:00 – 21:00 (Closes at 17:00 on the last day)
Venue: HILLSIDE FORUM and HIISIDE PLAZA
Admission Fee: Adults ¥1,500 / Students ¥1,000
Organizer: Fine-Art Photography Association
http://fapa.jp/fair-2017/

Press Release(En)>>


Yumiko Chiba Associates will participate in daikanyama photo fair 2017 which starts on Friday, September 29, 2017.

Our exhibition will present artists who attempt to visualize in space phenomena and concepts that are not perceptible with human eyes by their own methods, using the medium of photography.

Naruki Oshima created singular landscapes by joining together in a grid-like fashion several-hundred shots he had taken with various depths of field and focal distances to recompose them as one photograph. They bring to us unknown visual experience and also let us realize how ambiguous a visual image (our impression) can be, so as to sway the way we recognize the objects before our eyes.
The show will introduce his new series of works titled Still life on a table. As the distances between the objects in these photographs are blurred as if melting, the relationship between them will consequently be reconsidered so that a new type of space is developed.

Based on his experience in sculpture, Nobuhiro Nakanishi recognized materials he employed as positive pictures and the space behind (or surrounding) it as negatives. Thus, he changed the relationship between figures and grounds to that of the two antithetical things such as material objects and immaterial ideas, or the visible and the invisible to make into art the world existing in two opposing concepts at the same time. In Layer Drawing exhibited in this show, the photographs taken of burning paper or the breaking of an egg and its changing states in continuous shooting have been accumulated to be formed as sculptures, thereby visualizing how time might expresses itself in space.

Being in the contemporary world where the loss of our bodily sensations are increasingly felt, and the base of our identities often questioned, Atsunobu Kohira has in recent years shown interest in energy that enables the circulation of body as life. Especially, the element of sound which certainly exists but invisible and untouchable in space has been an important motif in his work. Exhibited in this show is Harmonic de quatre constellations, which photographed in long exposure the track of the beams from LED lights attached to the players of quartet music during their performance. In this piece, the process of a space being filled with resonating sounds in darkness is visualized through photography.

TOP ↑

2017.9.15

中西信洋 Nobuhiro Nakanishi
”Resonance”


©Nobuhiro Nakanishi, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2017年9月30日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、中西信洋の個展「Resonance」を開催いたします。

中西信洋は大学で彫刻を学びましたが、卒業後は、木、石、土、金属などを素材として人体や物の像を立体的に表す、彫刻と呼ばれてきた行為から離れ、また彫刻にまつわる重量や重力、素材の物質性からも離れて、これまで制作を続けてきました。実在と不在、物質と非物質、可視と不可視といった両極を往来しながら、意識や思考、記憶や時間といった、視覚ではとらえることのできない感覚や概念をイメージによって空間の中に現出させる表現は、私たちを不思議な体験へと導きます。

弊廊で3回目となる今回の個展では、中西の概念と手法を最も表現した代表的なシリーズ「Layer Drawing」と 「Stripe Drawing」に改めて焦点をあて、その独自のアプローチを紹介します。
「Layer Drawing」は、ありふれた風景のなかで刻々と変化していく時間の経過を立体的な彫刻として眺めるものです。ギャラリーの空間いっぱいに展開される作品の周囲を歩くことで、見るものは自らの身体の意識を空間的・時間的な次元へと拡張させ、自身の視線と身体の動きを通じて、重なるフィルムの隙間にとどまることのない時間の流れを体験するでしょう。 また、同時に展示される鏡面に描きだされた「Stripe Drawing」は、描かれた線の向こう側に続きながら、空間に広がるLayer Drawingと見るもの自身を内包し、その薄い境界のこちら側と向こう側、あるいは虚と実が共鳴しつづける世界を、展示空間に作り出します。


プレスリリース>>


■中西信洋 個展「Resonance」
会期:2017年9月30日(土)- 10月28日(土)12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■オープニングレセプション
日時:2017年9月30日(土)18:00 – 20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 


■同時開催「Whiteout」
H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIにて、中西信洋の個展を開催いたします。
日時:2017月10月13日(金) – 10月31日(火)
営業時間:11:00 – 21:00 (Weekdays&Saturdays) / 11:00 – 20:00 (Sundays & Holidays)
会場:H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI(〒100-6301 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング1F H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内)
協力:hpgrp GALLERY TOKYO

-




TOP ↑