2017.9.1

小平 篤乃生 Atsunobu Kohira
Carbon Variation N°1

2017年9月1日(金)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、小平篤乃生個展「Carbon Variation N°1」を開催いたします。


©Atsunobu Kohira, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


石炭という素材をめぐって小平は数年来の逍遥を続けている。出会いは走査顕微鏡で見た景色だった。レンズの向こう、超クローズアップの石炭の地肌は美しきグレースケールの世界で、まるで未知の惑星のごとき壮大な眺めだったという。そこから始まった旅を「石炭の巡礼」と小平は名付けたが、あらかじめ定められた目的地はなく、決まった道筋もない。
数億年前を生きた巨大なシダ植物たちが地中深く埋もれ、地熱でじりじりと熱せられ、計り知れない圧力をかけられて錬成される過程を想えば、石炭という物質は彫刻的に生み出されると言えるかもしれない。温度を加え、ゆっくりとこねられ、冷えてできた彫刻。それは、人類が現れるより遥か昔、地球上に繁茂した生き物の証左であり、生成されるまでの永い永い年月を無言のうちに内包する塊/ヴォリュームである。
地域的な偏りが比較的少なく、埋蔵量の多い化石燃料である石炭は、人類にとって身近なエネルギー資源だ。それは燃やされて電気エネルギーとなり、暮らしの中に偏在している。今回、小平が展示室で想起させるのはそうしたエネルギーへと変換された石炭だが、エネルギーというよりもむしろ生命の源泉であるところの「精気」というべきかもしれない。地球が生み出した漆黒の彫刻、石炭に宿る精気。エネルギーはその精気の発現である。石炭を用いて特別に創られたインクが、ウォール・ドローイングのメディウムとなり空間を満たす。ドローイングの基点となる壁面の電源から採られたエネルギーは、部屋を薄暗く照らす明かり(その暗さは洞窟を思わせるという)となり、スピーカーを通って間欠的なノイズを響かせる。こうした小平の手つきには、石炭の精気の「可視化」ではなく、「空間化」または「ヴォリューム化」という言葉がふさわしい。かねてより音は小平にとって重要なモチーフのひとつであるが、この非物質的な存在に対しても、彼はそれが空間を満たすという点において量塊/ヴォリュームをもつと考える。音量を大きくすることをヴォリュームを上げると言うが、小平の実際に空間を占める音の体積が増えるような、あたかも彫刻的イメージを持っている(もちろん実際にはそれが振動現象であることは了解の上で)。空間全体を満たすドローイングが音を伴って光のなかに立体的に立ち現れるとき、黒いダイヤとも言われる石炭の精気が、それが生み出された長い年月を超えてヴォリューム化される。
興味の赴くまま、偶然の出会いに導かれて「石炭の巡礼」は続く。本展はその旅の一章であり、ボキャブラリーにこだわるなら「一巻(a volume)」であるとも言えるのだろう。

橋本 梓(国立国際美術館 主任研究員)


プレスリリース>>

■小平 篤乃生 個展「Carbon Variation N°1」
会期:2017年9月1日(金)- 9月26日(火)12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■オープニングレセプション
日時:2017年9月2日(土)18:30-20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■トークイベント
小平 篤乃生 × 橋本 梓(国立国際美術館 主任研究員)
日時:2017年9月2日(土)17:00-18:30
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
*事前申込制、参加費:無料

【お申し込み方法】
件名「トークイベント参加」、本文に、参加人数、お名前、電話番号をご明記のうえ、event@ycassociates.co.jpまでメールでお申し込みください。
*定員(20名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーからの返信メールが届かない場合は、営業時間内にお問合せください。

■関連情報
ベテューヌ(フランス)で開催されるグループ展に参加致します。
“Intériorités”
会期:2017年9月9日(土)- 2018年2月18日(日)
会場:LABANQUE BÉTHUNE(44 Place Georges Clèmenceau, 62400 Béthune)
キュレーション:Léa Bismuth
https://www.facebook.com/labanquebethune/

-

■Atsunobu Kohira solo exhibition
“Carbon Variation N°1”
September 1 (Fri) – 26 (Tues), 2017
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Opening Hours: 12:00-19:00
*Closed on Sundays, Mondays, National Holidays

■Opening Reception
September 2 (Sat) 18:30 – 20:00
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■ Talk Event
September 2 (Sat), 2017, 17:00 -18:30
Venue: Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
Speakers: Atsunobu Kohira and Azusa Hashimoto, Senior Researcher, the National Museum of Art, Osaka
*Admission free. Booking required. Seating capacity: 20
*For booking, send an email with your name, address, and telephone number to event@ycassociates.co.jp
*If you do not receive a reply from the gallery, please contact us during gallery’s opening hours.

■Related Exhibition
Atsunobu Kohira’s work will be included in Intériorités in Béthune, France.
“Intériorités”
September 9 (Sat), 2017 – February 18 (Sun), 2018
Venue: LABANQUE BÉTHUNE(44 Place Georges Clèmenceau, 62400 Béthune)
Curated by Léa Bismuth
https://www.facebook.com/labanquebethune/

Press Release(En)>>


Kohira has been on the path of cultivating his thoughts on and working with the material of coal for years. His encounter with it was in a landscape that he saw using a scanning microscopy. Through the lens, the texture of the coal in super close-up presented a beautiful gray-scale world, which was a magnificent view resembling that of an unknown planet. Kohira named his journey which started then as ‘pilgrimage of coal’; it had no fixed destinations or predetermined routes.
When we think of its creation process that required the huge pteridophytes from a several hundred million years ago to be buried underground to be heated by terrestrial heat and given a massive pressure, coal might be said to have been produced sculpturally. The sculpture made with added temperature, slow kneading, and subsequent cooling down. It is the evidence for the existence of life that exuberated on earth far before the birth of human beings and mass/volume that silently encapsulates the long period of time which passed before its generation.
Having relatively small regional differences in the amount of the reserves, and being abundant globally, coal is a familiar energy source for humans. Its combustion generates electricity that is ubiquitous in our daily life. Kohira’s work in this exhibition evokes such kind of energy converted from coal, although it might be better to call it ‘spirit,’ the source of life, instead of ‘energy.’ It is the spirit which exists in jet black sculptures that earth has created. The energy is the expression of such spirit. The ink specially made from coal is used for the wall drawing that fills the space. The energy taken from the electrical outlet on the wall where the drawing starts generates the light that dimly illuminates the room. (The room’s darkness has been related to a cave interior.) The energy is then used to create intermittent noises coming out of a speaker. Instead of the word ‘visualization,’ spatialization’ or ‘voluminization’ better suit to describe such procedures by the artist. Sound has been one of the important motifs in Kohira’s art, but he considers this nonmaterial existence to also have mass/volume on the grounds that it fills a space. We say “to increase volume” when we mean to make a sound louder. Kohira’s work has a sculptural quality in that it actually gives an impression of the expansion of the size of a sound, although he is aware of the fact that sound is in reality an oscillatory phenomenon. When a drawing that fills a space is presented three-dimensionally under the light, the spirit of the material of coal, whose another name is black diamond, becomes a volume surpassing the massive amount of time that the coal took to be formulated.
Navigated by his interest and led by accidental encounters, Kohira’s ‘pilgrimage of coal’ continues. This exhibition is a chapter in its journey, and if I should be particular about my wording, I may as well call it ‘a volume’ in it.

Azusa Hashimoto (Curator at The National Museum of Art, Osaka)


TOP ↑

2017.9.20

daikanyama photo fair 2017
Yumiko Chiba Associates (Booth No.G2)


(upper left) Naruki Oshima “Still life on a table: something round”, 2017 lambda print
©Naruki Oshima, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
(upper right) Nobuhiro Nakanishi “Layer Drawing – 16 x 16 / Egg”, 2006 laser print, wood frame ©Nobuhiro Nakanishi, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
(bottom) Atsunobu Kohira “Harmonie de quatre constellations”, 2014 C-print 40 x 50 cm (sheet) ©Atsunobu Kohira, Courtesy of Yumiko Chiba Associates


ユミコチバアソシエイツは、9月29日(金)より開催されるアートフェア、「代官山フォトフェア2017」に参加致します。

 本展は、写真媒体を用いて、人が目で捉えることのできない現象や概念を、各々の手法で空間に可視化しようと試みる作家達をご紹介します。

 大島成己は、被写界深度と焦点距離を変化させて撮影した数百枚のカットを格子状に繋ぎ合わせ一枚の写真として再構成することで、奇妙な風景を作り上げます。それは、私たちに未知の視覚体験をもたらすとともに、視覚によって得るイメージ(=印象)というものがいかに曖昧であるかを知らしめ、人が目の前の対象を知覚する際の認識行動に揺さぶりをかけます。本展では、新作のシリーズ「卓上の静物」を発表します。静物同士の距離感が融解することでその関係性は問い直され、新たな空間が立ち現れることでしょう。

 中西信洋は、自身の彫刻的経験を基に、物質をポジとして、その後ろにある(もしくは取り囲んでいる)空間をネガとして認識することで、地と図の関係を、時に物質的なものと非物質、見えるものと見えないものといった二項対立するものに変え、両極から同在する世界を作品化してきました。本展に出展する“Layer Drawing”においては、燃え広がる紙や、卵が潰れて変化していく様子を連続撮影した写真を集積させ彫刻化することで、空間の中に時間が表出する様を視覚化します。

 身体の喪失感が増しアイデンティティの拠り所が問われる今日において、小平篤乃生は、生命としての身体を循環させるエネルギーについて近年関心を寄せています。特に、見ることも触れる事もできないけれど確かに存在している「音」は重要なモチーフの一つとなっており、本展では、カルテット(四重奏)が演奏しているあいだ長時間露光を行い、奏者に付けたLEDライトの光の軌跡を撮影した“Harmonic de quatre constellations”を出展します。暗闇の中で響き合う音によって空間が満たされていく様子が写真を通して可視化されます。


プレスリリース>>

■daikanyama photo fair 2017
会期:2017年9月29日(金)-10月1日(日)
日時:11:00 – 21:00(但し最終日は17:00まで)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム、ヒルサイドプラザ
入場料:一般1,500円 / 学生1,000円
主催:一般社団法人日本芸術写真協会
詳細:http://fapa.jp/fair-2017/

TOP ↑

2017.9.15

中西信洋 Nobuhiro Nakanishi
”Resonance”


©Nobuhiro Nakanishi, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

2017年9月30日(土)より、Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、中西信洋の個展「Resonance」を開催いたします。

中西信洋は大学で彫刻を学びましたが、卒業後は、木、石、土、金属などを素材として人体や物の像を立体的に表す、彫刻と呼ばれてきた行為から離れ、また彫刻にまつわる重量や重力、素材の物質性からも離れて、これまで制作を続けてきました。実在と不在、物質と非物質、可視と不可視といった両極を往来しながら、意識や思考、記憶や時間といった、視覚ではとらえることのできない感覚や概念をイメージによって空間の中に現出させる表現は、私たちを不思議な体験へと導きます。

弊廊で3回目となる今回の個展では、中西の概念と手法を最も表現した代表的なシリーズ「Layer Drawing」と 「Stripe Drawing」に改めて焦点をあて、その独自のアプローチを紹介します。
「Layer Drawing」は、ありふれた風景のなかで刻々と変化していく時間の経過を立体的な彫刻として眺めるものです。ギャラリーの空間いっぱいに展開される作品の周囲を歩くことで、見るものは自らの身体の意識を空間的・時間的な次元へと拡張させ、自身の視線と身体の動きを通じて、重なるフィルムの隙間にとどまることのない時間の流れを体験するでしょう。 また、同時に展示される鏡面に描きだされた「Stripe Drawing」は、描かれた線の向こう側に続きながら、空間に広がるLayer Drawingと見るもの自身を内包し、その薄い境界のこちら側と向こう側、あるいは虚と実が共鳴しつづける世界を、展示空間に作り出します。


プレスリリース>>


■中西信洋 個展「Resonance」
会期:2017年9月30日(土)- 10月28日(土)12:00 – 19:00(休:日、月、祝日)
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku

■オープニングレセプション
日時:2017年9月30日(土)18:00 – 20:00
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku 


■同時開催「Whiteout」
H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIにて、中西信洋の個展を開催いたします。
日時:2017月10月13日(金) – 10月31日(火)
営業時間:11:00 – 21:00 (Weekdays&Saturdays) / 11:00 – 20:00 (Sundays & Holidays)
会場:H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI(〒100-6301 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング1F H.P.FRANCE BIJOUX 丸の内)
協力:hpgrp GALLERY TOKYO

-




TOP ↑

2017.9.13

鷹野隆大 トークイベント「来るべき時代の表現」

鷹野隆大がトークイベントに参加いたします。

■イベント情報
「来るべき時代の表現」
2017年9月23日(土)Open 17:30 / Start 18:00
場所:VACANT 2F(東京)
参加費:1,000円 + 1Drink
要予約:http://peatix.com/event/296716

登壇者:
川上恵莉子(アートディレクター)
菊地敦己(グラフィックデザイナー)
鷹野隆大(写真家)
都築潤(イラストレーター)
町口覚(アートディレクター、パブリッシャー)

主催:VACANT
協力:Guardian Garden

詳しくは>>

TOP ↑

2017.8.12

夏期休廊のお知らせ

Yumiko Chiba Associates viewing room shinjukuは2017年8月13日(日)から8月21日(月)まで夏期休廊とさせていただきます。

9月1日(金)からは小平篤乃生「Carbon Variation N°1」を開催いたします。
詳しくは>>



Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku will be closed for the summer holidays from August 13 through August 21, 2017.

From September 1, a solo exhibition, Carbon Variation N°1 by Atsunobu Kohira will be featured.
More information>>

TOP ↑

2017.8.12

東恩納裕一 Yuichi Higashionna
blank – prints and drawings -

東恩納裕一が日本橋髙島屋の美術画廊Xにて個展「blank – prints and drawings -」を開催いたします。


©Yuichi Higashionna, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

■展覧会情報
「blank – prints and drawings -」
会期:2017 年8月16日(水)- 9月4日(月)
会場:日本橋髙島屋 6階美術画廊X(東京)

詳しくは>>

TOP ↑

2017.8.12

山本尚志 Hisashi Yamamoto
個展「バッジとタオルと段ボール」

山本尚志がBギャラリーにて個展「バッジとタオルと段ボール」を開催いたします。



■展覧会情報
「バッジとタオルと段ボール」
会期:2017 年8月18日(金)- 9月3日(日)
会場:Bギャラリー、ビームスジャパン5F(東京)
協力:Yumiko Chiba Associates、DAIWA PRESS、Qusamura

■レセプションパーティ&パフォーマンス
2017年8月18日(金)18:00-20:00

■アーティストトーク
2017年8月19日(土)17:00-18:30
会場:Bギャラリー、ビームスジャパン5F(東京)
ゲスト:谷尻誠(建築家)
予約定員制:先着30名様※ご予約はBギャラリーまで(Tel:03-5368-7309)


詳しくは>>

TOP ↑